前回の更新から、随分経つのですねー

水槽鯉たちは誰も病気ケガ等せず、相変わらず元気です。
まったく、世の中に、こんなに可愛らしくて丈夫なペットはなかなかいませんね。

サテ、今年もコケのシーズン本番。

特に屋外水槽や窓辺の水槽は真っ青になってまいりました(笑)(笑)

青水で育てるような趣味も無いので、近々、メラスポ片手に奮闘します。。(笑)

タイトルの通りです。

屋外水槽の鯉や金魚達の様子を見に行くと、コケ取り用のフネアマ貝がキレイサッパリ、殻だけになっておりました。

この貝はガラス面への吸着力が強いので、魚達につつき落とされることなどまず考えにくい。

時々、底砂利に潜っては顔を出していたので、その瞬間を狙われたのでしょう。

砂利にあまり潜る習性のないイシマキ貝達はとくに食害を受けていない様です。

鯉や金魚が、その食性上、砂利中の貝も食べてしまうのは致し方ない事です。

とくに今年は暖冬で、十月初めの餌切り後も例年より水温が高かったせいで腹を空かせたのでしょう。

コケ取り貝達は、年に何度か、こうして時々食害を受けてしまいます。

可哀想ではありますが、仕方ない面もありなのです。

↑このページのトップヘ