「病気になって、ごめんね」
「がんになって、ごめんね」――

やはり、そう思う人は多いのだろうか



私が乳がん告知を受けたとき、
2週間ほど前に、
すでに母の甲状腺がんがわかっていた

母も自分のことでつらい中、
私のがんを伝えるべきか葛藤でもあった

が、同居している以上、
隠し通すことはできないだろう

「話すのなら、
 少しでも早い方がいい」

と、私は告知を受けたその日のうちに
両親に自分の乳がんを告白する決心をした



明るく、

「がんだってさ。
 4年8か月前にしこりをみつけているのに、
 今さらだよね~」

と、強がってはみたものの、
やはり、こみ上げる涙には勝てない

堰を切ったように、
私はその場に泣き崩れた


母もまた泣きながら、

「大丈夫だ...大丈夫だ...」

と、
“根拠のない大丈夫”を繰り返しながら、
肩を震わせている私を
そっと抱きしめてくれた

「親不孝な娘でごめんね」

そんな言葉が喉まで出かかったが、
その声は嗚咽にかき消された



“親に心配をかけたくない”

そう思うのは、子どもとしては当然だろう


世間では、

「親より子どもが先に逝くことほど、
 親不孝なことはない」

とも言われている


それまで両親にはたくさんの迷惑をかけてきた

そして最後には、
“乳がん”という不幸の贈り物か...

孫まで抱かせられなくなるとは、
本当に私はどこまで親不孝な人間なのだろう...



「お前の命さえあれば、それでいいよ」


そんな思いが、
母の心に少しでもあったのなら、
少しは救われるのだが――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
   
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から