がんサロンで多く話題に上るのが、

  ○検査のこと
  ○再発の不安
  ○家族のこと
  ○仕事のこと


たまに、

  ○がんになった芸能人のこと
  ○テレビや新聞で見た最新治療のこと
  ○医師や看護師さんのこと


...などだろうか



そんな中でも、
誰もが口を揃えるのが、“早期発見”


「やっぱり、早くに見つけないとね~」

「きちんと検査はしないとね~」


がんを経験している人たちだけに、

『早期発見がいかに大切か』

を、痛いほどわかっているのだ

  私自身も、
  見落とし、
  そして放置という経緯を踏んでいるだけに、
  早期発見の大切さは身を以て感じている



が、婦人科や、胃や、腸や...

それぞれに時間をかけて、
検査費用をかけて、
つらい検査をなければならないのが現状


「“血液でがん発見”はどうしたんだろう」

「“尿でがん発見”は、
 いつになったら実用化されるの?」

「“唾液でがん発見”は...?」


と、

遅々として進んでいないように感じてしまう、
簡易ながん検診に、
疑問を持ったり、
希望を抱いたり...


「もっと簡単にがんが見つかれば、
 もっと検診率も上がるし、
 もっとがんで亡くなる人も、減るのにね」――



  “がんの完治”には医療の進歩も欠かせない

  が、
  何より、私たち、ひとりひとりの意識が必要だ

  そのためには、
  やはりがん検診が重要なのだろう



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から