2018年05月20日

そろそろ初夏も終わり、駆け足で来た春が旬でなくなるので、残りの画像を貼ります。
4月6日。森新田の菜の花。

IMG_1689aa

4月6日。山名の新緑。

IMG_1697aa

4月7日。藤岡・竹沼の新緑。

IMG_1764aa

4月8日。皇子塚古墳のヤマナシ。

IMG_1855aa

4月9日。庭のムラサキケマン。

IMG_1886aa

4月9日。庭のパピリオスミレ。

IMG_1887aa

4月9日。山名のミヤマセセリ♀。既に破損個体になっている。

IMG_1920aa



rikezawa2 at 19:37コメント(0) 

2018年05月16日

4月11日。冨岡市蕨一ノ坂の春。

IMG_2086aa

4月11日。一ノ坂。

IMG_2104aa

4月11日。一ノ坂、アケビの花。

IMG_2108aa

4月11日。上奥平・小根。この辺は今頃が一番美しい。

IMG_2121aa

4月11日。同上。

IMG_2124aa

4月11日。小根付近の丘陵。

IMG_2140aa




rikezawa2 at 23:11コメント(0) 

2018年05月13日

4月10日。山名のヤマザクラ。

IMG_2016aa

4月10日。寺尾尾根のアオダモの花。

IMG_2021aa

4月10日。寺尾尾根から上奥平の新緑を見る。

IMG_2027aa

4月10日。寺尾のカイドウ。

IMG_2045aa

4月11日。冨岡・蕨の一之坂。

IMG_2051aa

4月11日。寺尾尾根から観音山を見る。

IMG_2064aa

4月11日。一之坂のサトザクラ。

IMG_2081aa



rikezawa2 at 21:42コメント(0)春の花春の風景 

2018年05月08日

4月9日。庭のキクモモ。今年は早かった。1日で満開になった。

IMG_1879aa

同上

IMG_1881aa

4月9日。山名丘陵の新緑とヤマザクラ。

IMG_1898aa

4月9日。山名丘陵のオオシマザクラ。

IMG_1943aa

同上、ツマキチョウ♂。このタンポポはカントウタンポポみたい。10年くらい前は確実に山名にカントウタンポポは残っていた。

IMG_1959aa

山名・イノシシ山のワンコ。まだ冬毛が残っている。

IMG_1964aa


4月10日。庭のムラサキケマン。やっと群落を作るまでになった。

IMG_2007aa


4月10日。寺尾の尾根から吉井町の春・新緑。

IMG_2012aa






rikezawa2 at 22:03コメント(0)春の花春の蝶 

2018年05月06日

4月8日。庭の馬蹄香(タカアシサイシン)。中国から移植したものが今では庭のあちこちに蔓延っている。

IMG_1664aa

4月8日。庭のキクモモ。

IMG_1782aa

4月8日。同。

IMG_1783aa

4月8日。庭のツバキ。隣の駐車場(東)から見たもの。

IMG_1785aa

4月8日。同上。ツバキ、上の隣の木。

IMG_1787aa

4月8日。佐波郡玉村町、玉村ゴルフ場の新緑。

IMG_1833aa

4月8日。佐波郡玉村町、玉村ゴルフ場北の水路脇の春。

IMG_1837aa





rikezawa2 at 19:42コメント(0)春の風景春の蝶 

2018年04月29日

3月30日、山名のサクラ。

IMG_1428aa

4月1日、自宅庭のニワザクラ。

IMG_1484aa

4月1日、藤岡森新田のサクラ。

IMG_1539aa

4月4日、山名丘陵の新緑。

IMG_1621aa

4月7日、自宅のツバキ。

IMG_1728aa

4月7日、藤岡・皇子塚古墳のケヤキの新緑。

IMG_1747aa

4月7日、藤岡・竹沼の新緑。

IMG_1771aa





rikezawa2 at 22:39コメント(0)春の花 

2018年04月24日

上奥平のシダレザクラ2018年3月26日から30日(満開)まで貼ります。
3月26日8〜9分咲き。

IMG_1129aa

3月28日ほぼ満開。下から見上げる。

IMG_1266aa

このシダレザクラの横(東側)にはもう一本ソメイヨシノが植えてあった。ここの土地の持ち主の娘さんが生まれたときのお祝いに植えたそうだ。でも最近大きくなってシダレザクラが見難くなって来たの出伐ったという。「娘に怒られる・・」と言っていた。3月30日。

