夏の蝶

2018年12月04日

2006年以前からミヤマシジミを山梨、長野、群馬で♀を数頭採って来て、庭のコマツナギで袋掛けで採卵した。コマツナギの枝が真っ白になるほど産卵したが、卵が孵化して取り込みが遅くなると、皆食われてしまう。また小さいうちにシャーレなどに取り込むと、餌替えが大変で小さな個体が出る。仕方なく2006年は一部取り込み、残りはそのままコマツナギに放置した。9月になって庭で沢山の成虫が飛んでいた。これらは越冬せず、直ぐ絶えてしまった。

9月11日。

IMG_9450aa

IMG_9453aa

IMG_9454aa

IMG_9464aa

9月14日。♀は綺麗な固体が出たが、全て標本にすることはなかった。

IMG_9468aa

IMG_9474aa

IMG_9477aa

IMG_9479aa



rikezawa2 at 20:37コメント(0) 

2018年12月03日

2006年8月31日、草津の芳ヶ平。キベリタテハ。

IMG_9088aa

同日、桟敷林道のクジャクチョウ。

IMG_9072aa

8月29日、庭のクロアゲハ。

IMG_9004aa

9月3日、千葉県鴨川のハンミョウ。

IMG_9179aa

同、ハンミョウ。ハンミョウはこの頃三浦半島や群馬県内でも沢山見られた。

IMG_9184aa

同、チャバネセセリ。

IMG_9209aa



rikezawa2 at 20:22コメント(0) 

2018年12月02日

2006年7月28日の庭。ここに写ってる花などは今は全くない。

IMG_8304aa

7月はじめ頃モンゴルへ行ったとき、タデ科のダイオウの一種を食うベニシジミ(ダイオウベニシジミ)の卵を沢山採って来て、日本でギシギシで飼った。法に触れるかも知れないが、ちゃんと管理して逃がしたりはしない。外来生物をばらまく輩と一緒にして貰いたくはない。ただし日本では1ヶ月で成虫になってしまい、小型のものになる。

IMG_8447aa

8月21日にオオスカシバ。

IMG_8819aa

8月21日の庭のキマダラセセリ。この頃は3化まで出ていたような気がする。

IMG_8871aa



rikezawa2 at 21:43コメント(0) 

2018年10月29日

2006年7月29日、海ノ口付近。サカハチチョウ。

IMG_8372aa

フタスジチョウの発生地のシモツケ。ここではホシミスジはあまり居なかった。

IMG_8378aa

モウセンゴケもあった。

IMG_8376aa

7月30日には立場沢に入った。コムラサキ。ゼフィルスもいたが、高くて撮れなかった。

IMG_8416aa

沢で吸水するミスジチョウ。

IMG_8418aa



rikezawa2 at 17:47コメント(0) 
2006年7月29日、八ヶ岳高原での、「グループ多摩虫」続きです。この時期やや蝶には遅いのですが、色々な蝶が見られました。ウラジャノメはこの頃は八ヶ岳の東北麓・海ノ口では沢山の個体が見られました。この日では遅くて擦れでした。現在では別荘地とそこを通る広い道路で、産地はなくなってるでしょう。

IMG_8362aa


ヒョウモン類も沢山いて、メスグロヒョウモンが見られました。♂。

IMG_8354aa

同♀。

IMG_8361aa

ウラジャノメの産地のそばにフタスジチョウの多いところがありました。時期が何時も合わなくて沢山採った記憶はないのですが、無数に飛んでいました。今はウラジャノメと同じ運命を辿っていることでしょう。人間は勝手に蝶達の棲みかに入り込み、少なくなると、乱獲とか云ってるけど、別荘地は儲かるのでそんなこと構っていられないですよね・・

IMG_8367aa

この頃はコヒョウモンも多数見られた。

IMG_8368aa



rikezawa2 at 10:50コメント(0) 

2018年10月28日

2006年7月29日、「グループ多摩虫」の夏合宿で八ヶ岳付近の蝶を撮った。ヘリグロチャバネセセリ。この蝶は最近なかなかお目にかかれない。

IMG_8313aa

ベニモンマダラが多かった。

IMG_8340aa

同上。

IMG_8342aa

同じところでカラスシジミが居たが、もう時期が遅くボロだった。見たのはこの1頭のみ。

IMG_8345aa

同、スジボソヤマキチョウ。

IMG_8351aa



rikezawa2 at 22:04コメント(0) 

