2016年03月

2016年03月28日

もうギフチョウの季節になった。これは2009年4月12日小千谷でのもの。この年は早かったようだ。小千谷では5月になることは普通だ。

IMG_1481aa

ヤブレガサ。4月10日のもの。山菜として採る。

IMG_5976aa

ミヤマカタバミ。4月21日頃新潟で良く見られる。

MzzP4210005



rikezawa2 at 21:46コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月27日

玉村・角淵では烏川畔のオオアラセイトウの群落でツマキチョウが多いところがある。ツマキチョウはどこでもいるが、ポツリポツリでここくらいまとまって見られるところは知らない。2013年4月5日・・もう直ぐだ。

P4050048aa

同年同所のスジグロシロ、ここでは夏に多数調べたが、種nesisはいないようだ。

P4050043aa

これも同年の吉井町でのスギタニルリシジミ。これももう直ぐだ。

P4054366aa



rikezawa2 at 17:57コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月24日

これは2007年6月17日の桐生でのものですが、一般的にミスジチョウは発生が早く、新鮮なものは5月でないと撮れません。この個体はもう破損してます。一箇所で沢山出会うことは中々ないのですが、倉渕村(現高崎市)の山奥で、多数見たことがあります。また8月でもボロボロの個体を見たこともあります。あちこちでポツリポツリみますが、あまり出会う機会はありません。高崎市では牛伏山で複数見たことがありました・・

IMG_8241aa

同じく桐生でのヒメキマダラセセリです。これはこの頃は新鮮です。

IMG_8228aa

高崎市内では5月末になると♀にかぎってかなり黒いウスバシロチョウを見ます。数も多数です。

IMG_7222aa



rikezawa2 at 18:28コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月22日

庭も以前は花や木で埋まっていた。今では木はほとんど伐採、花も園芸種しかない。残念なことだ。庭の様子を2階の部屋から撮った6枚があったので、貼っときます。
2005年8月8日。右やや中ほどに見える白いものはミヤマシジミの産卵し掛け。ここで、数千卵を得て、コマツナギの枝が真っ白になったが、とても飼いきれず、ずいぶん無駄した。努力はしたが、やはり小さい個体しか出ず、生存率も低かった。

IMG_050808aa

同年8月11日。あまり変わってないが、右上の黄色い花はオオキンケイギク。

IMG_050811aa

同年8月22日。オオキンケイギクはほとんど抜いた。チロはこの頃13歳、まだ元気だった。私が仕事してると直ぐ犬小屋から出て来る。

IMG_050822aa

同年10月6日。もう大体花は終わって、コスモスくらいが咲いている。

IMG_051016aa

2006年9月26日。ヒガンバナが咲いている。チロが私の出て来るのを待っている。

IMG_060926aa

2007年7月24日。グラジオラスが咲いている。まだキンケイギクは残っている。

IMG_070724aa










rikezawa2 at 22:40コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月21日

アサマイチモンジは毎年庭で発生する。これは昨年2015年5月11日のものです。今年も発生するとうれしいですね。

IMG_9024aa

2015年はコジャノメの発生が早く、数も多かった。特に観音山の清水寺の階段の薄暗いところが多かった。

IMG_8926aa


これはもう貼ったと思うが、トラフシジミの春型は綺麗なので、また貼る、2007年4月24日です。

IMG_6471aa


アオバセセリは中々美しい個体が撮れない。これは2006年6月1日のものです。

アオバセセリ



rikezawa2 at 22:10コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月20日

2006年には庭で4月27日にはジャコウアゲハが羽化した。

IMG_5975aa

同じ年4月29日の佐野市彦馬川流域の昔ながらの家屋の佇まい。

IMG_6051aa


ここのウスバシロチョウはとても大きくて、ときに巨大なものが見られる。しかし大きさには個体差が大きく、普通に見られる大きさのものも混じる。この付近は大小入り混じる産地と一様に大きな固体が出る産地もある。

IMG_6069aa

同年5月5日の庭。まだチロが元気だった。そろそろウツギの花が咲き出す。またアプローチの石の脇には沢山のオオキンケイギクが伸びて来ている。これは数年で全て駆除した。

IMG_6262aa



rikezawa2 at 21:16コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月19日

ギフチョウが飛び始める頃、新潟ではなつかしい2種の花が咲き始めます。

このコブシに似た花は、タムシバです。ギフチョウは白い花に来ませんが、毎年これを見に行くのが楽しみになりました。最近あまり行ってないので、なつかしくなります。

zzIMG_5976


これはオオカメノキで、群馬の北方の山では見られますが、新潟では平地にも沢山あります。ギフチョウが終わる頃咲き始めます。新潟ではムシカリというとそんな気がします。

zzIMG_5985

マルバコンロンソウ。表題とは関係ありません。

zzIMG_0235



rikezawa2 at 18:02コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月18日

ジシバリは以前沢山あった。普通の雑草だった。最近は外来生物の方が増えて、目立たなくなった。それにこの写真は2007年3月8日のものだが、今年は今日(3月18日)やっと数輪見た。

IMG_4284aa


アオキの実もあまり目立たなくなった。これは2007年3月19日のものであるが、今日は却って実の色が既に黒ずんでいるものが目立った。

IMG_4351aa

うかうかしてると3月もお彼岸になった。春まで楽になるかと思ったが、何も変わらない。5月になるとウスバシロチョウが出て来る。昨年は4月末に見られた。これは209年5月15日のものです。