IMG_1336aa

3月30日満開を近くで撮る。

IMG_1341aa

3月30日。下から見上げる。

IMG_1345aa

IMG_1346aa

IMG_1348aa

3月30日。近くのサクラの木から眺める。

IMG_1371aa





rikezawa2 at 21:56コメント(0)春の花 

2018年04月23日

3月22日玉村のベニシジミ。

IMG_0943aa


3月23日玉村角淵のモモ。

IMG_0971aa

3月23日同上のサンシュュ。

IMG_0986aa

3月25日吉井町仁叟寺の五輪桜。

IMG_1065aa

3月26日山名町ヤマザクラ。

IMG_1177aa

3月30日自宅庭のサクラ満開。

IMG_1330aa



rikezawa2 at 22:38コメント(0)春の花春の蝶 

2018年04月17日

今年の上奥平の春は早かった。シダレザクラの咲き始めから満開までを辿ってみた。
3月19日。花が数輪咲いて来た(開花)。

IMG_0750aa

3月21日には雪が降って、足踏みしたが、3月22日にはピンクも濃くなって来た。

IMG_0865aa

3月24日。2〜3分咲きになった。

IMG_0990aa

3月26日。急速に咲き始め、2日後にはほぼ満開になった。

IMG_1117aa

3月30日。満開。

IMG_1338aa

3月30日。少し離れて眺める。

IMG_1360aa




rikezawa2 at 21:30コメント(0)春の花 

2018年04月11日

キルギスはお休みで、今年の春を撮った残った画像を貼ります。
3月22日観音山小塚林道(寺尾尾根)の花と新緑。
サンシュユの花。観音山。

IMG_0929aa

ウグイスカグラ。寺尾尾根にて。

IMG_0904aa

IMG_0905aa

コクサギの新芽。この辺ではあまりオナガアゲハは見かけなかった。

IMG_0923aa

イボタの新芽。

IMG_0924aa

3月26日の上奥平のシダレザクラ。

IMG_1136aa






rikezawa2 at 20:06コメント(0)春の花 

2018年04月04日

暫く更新してないので、花などの同定はしてないが、画像だけ貼っておく。

IMG_3424aa


IMG_3533aa


IMG_3535aa


IMG_3539aa


IMG_3545aa


IMG_3560aa





rikezawa2 at 22:31コメント(0)キルギス 

2018年03月25日

第二のキャンプ地。ここは遊牧のテントなどがあって現地人もいた。やたら草原に入れない。

IMG_3493aa

付近は乾燥しているが、石を起すと、ゴミムシダマシが多い。

IMG_3601aa

乾燥地にはこのムレスズメ(マメ科・Caragama 属)が多かった。棘が凄い・・近寄れない。

IMG_3629aa

またフウロソウ科の Geranium 属も多かった。

IMG_3569aa

乾燥しているが、周りは荒涼とした風景の中、こんな花もあった。

IMG_3516aa



rikezawa2 at 23:03コメント(0)キルギス 

2018年03月21日

この画像は色々なところへ何回も貼ってます。ここはドロン峠。中国への大通りです。右はコチコルを経てビシュケクへ。左は中国新彊ウイグル自治区へ。カシュガルへの道です。あまり治安の良いところではないですが、中国の物資輸送の大動脈です。この峠の草原で冷たい馬乳を飲ませて貰った。とても美味しい味でした。

IMG_3419aa

峠を降りてカシュガルへの道を行くと、道ばたには現地の人の店や家がありました。仮設でなく、こんなところに住んでいるのです。日本の基準で考えてはいけません。最近はタリバンなどの往来もあるんでしょうか、あまり治安は良くなさそうです。

