毎年、1月の末から2月にかけて受けている、
1年に1度の大掛かりな検査

CTや骨シンチ検査がいつも予約がいっぱいで
3週間またされることもある


なので、本来なら、
昨年末か今年に入ってすぐに
外科外来に予約を入れなければならないのだが、

考えた末、やはり今年は、
CTと骨シンチは受けない方向で...


...ということで、
検査はマンモグラフィとエコーのみ

  あ...、採血はするのだろうか...

おそらく、
CTや骨シンチほど混んではいないと踏んで、
今日、ようやく予約へ...


  面倒だな、病院...

  嫌だな、検査...


...とは言ってはいられないのだが、
やっぱり面倒である

お金もかかるし、
時間も取られる

検査は痛いし、恥ずかしい...


何より冬は、
吹雪にならないか心配なのだ


骨シンチは撮影のために、
特殊な薬剤を静脈に注射する

薬の使用には期限があり、
その時間に検査を受ける患者用に作る

なので、ドタキャンすれば、
薬代は無駄になり、実費

約3~4万円を支払わなければならない

...ということで、
冬の検査は天候がとても気になるのだ

  その点、今回は、ちょっとだけ気が楽...



検査...か...


なんだか、どっぷりと患者気分だ

何年経っても、
やっぱり検査は憂鬱なものである


そして、検査のたび、
“私はがん”という言葉が去来するのだ――


  “がん”からは、
  一生逃れられないんだなぁ...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から