2016年08月

2016年08月31日

また唐突ですが蝶の写真を選んでる時間がないので、ちょっと思いついたことを貼ります。これは世界3大がっかり観光名所のひとつ、「ブリュッセルの小便小僧」です。ちなみに他は「コペンハーゲンの人魚姫」「シンガポールのマーライオン」「人魚姫・・」は行ってません。あそこは女子供の行くところで虫屋の行くところではない。また「日本3大がっかり名所」は3つとも行きましたが、たしかにがっかりでした。でもオランダ坂はなかなか情緒があって良いところでした。これらも虫屋の行くところではない。

IMG_6718aa

ベルギーにはもうひとつ変なところがあります。あの「フランダースの犬」で有名?なアントワープは日本人しか行かないそうです。土産物屋に日本地図があってどこから来たか、針が刺せるようになってました。その高崎、前橋部分です。

IMG_6635aa



rikezawa2 at 17:32コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月30日

キルギスの想い出ついでに、キャンプ場の間を走ったワズを貼る。物凄い悪路も平気なようだ。普通の車ならひっくり返るようなところも何の躊躇もなく走り抜ける。この車にテントや食料を積んでダートの急坂を8人も乗せてキャンプ地まで行ったもんだ・・

IMG_3486aa



rikezawa2 at 20:44コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月29日

唐突だが、キルギスのマナス空港でアゼルバイジャンの航空機を見た。カスピ海の西側でカフカス地方の一部。コーカサス山脈は数々の得がたいParnassiusを多種産し、中央アジアの旧北区の多種の蝶がいる。隣のグルジアはロシアとの紛争でもう入域出来ない。一度行きたいところだった。ふと思い出したので・・・

IMG_3124aa



rikezawa2 at 22:17コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月28日

そろそろ秋の気配でもクロコノマは9月末にならないと見られない。これは2009年9月26日のもの。この写真は以前に貼ったかも知れない。今年も見に行きたい。

090926クロコノマ



rikezawa2 at 18:06コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月27日

これは2009年頃利根川堤防を歩いていた頃の写真です。2009年9月2日、柿の実に集まるヒカゲチョウです。ウラギンシジミも集まっていました。

090902柿ヒカゲ

同じ頃利根川堤防は花が沢山あり、蝶も豊かで、色々な種類に出会えました。これは昭和大橋付近で見たクロアゲハです。2009年9月4日。

090604クロアゲハ



rikezawa2 at 14:05コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月24日

ミドリヒョウモンは今でも庭で発生している。幼虫も見ることがある。これは2009年8月29日のものです。

090829ミドリ

庭には伐採した後にブッドレアが大きくなって色々な蝶が来るようになった。特に庭はまだ大きなクスノキがあるので、アオスジアゲハは多い。偶然撮れたもので、翅の先端が切れてるが、貼ります。

IMG_1797aa



rikezawa2 at 20:31コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月23日

ギンボシヒョウモンと共に最近数が少なくなったと云われるウラギンスジヒョウモンです。これは2010年8月15日のものです。ギンボシヒョウモンは榛名山など比較的高標高で見られたが、このウラギンスジヒョウモンは高崎近郊の丘陵地でも見られた。1980年前後までのような記憶です。

BM100515ウラギンスジ



rikezawa2 at 22:48コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月22日

最近少なくなったと云われるギンボシヒョウモンです。モンゴルなどではウラギンヒョウモンを狙って追い掛け回すのですが、ほとんどギンボシでガッカリするくらいです。でも以前は群馬県北部では沢山見られましたね。これは2009年8月19日の片品村で見たものです。

090819岩鞍ギンボシ



rikezawa2 at 14:51コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月19日

これは2009年9月15日のチャバネセセリです。2012年の秋は特に多かった。

090915チャバネ



rikezawa2 at 20:13コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月18日

今年は雑木林ばかりで、オープンランドには出ていない。平地を歩くのが辛いのと、近所の堤防がすっかり草が刈られて、虫が発生する環境がなくなってしまったから、行かない。もうチャバネセセリやギンイチモンジセセリが多くなってくるころだろうけど残念なことばかり・・

0907ミヤマチャバネ




rikezawa2 at 20:28コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月16日

最近は貼る画像が払底してきた。これは2009年8月13日の高崎のオオムラサキです。この頃から高崎の丘陵地にはオオムラサキは変わらず多い。

090813オオムラサキ



rikezawa2 at 21:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月13日

群馬県北部、尾瀬への入り口・大清水から奥鬼怒林道へ入ると、エルタテハが多かった。2007年8月22日のものです。この頃はキベリタテハ、アサギマダラ、ミヤマカラスアゲハ、ヒョウモン類など多数見られたが、最近はどうなっているか。この辺は国立公園の特別区域でもないのに、やたらうるさく、ネット持ってると「オイコラ」的に言われたもんだ。こういう連中に法規について説明(反論)しても全く無駄・・ネット仕舞っていなくなったら採ればいいこと。この辺は天然記念物もないし、特に文句言われることもないし、警察なんか騒がなけりゃ来ないし、とぼけるにかぎる。

IMG_0525aa



rikezawa2 at 21:54コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月12日

ベニヒカゲの裏面は変化が多いものです。特に♀になると面白い変化が見られることがある。これは2007年8月25日の群馬県西部のものです。

IMG_0637aa

IMG_0583aa



rikezawa2 at 21:12コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月04日

そろそろ夏のジャコウアゲハも飛び出した。蛹はあちこちにあるので、これからも一回庭も賑やかになって秋には越冬蛹になるのだろうが、ウマノスズクサが足りると良いが・・このジャコウは2006年6月25日のもの。

IMG_7483aa



rikezawa2 at 18:16コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月03日

今年は庭でキアゲハを見た記憶がない。これは2013年8月10日の自宅の庭です。

IMG_2902aa



rikezawa2 at 19:28コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月01日

2005年7月14日のミヤマシジミ。この頃はどこにでもいたが、急速に姿を消している。居なくなったのは私の所為だと日本鱗翅学会の評議員に学会の関東支部大会のときに罵られたことがある。ここで「なにお!何の証拠があって・・」と反論すると果てしない子供のケンカになってしまう。言うやつも言うやつ、反論するのもバカバカしい・・

IMG_1647aa



rikezawa2 at 21:01コメント(0)トラックバック(0) 
http://ikezawa.cocolog-nifty.com/blog/
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