りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

がんと就労

“がん患者が働く“ということ

  “がん患者が働く”ということ

  それは、治療費のため

  それは、やりたいことを続けてゆくため

  それは、生きてゆくため――



“がんを隠して働く後ろめたさ”って、
なんだろう

なぜ、隠さなければならないのか――

それが今の日本の現状


が、こんな狭い地域では、
いつ、どんな形で知られてしまうかわからない

病院に通うことさえ、
周囲の目を気にしなければならない

「バレたら、クビになるかもしれない」

と...



乳がんになって、
事務職に就いて来なかったことに、
少しだけ後悔した

  そもそも車の免許が取れないため、
  事務職に就くの不可能だったのだが...


それは、これまで私は、
身体を使う仕事に就いてきたからだ

乳がんの手術をすると、
以前のようには動けなくなる

“普通のひと”が簡単に持てるものでも、
私にはそうはいかない

健康な人との差を感じた

自分ができないことへの苛立ちを感じた


病気のことを職場に伝えていないということは、

「できない」

じゃ済まされない

なんとか熟さなければならない

それも、周囲の人たちと同じペースで...

そしてその無理は、すぐに身体に現れた


乳がんであることを職場に伝えれば伝えたで、
今度はお互いが気を遣うようになる

重い物を持つときも、
気を遣われるようになる

そうなると、ほかの人の負担が増える

そしてその思いが、私の心の負担となる


何より現実を突き付けられたのは、
職場での、

“無視”


「なんでこんな病気の人と
 一緒に働かなければならないの?」

「なんで、
 まともに仕事もできないような人を雇ったの?」


そう言わんばかりの表情と態度だった



...これが現実なのだ


私はもう、社会に飛び込む勇気はない――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


がん患者の現実 ~がん患者の就労~

  「がん患者だって働きたい」

  「がん患者は働けないの?」

  「治療費のためにも
   働かなければならない」――


そんな声が大きく聞こえてくる『がん患者の就労問題』


奇しくも先日、

  『健康診断で不採用』

という記事を書いたばかりであるが、
やはり多い、この問題


現実は、がんはまだまだ解雇の対象であり、
自主退職も余儀なくされる

がんであることを隠したまま面接を受け、
健康診断でバレはしないかと不安になる

ポートを入れている人たちからは、

「就業前の健康診断のレントゲンで、
 ポートが映って結局知られてしまった」

との話もある


「がんです」と言わない後ろめたさ

「がんです」と言うことによって
待ち受ける偏見

隠し通しながら働くことで感じる、
肉体的、精神的な苦痛と疲弊――


そこには、未だ、

『私はがん患者です』

とは大きな声では言えない、
日本の社会があるのだ


  私も面接で、
  がんであることを言わずに勤務した経験がある

  「隠している」という後ろめたさ

  それを、
  「敢えて言うことでもない」と、
  正当化しようとする思いが打ち消す

  「こんな狭い地域。
   どこから私の情報が入ってくるかわからない」

  毎日、
  そんな怯えにも似た感情を抱きながらの職場は
  実に居心地の悪いものだ



国や都道府県を上げて
本格的に取り組みをはじめている、
『がん患者の就労』

が、中身を知らない、
上辺だけのきれいごとに思えてくる


がんへの意識、理解は、もしかすると、
がん検診率と比例しているのかもしれない

それは、
都会と地方の地域格差でもあるのだと思う


今や、

『日本人の2人に1人が罹る』とも、
『3人に2人が罹る』とも言われているがん


解雇を言い渡した上司

面接で不採用にした人事関係者

「あなたががんになったらどうしますか?」――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


健康診断で不採用

この数年で、
“がん患者の就労支援”が広がった

医療が進んだお蔭で、
がんも、
治療を受けながら働ける時代になったのだ


が、未だその実情は厳しい

地域差もある

解雇や辞職、
配置転換などがあるのも現状だ


そんな中で、
理解を示す企業も増えてはきたが...



あるがん患者さん――


がんがわかり、
治療に専念するため仕事を辞めた

手術をし、
入院をしながら3ヶ月間の化学療法を終え、

体調も良くなったことから、
1ヶ月後、新たに仕事を探しはじめた

  私は、
  「まだ早い」と止めたのだが...


幸い、すぐに仕事はみつかった

面接で病気のことを話すべきか悩んだ挙げ句、
結局、正直に伝えたようだ

  すごい勇気だと思った


それでも採用されたのは、
理解のある会社だと思う


...が、最終的に、“不採用”になった

入社のために受けた健康診断で、
肝臓の数値が悪かったのだ


「りかこさん、不採用になっちゃった。
 “抗がん剤”ってすごいね。
 まだ効いているんだね...」


あの、落胆しきった声が、忘れられない

「生きていくのって、難しい」

そう言葉を残した



治療が終われば身体は回復する

会社も
がん患者を受け入れる理解があるとする

が、健康診断の結果が悪ければ、
やはり採用は厳しいものとなるのだろう

  もちろん、
  がん患者に限ったことではないのだが...


病気と向き合い、闘いながら、
新たな人生を見い出そうとしたとき、
がん患者にはだかる壁


“がんの就労”は、どこまでが支援なのか


きれい事では済まされない厳しい現実が、
ここにはあるのだ――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


“健康な方(かた)”

仕事やボランティアなどの募集で、
時々目にする応募条件のひとつ、

『健康な方(かた)』という表記


乳がんになるまでは
“健康”であることが当たり前すぎて
なんとも思わなかった

が、がんになると、
“健康”とは言えなくなる


『では、どこまでが、
 “健康”と言えるのだろう』――


日本人の3人に2人ががんになる時代

働き盛りのがん患者は増え続けている

その昔は入院が必要だった化学療法も、
今では通院で治療が可能となり(全てではない)、
治療を続けながら働くこともできるようになった


が、果たしてそれは、
“健康”と言えるのだろうか...


