りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

活 動

“がんになること”は、そんなに悪いことなのか―― ~後 記~

『大人のためのがんの授業』

『企業のためのがんの授業』

を、推し進めてほしい理由は、

“がんという病気が
 正しく理解されていない”から

その中に、
“偏見”や“排除”という蔑視的な背景が
未だ見え隠れしている現実があることだ



昨日の記事、

  『“がんになること”は、
   そんなに悪いことなのか――
      ~第113回 がんサロン~』


「がんになった」

それだけで、解雇をされるのも現実

まさに、“不当解雇”

なぜ、“がん”になると
仕事を奪われなければならないのか...



ほかにも、

“面接時に、
 がんであることを告げるべきか”

という問題もある


  ○特に言う必要はない

  ○話したところで、
   不採用になりそうな気がする

  ○話さなければ、
   隠し事をしている後ろめたさがある

  ○隠したまま就職したとしても、
   がんであることが誰かの口から
   会社に告げられる不安がある

  ○この街のように狭い地域では、
   どこから話が伝わるかわからない

  ○このよ街のような狭い地域では、
   病院に入るところを
   誰に見られるとも限らない

  ○他人から会社に噂が伝わるのなら、
   最初に自ら話した方がいいのではないか

  ○隠し事をしたくないので面接時に
   がんであることを話したら、
   診断書の提出を求められた

  ○内定をもらったが、
   入社時の健康診断で引っかかり、
   結局、就職できなかった


これらが、
がんを経験した人たちの思いであり、
実体験である


そのほかには、

  ○職場で無視をされる

という話もある
 (これは、私の実体験である)



日本人の半分ががんになる時代

今や、特別な病気ではなくなっている

現に、
“生活習慣病”に位置付けられている“がん”


がん患者を蔑視している人たちは、
自分ががんになったとき、
はじめてその現状に気がつくのだろうか

それとも、それさえも
気づかづにいるのだろうか


遅れている日本のがん事情

“隠し通す”という美学が、
ここにもあるのだろうか――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


“がんになること”は、そんなに悪いことなのか―― ~第113回 がんサロン~

早いもので、
がんサロンが開設されて9年半

最近は若い方の参加者も増え、
新たな問題が浮き彫りになっている

その中でも最大の課題は、
やはり、“就労問題”のようだ



  ○がんになったことで解雇される
    (退職を促される)

  ○がんになったことで、
    自ら退職をせざるを得なくなった

  ○がんになったことで、
    仕事に就けない


など、以前から大きな問題だった

この数年、
働き盛りのがん罹患者が増えたことで、
国や都道府県では
様々な取り組みがなされている

が、実際は、上辺だけ

...のような気がしてならない

企業側も、
がん患者を積極的に
受け入れる状況にはないのが現状だ

いや、言い方を変えれば、
“排除”という方が正しいかもしれない


「なぜなのだろう...」

と、いつもみんなで話をする


  ○再発の恐れがあるから

  ○突然、
   休む日があるかもしれないから


...という意見が出る


  「小さい子どもを持っている人だって、
   突然会社を休むこと、あるよね」

  「ほかの病気で休みを取れたり、
   産休があるのに、
   なぜ、“がん”では解雇されるのか」

  「治療や検査日の休日に
   有給休暇を当ててもいい」

  「今は、働きながら、
   がん治療ができる時代なのに」

  「働かなければ、治療ができない」

  「働かなければ、生活ができない、
   生きていけない」


そして私たちは、いつも口を揃える

「きっと、自分の身に降りかからないと、
 わからないんだよね」

「自分ががんになったとき、
 はじめてこの状況がわかるんなじゃいかな」

と...



『子どものがんの授業』が
各地で広がりを見せつつある

それより先に進めなければならないのは、

『大人のためのがんの授業』

とりわけ、

『企業のためのがんの授業』

なのではないか...


と、思ってやまないのだ――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


取材と――

青空が広がった朝

爽やかな風だ




昨日のがんサロン


これまで長い間、ボランティアとして、
リフレクソロジーや
ヒーリング気功で癒していただいたが、
前回が最後

ちょっと淋しいが、
みんなお喋りに集中できたように思う


そして今回は、
新聞社の方が取材に来ていた

こうして数年に一度、
サロンが取り上げられている


がんがどのような病気なのか...

治療や副作用...

がん患者の思い...

就労問題...

そしてこのような場があることが、
もっともっと周知されていくことが
必要だと感じている




そんなことを思う朝は――


2018/07/19 朝


昨日のお喋りで、心もすっきり


コーヒーが美味しい朝となった



  サロンに通って9年半

  「もう行かなくてもいいかな...」

  と、何度も思ってきた


  が、やっぱりみんなの顔を見たい

  みんなの元気な顔を確認したい


  自分が先にがんを経験した人間として、
  何かできることはないか...