2018年10月27日

2006年7月27日の梨ヶ原はちょうどベニモンマダラの羽化時期で、沢山の成虫が見られました。これから羽化する蛹も沢山採ってきました。

IMG_8216aa

露地にはヒメシロチョウが多く、吸水していました。この頃は蝶も沢山いました。

IMG_8231aa


帰りに金川に寄ってクロツバメシジミを見て来ました。この頃から河原に降り難くなり、成虫も減って来たようでした。

IMG_8237aa

IMG_8239aajpg



rikezawa2 at 17:30コメント(0) 

2018年10月24日

2006年6月は今は見られない色々な蝶が来た。6月25日、キマダラセセリ。ここ数年見てない。

IMG_7460aa

同、ツバメシジミ。

IMG_7477aa

6月27日、スジグロシロチョウ。これはP.melete だろう。

IMG_7513aa

同、キマダラセセリ。

IMG_7495aa

同、アオスジアゲハ。

IMG_7501aa

6月29日、沢山のジャコウアゲハがオカトラノオに集まる。

IMG_7530aa



rikezawa2 at 22:33コメント(0) 

2018年10月23日

2006年頃は南佐久郡八千穂村(現南佐久郡佐久穂町)を八ヶ岳方面へ上って行くとヒメシジミ、ヒメシロチョウなどが沢山いた。今はメルヘン街道という名前がつき、別荘地も大きくなって蝶も少なくなってることでしょう。2006年6月18日・大石にて♂。

IMG_7392aa

同♀。

IMG_7405aa



rikezawa2 at 20:50コメント(0) 

2018年08月20日

2005年8月17日は午前中桟敷林道、午後は三国峠越えて湯沢町のかぐらスキー場へ。そこで沢山のベニヒカゲ、ヒョウモン類、そしてアサギマダラがヒヨドリバナに群れていた。

IMG_1991aa



rikezawa2 at 21:24コメント(0) 

2018年08月17日

2005年は8月16、17日と続けて嬬恋村桟敷林道へ行った。16日のベニヒカゲ。まだ新鮮なようである。

IMG_1988aa

同ベニヒカゲ。

IMG_1949aa

桟敷林道のキベリタテハ。

IMG_1951aa



rikezawa2 at 22:22コメント(0) 

2018年08月15日

2005年8月17日は群馬のベニヒカゲ、新潟のベニヒカゲを見に行った。群馬は嬬恋村のもので、新潟のものに較べると前後翅の眼状紋に違いがあるように見られる。

IMG_1975aa

新潟産は南魚沼のもので、嬬恋より発生は遅いと思われる。新鮮な個体が多かった。この2産地のものは同じ亜種、Erebia neriene niphonica とされる。

IMG_2001aa



rikezawa2 at 20:40コメント(0) 

2018年07月24日

2005年頃は長野県南牧村でもアサマシジミ、ヒメシジミ、ベニモンマダラ、ヒメシロチョウが多産していた。7月27日のベニモンマダラ。

IMG_1754aa

7月27日の海ノ口。あの頃はスジボソヤマキチョウが多かった。これは少ないが、集団吸水しているところに出くわすと、素晴らしい光景だ。あの鳩山邦夫の著書にも写真が載っている。

IMG_1772aa

7月27日の海ノ口のエルタテハ。

IMG_1780aa

7月29日。北軽井沢のホシミスジ。海ノ口でも榛名山でも北軽井沢でもホシミスジ、フタスジチョウは無数にいた。

IMG_1792aa

7月29日北軽井沢のキバネツノトンボの卵。

IMG_1796aa

7月31日の山梨県北冨士演習場(梨ヶ原)のベニモンマダラ。無数にいた。

IMG_1805aa

IMG_1818aa












rikezawa2 at 10:10コメント(0) 

2018年07月23日

2000年頃までは群馬県内でも多数のミヤマシジミ産地が残っていたが、2005年以降から急速にその姿を消した。最後まで確認されていたのは倉渕村(現高崎市)だったが、現在は見られないという。私は倉渕村の保護活動が始まってから(実際有効な保護活動をやったかどうかは疑問だが)、絶対に行かない。写真を撮りに行っただけで不法採取扱いを受けるからだ。それは群馬県内の派閥政治と同じことが起こっている。少数派排斥は呆れるくらい陰湿だ。2005年7月14日の倉渕のミヤマシジミ。

IMG_1802aa

この頃は小諸周辺、佐久周辺にはどこでもミヤマシジミの産地があった。現在はどうなってるか知らない。2005年7月7日佐久のミヤマシジミ。

IMG_1549aa

2005年7月14日の千曲川畔のミヤマシジミ。このころは幼虫も沢山採れた。

IMG_1645aa

IMG_1662aa

IMG_1664aa

海ノ口でも色々蝶が多かった。

IMG_1535aa



rikezawa2 at 10:07コメント(0) 