IMG_3654aa

IMG_3490aa

IMG_3488aa

探索を終えてドロン峠へ向かって戻ると、時々中国の輸送トラックとすれ違います。この写真も何回もあちこちに貼りました。コップの底のような土地で午後になると陽が陰ります。

IMG_3655aa

トラックに「中国重汽」という文字が見えます。カシュガル経由で天山南路の街へ行くのでしょうか?新彊ウイグル自治区の「省都」ウルムチは天山北路から行きます。ここから直接は行けませんが、アライ山脈を越えてタジキスタン、アフガニスタンへつながっています。

IMG_3656aa

シソ科の花で吸蜜する Aricia sp.

IMG_3551aa

採集した Zygaena purpuralis 。三角紙に包む前。この Zygaena はヨーロッパから分布は広いが、ここキルギスは分布の東端になる。亜種名は tianschanica (天山山脈に因む)という。

IMG_3587aa



rikezawa2 at 17:36コメント(0)キルギス 

2018年03月16日

これはCodonopsis(キキョウ科)の花。キキョウ科の花は多い。

IMG_3465aa

これもCodonopsis属の花と思う。

IMG_3469aa

同上の花の拡大。

IMG_3468aa

キク科、アザミの仲間と思う。

IMG_3470aa

小さな流があり、不思議な花が咲いていた。Eremrus lactiflorus (ツボラン:ユリ科)だろう。

IMG_3518aa

同上の花の拡大。

IMG_3520aa





rikezawa2 at 22:41コメント(0)キルギス 

2018年03月13日

このシソ科草本は乾燥した丘の斜面から、谷に沿って繁茂している。この谷に水が流れて伏流水があるのだろう。こういうところにはMuschampia属のセセリが沢山いる。

IMG_3427aa

アザミの類のCirsium属の花と思う。乾燥したところにはこういう棘の多い植物が多い。

IMG_3432aa

このキク科草本はInula rhizocephalaと思う。やはり乾燥、低温の地に適した格好をしている。地面からいきなり葉が出ていて、茎はありません。葉の直ぐ上に花が咲きます。不思議な花です。Inula属はカシミールからヒマラヤ周辺にも多いという。

IMG_3434aa

これもキク科Inula属の変種である。前記の花より、更に乾燥、低温、高標高地に適した姿形をしている。

IMG_3458aa

エーデルワイスというのはヨーロッパに分布するLeontopodium属で、日本では一般にウスユキソウと云われている。西アジアから中国にかけての高山帯ではウスユキソウ類は30種くらいあるという。ここでは最も普通にある草本であった。

IMG_3455aa

ウスユキソウの群生地。

IMG_3454aa

シソ科草本。これも普通に見られる。

IMG_3440aa



rikezawa2 at 19:41コメント(0)キルギス 

2018年02月27日

これは種名は分からないが、日本のワチガイソウのような感じがする。

IMG_3387aa

この辺には沢山あるキク科の花には蛾(恐らくシャクガ科)がとまっていた。

IMG_3392

夕闇迫るキャンプ地付近では家に帰る現地人が通る。しかしこの付近に民家はない。

IMG_3401

我々のキャンプ地。陽の影が長くなっている。この頃から寒くなる。

IMG_3408



rikezawa2 at 19:46コメント(0)キルギス 

2018年02月23日

しばらく更新してないので、画像選んで貼ります。キャンプから標高を上げたところで、面白い植物を見た。アザミが羽根毛のようなもので覆われ、乾燥にも強そうなトゲトゲの葉を持っている。厳しい気候に特化したアザミの仲間か。(画像を次のものと同じものを貼りました。2/24訂正)この花は Schmalhausenia nidulans (キク科・アザミ属)というらしい*1。