IMG_2304aa



rikezawa2 at 21:23コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月13日

ところで、最近アクセスは多いんだが、「拍手」がない投稿日が増えた。見たらお願いします。

キアゲハ。これは冨岡蕨のウスバシロを見に行ったとき、中々とまらないキアゲハを空中戦で撮ったものです。
080507蕨キアゲハ

ツルカノコ。これは5月8日に状態です。2010年頃は綺麗に咲いていたが、病気がちになった最近、手入れが悪いのか、衰えているようだ。

100508ツルカノコ

2011年5月13日の庭でのダイミョウセセリ。春第一化で新鮮なところがいい・・

BM110513ダイミョウ


高崎の鏑川堤防では5月の連休になるとジャコウアゲハが飛び出す。ここも堤防がかなり改修され、ウマノスズクサはあるが、蛹の越冬場所がなくなったようで、数は減ってしまうかもしれない。対岸にもウマノスズクサの群落はあるので、そこが、供給源であればありがたいが・・

M110506ジャコウ





rikezawa2 at 21:31コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月11日

オナガアゲハ。2009年5月21日。庭のツツジへ飛来。

090521オナガ


クロアゲハ。2011年5月4日。これも庭のカラスザンショウで発生した。そのカラスザンショウは大木2本伐採してしまって、今はあまりあげは類が飛んで来ない。

M110504高崎市クロ

キアゲハ。2012年5月15日。庭のミツバで蛹化し、越冬した第一化。

zzP5040015

高崎市内烏川河川敷のニンニクの花。2012年5月23日。

zzzP5230047





rikezawa2 at 22:13コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月08日

サンシュユは初夏ではなく春一番で咲く。2006年3月18日撮影。

IMG_5045aa


ツクバネウツギ。2007年5月7日撮影。


IMG_7116aa


5月に新潟の内陸に行くと、八海山をバックに一面に咲いている。この木は湯沢あたりで、実生の小木を移植したものです。2007年5月10日。とても丈夫でまだ衰える様子はない。

IMG_7125aa


ニワゼキショウ。これも以前は多かったものだが、今はほとんどなくなった。

IMG_7138aa



rikezawa2 at 21:14コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月07日


2007年5月28日のユスラウメ。以前は毎年初夏には沢山実をつけて、赤が美しかったもんだが、昨年くらいから、重い雪で枝が折れてもう花もまともに咲かなくなった。残念。

IMG_7603aa


ウグイスカグラはまだ何本か残っている。赤い実は大変美しい。2013年5月26日。


IMG_1003aa



rikezawa2 at 19:23コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月05日

今年はイノシシ山へ足腰のリハビリに出かけているが、春の訪れが遅い。以前養蚕やっていた農家(今は廃屋)の紅梅は2週間くらい送れている。少し咲いたけど、とまっているのだ。
これは2007年2月21日。

IMG_3923aa

これは今年2016年3月1日に撮ったものです。

zzIMG_4457

4月も半ば過ぎると長野ではヒメシロチョウが現れる。ヒメギフの頃には沢山出てくる。あまり採集者には会ったことはないが、最近数が減っているような気がする。ここんとこあまり行ってないが、4月のギフ、ヒメギフは山登り不要なので、必ず行っている。これは2008年4月30日、小諸のものです。

IMG_8684aa

春にはモクセイ科の花もあちこちで咲く。これはヒトツバタゴというものだけど、家の近くの公園に数本あったものが、8年くらい前伐採されてなくなってしまった。2007年5月7日です。

IMG_7028aa


家の庭ではコバノトネリコが咲いた。まだ残ってるが、木の勢力は衰えている。

IMG_5818aa

これはトネリコ(デワノトネリコ)の花です。2007年4月8日。

IMG_5929aa



rikezawa2 at 22:13コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月04日

2010年4月21日のサクラです。場所は外付けHDに格納してある日記を見ないと不明。

B100421サクラ

2010年5月6日に撮ったものです。場所は上記と同じで不明。恐らく長野へヒメギフを見に行ったとき撮ったものと思います。

B20100506ヤマエンゴサク

2009年5月2日の新鮮なクロヒカゲです。これは竹喰いなので、飼育は面倒だけど、羽化したばかりでは種小名 diana の名を裏切らずとても美しいものです。標本にしてしまうとまさに「黒い日陰蝶」になってしまいます。生きているときが最も美しいのは生物どれでも同じです。

IMG_2012aa

2005年4月22日の自宅庭にはこのドウダンツツジがありました。今は伐採しておりありません。残念です。一人で生き物の管理をするのはとても渦化しいことです。

zzIMG_0648



rikezawa2 at 19:40コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月03日

3月に入って具合が悪く、貼ってなかったので、とりあえず写真貼っておきます。

5月2日白と紫の花が同所にあるムラサキケマン。あまり珍しいことではないようです。

IMG_0763aa

勢多郡新里村にあったサクラソウ自生地。ここは天然記念物指定されて、遠くから望遠で撮るしかありません。今は桐生市に編夕されましたが、どうなっているのでしょうか?健在なのか?2005年5月4日で、もう10年になります。

IMG_0798aa

これは新潟のショウジョウバカマの群落にもならない疎らな自生地です。5月21日。

IMG_0971aa



rikezawa2 at 11:45コメント(0)トラックバック(0) 
http://ikezawa.cocolog-nifty.com/blog/
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