あんまり愚痴とか好きじゃない。

「自分は頑張ってる」とか、
「大変」とか、
「つらい」とかも。


でも、外では元気なフリして、
家では誰にも言えない不安を抱えている。

それはきっと、誰もが同じ。


きっと、“がん”って、そういう病気。



痛くも痒くもなくて、
「乳がんです」って言われて、

こんなに元気なのに、
おっぱい切られて、

傷が痛くて、
リンパ節郭清したせいで腕が動かなくて、
腕が上がらなくて、
重いものが持てなくて、
自由が利かなくて。


治療がはじまれば副作用に苦しみ、
 (本当は、「苦しい」とか言うのも好きじゃない)
5年の治療の間、
ずーっと体調が悪いままで。

治療が終われば体調は戻るだろうと、
それだけを支えにしてきたのに、
治療が終わってもずっと体調が悪いままだった。



ひとは、目標があるから生きられる。
目的があるから、頑張れる。

それが治療を続けていく励みだったのに、
その先に、もう、なんにもなくなった。


「このまま、一生、
 体調が悪いまま生きていくのか...」


そう思うと、生きていくのが嫌になることがある。


もっと、シャキッと、
この悪い体調が消えてくれないか...と思う。

13年前の、
治療をはじめる前の身体に戻れる薬はないのか...と思う。



この13年間、体調のいいときは、
果たして何十時間あったのだろう......。



...と、たまに愚痴を吐いてもいいだろうか。



...が、
やっぱりいいもんじゃないね、“愚痴”というものは...。


自分も、相手も、
あまりいい気持ちはしないのかもしれない。



さ、早く寝よう...っと...。



あしたはもっと、いい日にするぞ。



  こういう泣き言は、あとで削除したくなるものだ


  が、今回は、

  「こんなときもある」

  ということで、とっておくことにしよう



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
    両方押していただけると嬉しいです
       ↓         ↓
   にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  人気ブログランキング   にほんブログ村


 ★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

 ★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から