2018年07月18日

2005年頃は庭に大きなカラスザンショウやキハダがあって黒いアゲハが多かった。これは7月10日のミヤマカラスアゲハ。

IMG_1619aa

7月12日。庭にはブルーサルビアもあってダイミョウセセリ他色々蝶が来た。

IMG_1626aa

7月13日。ムラサキシキブに蛹化したカラスアゲハが羽化した。

IMG_1633aa



rikezawa2 at 20:20コメント(0) 

2018年06月27日

もう夏の蝶になってしまった。今年は早いので5月中には見られると思った蝶もなかなか見られなかった。
5月29日。ヒオドシチョウ。

IMG_4150aa

6月1日。モンキチョウの追尾。

IMG_4241aa

6月2日。スミナガシ春型。

IMG_4241_20180602ab

6月7日。ミズイロオナガシジミ。

IMG_4375aa

6月14日。アカシジミ。

IMG_4588aa

6月25日。ウラナミアカシジミ。

IMG_5086aa

6月26日。トラフシジミ夏型。

IMG_5200aa





rikezawa2 at 21:40コメント(0) 

2018年06月25日

更新しようと思っても画像がない。ブログに貼ったものをもう一回貼ります。今年は春先は早々と季節は進んだが、今頃になると種類、数共に例年より少ないと感じてる。あまり外に出てない所為かも知れないが、庭の蝶も同じ傾向。初夏というよりもう夏。
5月28日。オオミドリシジミ。

IMG_4050aa

5月28日。ウラギンシジミ。

IMG_4073aa

5月29日。ウラギンシジミの♂半開翅。

IMG_4105aa

5月29日。イチモンジセセリ。

IMG_4090aa

5月29日。ゴイシシジミ。

IMG_4114aa

5月19日。ニホンカモシカ。ここも高崎市内。

IMG_3687aa



rikezawa2 at 10:07コメント(0) 

2018年06月17日

5月19日、カラスアゲハ。

IMG_3712aa

5月22日、庭のアサマイチモンジ。

IMG_3798aa

5月25日、ルリシジミ。

IMG_3875aa

5月25日、ヒカゲチョウ。

IMG_3895aa

5月25日、ウラギンシジミ。

IMG_3896aa

5月25日、テングチョウ。

IMG_3899aa

5月27日、庭のオオスカシバ。

IMG_3951aa






rikezawa2 at 11:20コメント(0) 

2018年06月12日

5月11日。アサマイチモンジ。自宅庭にて。

IMG_3410aa

5月16日。アカボシゴマダラ、白い♀と普通型の♂。

IMG_3586

5月16日。上と同所でのスミナガシと春型の白いゴマダラ。

IMG_3589

5月16日。同じく白いアカボシ、白いゴマダラ、サトキマダラヒカゲ。

IMG_3601

5月18日。スミナガシ。

IMG_3633aa

5月18日。鏑川畔でのホソオチョウ♂の飛翔。

IMG_3662aa




rikezawa2 at 20:11コメント(0) 

2018年06月10日

4月20日。コジャノメ。何時もよりやや早い気がする。

IMG_2443aa

4月26日。コチャバネセセリ。

IMG_2785aa

5月1日。観音山でのナガサキアゲハ♀。

IMG_3082aa

5月4日。アオスジアゲハ。

IMG_3136aa

6月4日。クモガタヒョウモン。

IMG_3155aa

5月6日。ウラギンヒョウモン。

IMG_3262aa

4月21日。観音山のキツネ。観音山に動物園はありません。

IMG_2527aa




rikezawa2 at 19:32コメント(0) 

2017年09月06日

2010年8月10日の浅間山・池の平のベニヒカゲ。当日はあいにく天気が悪かったが夏の盛りの風景が見られた。

100810浅間山

池の平付近は全て採集禁止となっている。

IMG_2741aa

IMG_2743aa

IMG_2710aa

IMG_2705aa

IMG_2703aa

IMG_2699aa



rikezawa2 at 22:14コメント(0) 

2017年08月25日

昨日の写真はつまらなかったので、削除した。
群馬県では最後の棲息地になった高崎市のミヤマシジミ。今は10年くらい行ってないので知らない。♂は2005年7月29日。まだ沢山居た頃。

三の倉ミヤマ♂

同日の♀。

三の倉ミヤマ



rikezawa2 at 19:52コメント(0) 