数年前から
“がん患者の就労”が大きな問題となっている

解雇、肩たたき、辞職、仕事に就けない...


自分は“健康”なつもり

でも、“がん”というレッテルは剥がれない


以前、私は、
乳がんであることを会社側に告げずに
仕事に就いたことがある

面接で言わなかったのは、
敢えて言うのもおかしいと思ったから

それに、言えば、落ちると思った


しばらくして、結局乳がんであることを
会社に伝えることになった

私が乳がんであることを知った従業員の中には、
あからさまに無視をする人もいた

そして私は上司に、
単刀直入にこんな質問をした

「面接で、私が“乳がん”だと言っていたら、
 採用しましたか?」

と――


上司は一瞬、間を置いたあと、こう答えた

「それはないよ」


その言葉に、私は胸を撫で下ろした

それが本心ではないにしても、
そう答えてくれたことがありがたかった


そして上司は続けた

「でも、ほか(の会社の面接)で言ったら、
 採用されないと思うよ」――


衝撃的な言葉だった

これが現実だと思った

“がん患者は、
 一般の人たちと同じには働けない”

そう実感した瞬間だった


哀しい...


がん患者は何年経てば、
“健康”と言えるのか...

もっともっと、不健康な人はいるのに――




   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から



“がんの治療と仕事の両立”の実態は――

“日本人の2人に1人ががんに罹る”

そう言われている時代になっても、
遅々として進まないがん患者の就労

“がんと仕事”は、永遠のテーマなのか――


2017年1月28日、内閣府が発表した、
『がん対策に関する世論調査』

  ※2016年11月、18歳以上の
    全国3000人を対象に面接で実施
    1815人が回答
     (前回までの対象年齢は20歳)


 【治療や検査で2週間に1度程度、
  通院しながら仕事を両立できる環境か】

という質問に対して、次のような回答となった

  ○そう思わない
          ・・・・・・29.3%

  ○どちらかといえば、そう思わない
          ・・・・・・35.2%

    合 計      64.5%

   ※前回調査(2014年)に比べ、1.2%減


やはり、この数字が現状なのだろう


 【“両立できる環境と思わない“理由】

としては、

  ○代わりがいない・頼みにくい
          ・・・・・・21.7%

  ○職場が休みをくれるかわからない
          ・・・・・・21.3%

  ○体力的に困難
          ・・・・・・19.9%

  ○休むと収入が減る
          ・・・・・・15.9%


 【がん患者が治療と仕事を両立できるために
  必要な取り組み】


に関しては、

  ○短時間勤務の活用
          ・・・・・・52.8%

  ○1時間単位の休暇や、
   長期休暇など柔軟な制度
           ・・・・・・46.0%

  ○在宅勤務
          ・・・・・・38.6%

  ○患者と産業医と主治医の連携
          ・・・・・・35.3%

  ○職場の理解を深めるための
   広報啓発
          ・・・・・・32.5%

  ○主治医が就労環境への配慮要請
          ・・・・・・32.4%

  ○その他   ・・・・・・0.7%

  ○わからない ・・・・・・6.0%

   ※複数回答


だった


ちなみに、昨年1月にはじまった、
『全国がん登録制度』を
「知らない」と答えたのは、84.4%と、
認知度不足が明らかとなった

  ※『全国がん登録制度』とは――
     患者の診療経過をデータベース化して
     治療技術向上に役立てるもの


厚生労働省は、
仕事を続けているがん患者を、

 “32万5千人”

と、推計


がん患者の治療と仕事の両立を巡っては、
昨年12月に成立した『がん対策基本法』で、
患者の雇用継続に配慮するよう、
事業主に求めている


 ≪感 想≫

   “32万5千人”という数字が
   多いのか少ないのか...

   この人数の中に、きっと、
   “がんを隠して働いている人”は
   含まれていないだろう


   法律で定められたとしても
   企業全体としては、
   まだまだがん患者に十分な就労体制は
   整っていないように感じる

   そこに“偏見”や“蔑視”が残っているのも
   また事実である――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から

りかこプロフィール

★2009年5月より『がんサロン』にてエッセイ執筆 ★2010年9月、市広報にて体験記掲載 ★2011年8月31日、乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』出版 ★2016年9月14日、フジテレビ『めざましテレビ』ブログ紹介とインタビュー ★講演、ラジオ出演など啓発活動中

『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所と注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※いただいた個人情報は、書籍発送以外に使用することはありません。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(左乳房しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)、
  非浸潤性乳管がん
 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・扇状部分切除
  (4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤投与
  4週間に1度、2年間(23回)
 ・抗エストロゲン剤
  (クエン酸タモキシフェン)
  5年服用
ブログ記事検索
アクセスページ数

     ※訪問者が閲覧した記事の
       ページ数

    訪問者数

      ※ブログに訪問してくれた方の
        人数

      たくさんの仲間のブログが見られます ↓
      Pinky Ring 黒
      コメント欄について
      ★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
       これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
       非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

      ★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
       お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

      ★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

      ★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

      ★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

      ★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

      ~~~~~~~~~~~~~~


      ≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫
      LINE読者登録QRコード
      LINE読者登録QRコード
      QRコード
      QRコード
           © Rikako,2011

      このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。