IMG_3360aa

花は詳細を見ると、観賞に堪えるもので、栽培すると流行るかも知れないが、下界では育たないだろう。

IMG_3362aa


ここのお花畑には蝶も沢山飛び、昼蛾も多数いた。

IMG_3365aa

時々白い蝶が飛んで来る。Par.delphius でここでは多かった。

IMG_3370aa

ヨーロッパに多い高山植物。

IMG_3386aa

*1:富山稔(2004)Wild Flowers of the World 供奮惴Α法20


rikezawa2 at 22:48コメント(0)キルギス 

2018年02月13日

キャンプからやや標高を上げて、草原で調査する。ここから東には中国・キルギス国境の天山山脈が遠望出来るが、この時はあまり天候が良くなかったので、霞んでいた。天山山脈は7000m峰があるはずだが、大きな山塊なので、中々見えないだろう。

IMG_3335aa

草原はあまり大きな花はないが、このアズマギクのような花は良く見かけた。

IMG_3340aa

あまり急峻なところへは行けず、付近を歩き回ったが、ガレのように土が出ているところには  Parnassius は見られた。標高は3000mを少し越したくらいで、残雪があちこちにある。この頃は7月初なので、8月には融けるのだろう。

IMG_3343aa

デルフィウス ウスバ Parnassius delphius この辺ではこれしか見られなかった。時期や場所を変えると、もっと多種見られるかも知れない。

IMG_3352aa

お花畑。紫色の花はシソ科草本で Muschampia 属のセセリチョウが多かった。

IMG_3356aa









rikezawa2 at 22:18コメント(0)キルギス 

2018年02月10日

しばらく更新してないので、画像貼ります。先ずはキャンプ地付近の花。

IMG_3280aa

キャンプ地裏の緩斜面。走り回るのには楽な地形。このお花畑が一番蝶が多い。この丘の頂上に立つと、一面の草原が見えて先生方が降りて行ったきり戻って来ない。よほど沢山いたのだろう。

IMG_3282aa

お花畑には所々地面が見えるところあり、こういうところに Parnassius がとまる。

IMG_3285aa

IMG_3313aa

夕食の卓。何を食っても美味しかったが、日本の贅沢に慣れている人には辛いと思う。

IMG_3323aa

夕闇迫る中、馬に乗って原住民が尋ねて来た。何か無心してるのだろう。

IMG_3327aa



rikezawa2 at 23:11コメント(0)キルギス 

2018年02月05日

キルギスに着いてから2日目、本格的に資料蒐集に掛かる。キャンプ地n周りは草原で、何もないようであるけど、良く見るとお花畑であることがわかる。

IMG_3260aa

Boloria sp.これは沢山いた。ほとんど中央アジアに分布する、小型ヒョウモン。

IMG_3263aa

Coenonympha sunbeccaこれも沢山いたが、意外と敏感で採り難い。

IMG_3265aa

草原の向こうの山は、雪が残っている。

IMG_3275aa

お花畑を近くで見ると一面多種の花が咲いている。ここを Colias が敏捷に飛来する。高原なので、走り回ると苦しい。

IMG_3279aa



rikezawa2 at 21:09コメント(0)キルギス 

2018年01月25日

この高原は標高はそれほど高くないが、やっぱり内陸なので、夜はとても寒い、グランドシートにシュラフ2枚、持って来た冬物は全部来て、靴下も何枚も履いて寝る。夜は何もないので、明るくなるまで寝ていれば睡眠は充分だ。朝食はパーシャが揃えてくれるが、とても美味しかった。しかしあまりこういうとこに慣れてない人には食欲が出ないと思う。紫外線が強いので、皆さん真っ黒な顔をしている。お歳の先生方が多いので、顔はぼかしてある。

IMG_3219aa

テント場の傍を流れる小川。朝はここで顔を洗う。

IMG_3237aa

丘の上からテント場を望む。周りはあまり蝶はいなさそうだが、実際は沢山の蝶がいた。

IMG_3248

テントの周りの花を撮った。

IMG_3252

IMG_3255

IMG_3259



rikezawa2 at 22:46コメント(0)キルギス 

2018年01月21日

コチコルの集落を通過すると道は悪くなり、ワズに乗ってるメンバーはかなり辛かったようだ。やがてドロン峠を越えて谷に入り、なだらかな起伏の草原に入る。ここで暫く幕営して付近のファウナの調査が始まる。幕営地の標高は3000m程度である。