2017年08月19日

7月24日

IMG_9152aa

IMG_9160aa

IMG_9167aa

IMG_9222aa

7月25日

IMG_9246aa

IMG_9247aa

IMG_9248aa

IMG_9258aa

IMG_9261aa

IMG_9266aa

7月30日

IMG_9404aa

IMG_9428aa

IMG_9430aa

IMG_9433aa

IMG_9438aa

7月31日

IMG_9492aa

IMG_9505aa

IMG_9510aa



rikezawa2 at 19:26コメント(0) 

2017年08月03日

2016年7月3日。オオチャバネセセリ。最近栃木では見なくなったという。高崎ではそういうことはない。

20160703

6月19日。ブッドレアに来たアオスジアゲハ。

20160629



rikezawa2 at 22:35コメント(0) 

2017年07月30日

2010年の今はあまり見られなくなった蝶を貼ります。
2010年6月22日・高崎市内、キアゲハ。今年は春先に見ただけでまだ見てない。

20100622キアゲハ

6月25日、ツバメシジミ。これも春先は見られたが、夏場は見てない。間もなく数は増えてくるだろう。

20100625

8月15日榛名山、ウラギンスジヒョウモン。これも以前は高崎(旧市街)でも沢山見られた。

20100815ウラギンスジ

8月21日嬬恋村・桟敷林道。ギンボシヒョウモン。この日はアサギマダラのマーキングだったが、幹事が経験不足で時期が遅く、あまり数がマーキング出来なかったのを憶えている。

20100821ギンボシ

9月17日、利根川河川敷。チャバネセセリ。2012年秋は多かった。それから環境がどんどん変わり、少なくなってしまった。減る蝶ではないのに・・

20100917チャバネ



rikezawa2 at 19:54コメント(0) 

2017年07月21日

今年(2017年)のオオムラサキ写真を貼ります。

P7150809aa

IMG_8793aa

IMG_8985aa

IMG_8980aa

IMG_8963aa

IMG_8622aa

IMG_8591aa

IMG_8589aa



rikezawa2 at 22:42コメント(0) 

2017年07月16日

2008年9月4日。クジャクチョウ。昔山梨県に単身赴任したとき、校外の荒地にこの幼虫が真っ黒になってかたまっていた。飼育するつもりでごっそり持ち帰ったが、ほとんど寄生ばかりだった。低地では6月頃には羽化する。

20080904クジャク

2008年同日に見たシータテハ。この蝶は6月頃越冬母蝶を採った(標高は低いが山奥)ので、高崎市内で採卵した。飼育したら、夏型と秋型が半々くらいで羽化した。

20080904シータ



rikezawa2 at 20:20コメント(0) 

2017年07月13日

2008年7月22日。高崎市内里山のオオミドリシジミ♀。越冬卵はどこでも見られるが、成虫はあまり見掛けない。♀は日中でも木陰を飛んでいるが、♂は早朝乱舞してることが多い。そういう時は撮れない。

20080722オオミドリ

同年6月30日。高崎市内、ミドリヒョウモン。少し前なら今頃オカトラノオに無数にいた。

20080630ミドリ

同年7月22日。これは自宅庭にあったカラスザンショウで育ち、羽化したばかりのもの。最近は大きなキハダも伐ってしまったし、カラスザンショウは全部伐採したので、ほとんど見られない。

20080727カラス5

同年6月23日、庭のムシトリナデシコに来たアゲハ。アゲハは近くに発生源(食樹)が多いので、良く見られる。クロアゲハも同じ。キアゲハ、オナガアゲハ、ミヤマカラスアゲハなどはほとんど見なくなった。

20080623アゲハ

同年8月20日、高崎市内里山のゴイシシジミ。これも最近確実に見られるという時期、場所はない。

20080820ゴイシ







rikezawa2 at 20:34コメント(0) 

2017年07月11日

2006年7月15日。高崎市のオオムラサキ。

20060715オオムラサキ

2008年8月3日。同じくオオムラサキ♀。

20080803オオムラサキ

2010年7月14日。ゴマダラチョウ。

20100724ゴマダラ

2016年7月10日、オオムラサキ。

20160710



rikezawa2 at 22:44コメント(0) 

2017年07月03日

2013年7月17日、湯の丸山下の地蔵峠で蝶の観察をした。今でもコヒョウモンモドキは沢山いるのかしら?

20130717

201307172

ミヤマシロチョウ

201307173

山名でのオオハンゴンソウにベニシジミ。

20130716



rikezawa2 at 22:47コメント(0) 
http://ikezawa.cocolog-nifty.com/blog/
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