同じ“乳がん”というだけで、
なんだか仲間意識のような感情が生まれてくる


これまで話をしたことがない人でも、

遠い遠いところに住んでいる人でも、

全く会ったことのない他人でも...


そんな誰かに、

力を貸してあげたくなったり、

また逆に、力をもらったり...


「どんな治療をしているのだろう」

とか、

「副作用はどうなんだろう」

とか、

勝手に心配をしてみたり...



その人のことをもっと詳知りたくなったり、


自分の経験を知らせてあげたくなったり、


語り合ってみたくなったり...



同じ病気であるということは、

こんなにも“仲間”を感じるものなのだ



決して独りじゃない

仲間がたくさんいる

みんな一緒に闘っているんだ――




   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング     にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から