IMG_3216aa

周囲は放牧の小屋などがあるが、使われているかは不明。広大な草原でどこからでも見渡せるのは不安でもある。

IMG_3217aa

夕闇迫る幕営地付近の花を撮った。

IMG_3214aa

IMG_3210aa

IMG_3209aa

Sedum の群落が岩の上などにあり、この辺のParnassius の食草であるようだ。

IMG_3213aa



rikezawa2 at 22:22コメント(0)キルギス 

2018年01月18日

走って行く周囲は荒涼とした砂漠のようだが、良く見ると緑も見える。後で知ることになるが、こういうところには蝶の個体数は少ないが、種類が非常に多いところがある。

IMG_3177aa

こんな山肌でも緑はある。甘粛省・黄河流域を思い出す。

IMG_3184aa

ところどころ緑のやや濃い場所で降りてみるが、大したものはいない。白いネットを持って探索している姿が見える。

IMG_3188aa

そろそろ高山植物が見られるようになる。エーデルワイスの仲間は多い。

IMG_3193aa

これは白いゲンチアナかも知れない。

IMG_3194aa

矮小な地面に這うマメ科植物。

IMG_3198aa

これもマメ科で、Colias などが食うかも知れない。

IMG_3199aa

これは十字花(アブラナ科)かも知れない。

IMG_3200aa




rikezawa2 at 21:10コメント(2)キルギス 

2018年01月16日

やがてチェック・ポイントを通る。この頃は厳しくなかったが、今は勢力を回復したタリバーンやIS国残党が、キルギス内乱をきっかけに、こんな方までやってくる可能性もある。前を走る我々隊のワズに前方にクンゲイ・アラトーの山塊が迫る。

