数年前から、
医療保険の勧誘の電話が来る

「今ならお得です」と謳った、
“簡単な審査で通る”という、
申込書も送られてくることがある

  その“簡単な審査”でさえ、
  私(がん経験者)は通過できないが...


出所は、あるクレジット会社


郵送は無視していればいい

が、電話の場合はそうもいかない


携帯にかかってくる見知らぬ電話は、
当然出ることはないが、
家に設置している電話は、
つい出てしまうもの

それがたとえ、
見慣れぬ番号であっても...


何度か受けた、医療保険勧誘の電話

いつもは、

「いえ、けっこうです」

「今のところ、考えていないので...」

などと断るのだが、
相手も仕事

食い下がってくる


ある時、面倒になり、言ってみた

「私、“がん”なので...」


相手も様々な商品を持ち出し、
あの手この手で来ると思った


が、

「失礼しました。
 お身体を大切になさってください」

と、あっさり退散


病気を盾にしたくはないが、

『これ、使えるかも...』

と、感じた瞬間だ


...と、同時に、

「やっぱりがんを経験してしまうと、
 保険は無理なんだな...」

と、改めて思い知らされた瞬間でもある



これだけ増えているがん患者

きっと、
「私、がんをやっているので...」

という人は多いのだろう

そのときのマニュアルも
用意されているようだ


そしてそれ以降、
あの保険勧誘の電話は
ぱたりと来なくなった

きっとリストには、
横線で名前を消されているか、
“がん”と記されているのだろうな...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
   
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から