「再発だったら...
 もしかしたら、おっぱい全摘かもなぁ...」

しこりと
その周辺だけを切除するものと思っていたが、
“全摘”という可能性があることに、
今さらながら気づく


12年前、がんがわかったとき、
「全摘」と言われた左乳房

手術直前になってなんとか残せはしたが、
このしこりが再発であったとしたら、
本当におっぱいとはお別れかもしれない


術後の治療は、
化学療法になるのだろうか

それともホルモン療法か...


しこりが3つあったこと

そこから、
2つのがん細胞がみつかったこと

そのうちの1つが、
化学療法も放射線治療も効かない稀ながん細胞、
“明細胞がん(クリアセル)”だったことも
今の主治医に確認しなければ...


大きな病院は、担当医が短いスパンで代わる

私の場合は、今の主治医は2人目

が、おそらく、私のがんの詳細までは
把握してはいないだろう

これだけ多い患者を抱えていれば、
それも仕方のないことだ

医師は、過去のカルテを
どれくらい見ているのだろうか...



...と、
久し振りに余計なことで頭がフル回転だ


まぁ、
“人生最大の取り越し苦労”となるだろう


あとで笑い話にでもしよう――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
   
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から