  そんな思いに駆られるのだ――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


母の命日。がんサロン。

母が亡くなって、丸3年

“まだ3年”なのか、
“もう3年”なのか...



「今、病院から電話が来て、
 お母さん、息を引き取ったって...」

と、父から電話がかかってきたのは、
夜中の0時53分

サイレントにした携帯を握りしめたまま、
一瞬落ちた時だった


『ヤバい。眠ってしまった...』

と、携帯に目を遣ると、
今、まさに着信中

そのまま眠っていたら、
携帯の着信に気づかずにいた


あのときの、父の声も、
落ち着こうと懸命にしながらも、
どこか狼狽えていた自分も、

全部、そのまま蘇ってくる



タクシーを呼び、
緩和ケア病棟の母の病室の扉を開けると、
すでに父は来ていた

父はうなだれたようにソファに座り、
私に目を遣ると母を指さした

まるで眠っているかのような母の顔...

が、生きているその寝顔とは
どこか違っていた

点滴のチューブも
酸素マスクも外されていた母

『本当に死んだんだ...』

そう自覚した


しばらくして主治医が病室にやって来た

『こんな時間に呼び出されて、
 医者も大変だな...』

と、申し訳ない気持ちになる


「死亡の確認をさせていただきます」

そう言うと、医師は、
動かない母の病衣の胸のひもを優しくほどき、
呼吸をしていない母の胸に聴診器をあてる

再び優しく病衣のひもを結び直し、
瞼を開いてゆっくりと瞳孔を確認

そして、自然には閉じない瞼に手を当てると
その手でそっと瞼を下ろし、母の顔を見つめた

医師は姿勢を正し、腕時計に目を遣る

「午前1時45分、
 死亡を確認させていただきました」――



母の身体はまだ温かかった

母の身体を拭きながら、

『本当に死んだのだろうか』
『いや、本当に死んだんだ...』

という言葉が、
頭の中で何度も何度も繰り返された


母は、もしかしたら、“18日”ではなく、
“17日”に
息を引き取っていたような気がする

“17日”は、
石原裕次郎氏の命日でもある

母は若い頃から
石原裕次郎氏のファンだった

同じ日に亡くなったことにしてあげたい気もする


いや、

『1日長く生きてくれた...』

そう思うことにしよう――




そして、今日はがんサロン

外は爽やかな秋風...のような気候だ



2018/07/18 がんサロン ①

緑も濃くならないまま...



2018/07/18 がんサロン ②

噴水も、どこか寒々しい



    2018/07/18 がんサロン ③


帰り道

黄金の夕焼けに、
なんだかありがたさを感じ...



  今日は母のために、
  みんなが実家に集まってくれているらしい

  感謝だ――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


第111回 がんサロンは――

今日もどんより曇り空

「この空じゃ、
 今晩の上弦の月は観られそうにないな...」



重く低い空を見上げながら先を急ぐ

向かったのは、がんサロン会場


サロンの会場となっている病院の前に来ると
夏を思わせる噴水が
一定のリズムを刻んで水しぶきを上げている


2018/06/20 がんサロン ①


「そういえば、去年、
 夜のライトアップされた噴水を見に来たっけ...」


“噴水”って、なんだか癒される

いつまでも佇んでいられる

海に似た力を持っているのだろうか


「また今年も、ライトアップするのかな...」



毎月ここに来るたび、
サロンの意義を考えさせられる

がんがもっと簡単な病なら、
誰もこれほどまでに
つらい思いをしなくて済む

このサロンの必要性もない


「やっぱり“がん”って、
 そういう病気なんだなぁ...」




そして今回も、ヒーリング気功を受け...

2018/06/20 がんサロン ③

サロンにボランティアに来ていただいて、
1年2ヶ月ほど

参加者のみなさんを癒していただいたが、
今回が最後となってしまった...


6年以上ボランティアに来ていただいた、
リフレクソロジー、

そして今回のヒーリング気功の先生

施術もそうだが、
会話にも癒されたのだが...

来月からそれがなくなると思うと、淋しい




2018/06/20 がんサロン ②


先生から差し入れの、
“ハートのチョコレート”

最後まで、温かな気持ちが嬉しい



そんな今日も、
“がん”という共感に満たされながら――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


りかこプロフィール

★2009年5月より、院内開催『がんサロン』にてエッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、ピンクリボン活動など啓発活動

『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所・電話番号・注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※いただいた個人情報は、書籍発送以外に使用することはありません。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(左乳房しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)、
  非浸潤性乳管がん
 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・扇状部分切除
  (4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤投与
  4週間に1度、2年間(23回)
 ・抗エストロゲン剤
  (クエン酸タモキシフェン)
  5年服用
ブログ記事検索
たくさんの仲間のブログが見られます ↓
Pinky Ring 黒
コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


★ランダムでコメント欄を解放しています。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
     © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。