2016年06月11日

ミドリシジミ

群馬県内ではミドリシジミの発生地は少ないが、湿地にハンノキが残っていれば、夥しい数の成虫が発生することがある。昔はヤマハンノキで幼虫が採れた。赤城山、榛名山、今でも太田市などでは発生地がある、。
2014年6月14日に訪れたこの地は多産していた。

IMG_6948aa


6月も末になると高崎近辺の丘陵地ではジャノメチョウが発生する。特に晩夏の♀は巨大なのがいるが、♂は普通の大きさだ。2013年6月30日。

IMG_1777aa

2013年6月22日に八ヶ岳を訪れたとき、チョウセンアカシジミを飼っている人の周りでは沢山の成虫が見られた。天敵にやられなければ長期間発生を続けるという。

IMG_1623aa



rikezawa2 at 21:34コメント(0)トラックバック(0)夏の蝶  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
http://ikezawa.cocolog-nifty.com/blog/
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