IMG_3178aa

所々に集落があるが、人気はない。

IMG_3180aa

やがてワズはガソリンの給油に立ち寄る。

IMG_3181aa

この辺は僅かな緑しかなく、虫は少ないが、ミヤマシジミが見られた。しかし今回の全行程でミヤマシジミが見られたのはここだけだった。

IMG_3185aa

ガソリンスタンドと言っても、タンクローリーのタンクが置いてあり、ここから給油する。

IMG_3186aa




rikezawa2 at 17:50コメント(0)キルギス 

2018年01月13日

これからコチコルの街へ向かう。道路は良くないが、交通量が少ない所為かあまり荒れていない。単調な道を坦々と行く。

IMG_3156aa

周りの山は乾燥した禿山ばかり。それでも近づくと植物相は豊かで色々な生物が棲息する。この辺は中国の内陸部(甘粛省あたり)を思い出す。

IMG_3158aa

道から遠く離れたところに耕作地も見えるが、この辺は荒涼とした景色で、廃墟も見える。旧ソ連時代の名残かも知れない。

IMG_3159aa

草むらへ入ってみると、さすが乾燥したところでは蝶は少ない。Pontia が見られた。

IMG_3167aa

やがて山道となり、峠で休む。ここでコヒオドシを見た。まだ大したものは見られない。

IMG_3172aa

水の少なくなった湖があった。こういうところは荒涼としているが、以外に蝶は多種見られるようだ。

IMG_3176aa



rikezawa2 at 17:28コメント(0)キルギス 

2018年01月11日

トロポフ氏は中央の白いシャツの人。車の説明をしている。

IMG_3127aa

これから乗っていくソ連製軍用4駆キャブオーバーのオフロード仕様(UAZという)の量産モデル。100馬力前後ながら物凄い威力を発揮する。

IMG_3128aa

山に入る車。トロポフの三菱パジェロ、その後が(UAZ)ワズ、手前がアレクセイのベンツ。

IMG_3134aa

出掛ける前にビシュケク市内のスーパーに寄る。ここではビシュケクというとても美味しい酒があったが、夕方早く閉店するので、帰りには寄れなかったのが残念。

IMG_3139aa

街を出ると直ぐ田園風景が拡がる。旧ソ連時代の貧しさが残っているような感じ。

IMG_3144aa

やがて南方に雪を頂いたクンゲイ・アラトーの山塊が見えてくる。標高は4〜5000mくらいらしいが、厳しい自然がある山のようだ。

IMG_3145aa





rikezawa2 at 11:38コメント(0)キルギス 

2018年01月09日

2008年に行ったキルギスは素晴らしいと言えるところだった。友人には食い物がダメとか首都以外はホテルがないとか、贅沢な日本人が多いが、中央アジアの蝶が多種見られるところである。直ぐ北にはセミパラチンスク(カザフスタン)があるし、東には中国のタクラマカン砂漠もあるが、核実験場が近いという感覚も感じられない。成田からアエロフロートで約8時間、モスクワの空港に着く。モスクワは日本時間の翌日3時半頃離陸、キルギスタンへは4時間後早朝に到着する。この辺の時間の感覚は難しい。モスクワでキルギス行きの飛行機に乗るとき、若い女の子が「日本人ですか?」と声を掛けて来て、聞いてみると日本には行ったことないけど日本語を勉強しているという。キルギス人は日本人のルーツとか言われ日本人に良く似てる。(これは以前ブログに載せた)

IMG_3121aa

早朝、まだ日が出てない頃キルギスの首都マナス国際空港に着く。

IMG_3122aa

明るくなった頃やっと入国して空港を出る。これはロシア語でなくキルギス語でマナス国際空港となってる。

IMG_3126aa

空港を出るとトロポフ夫妻が待っていた。早速空港近くの空き地で朝飯を出してくれた。右端に見えるのが今回の旅行の運転手パーシャ(パーシャ・チェルノフ)。優秀なガイドで英語を話す。料理を並べているのはアレクセイ・スイソーイエフ。30歳くらいで、運転手、世話役。

IMG_3131aa

朝の食卓。色々あるようだが、テーブルシートのプリントで誤魔化されそうだが、大したものはない。非常に美味しかったが、あまり食わないうちに片付けられてしまった。

IMG_3132aa



rikezawa2 at 11:51コメント(0)キルギス 

2017年12月30日

カナディアン・ロッキーをもう少し貼ります。車の中から撮った絶景。

IMG_1392aa

アサバスカ氷河の観光基地。

IMG_1403aa

アサバスカ氷河の端を見た。周囲の山が絶景。

IMG_1404aa

こんなガレの斜面に Colias とか Parnassius がいるのかも知れないが、とてもアプローチ出来ないと思う。

IMG_1466aa

IMG_1478aa

夕闇の迫る国道をバンフへ戻る。

IMG_1518aa

このワンコはあまり楽しそうではなく、警戒の尾を下げていた。

IMG_1513aa




rikezawa2 at 12:07コメント(0)カナディアンロッキー 

2017年12月26日

雄大な景観のカナディアン・ロッキーをもう少し貼ります。

IMG_1302aa

IMG_1329aa

IMG_1339aa

IMG_1340aa

IMG_1410aa



rikezawa2 at 22:55コメント(0)カナディアンロッキー 

2017年12月22日

バンフから国道93号を北上すると、コロンビア大氷原があります。そこは広大な氷原ですが、その端から流れ出る氷河のひとつにアサバスカ氷河があります。ここは国道からアプローチ出来て安全なので、観光スポットになってます。そのアサバスカ氷河を見る。

IMG_1412aa

この氷河までは巨大な氷上車で行きます。氷河の落ちる端は2800mくらいですが、この車で2000mのところまで登ります。近くで見た氷河。

IMG_1449aa

IMG_1428aa

氷河まで着くと、氷原を歩くことが出来ます。向こうに見える車が氷上車。

IMG_1426aa

氷河の表面。近くで撮ったもの。

IMG_1452aa

氷河の周辺の山。標高は3000mないくらいです。

IMG_1454aa

氷河の上の大きな穴。車の中から撮りました。ここに落ちたら生きて上がって来られないでしょう。

IMG_1456aa




rikezawa2 at 21:20コメント(0)カナディアンロッキー 
http://ikezawa.cocolog-nifty.com/blog/
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