フル・サークルチラシ





皆様、こんにちは!!



厳しい冬もそろそろ過ぎて、日も少しずつ長くなり、蕾膨らみ
待望の春近し。皆様お元気ですか!?



どうかお元気でありますように。



更新のペース、上げようと思いながら、またまた1ヶ月、本当にすみません、これからは上げて行くぞっ!!



今回は、「ある馬」以来3年半振り、5月の舞台の御案内をさせて頂きます。





「 FULL CIRCLE 〜Belrin 1945〜」



1945年4月30日。



連合軍の集中爆撃を受け、瓦礫の山と化すベルリン。


脱走した一人の男。



残されたのは、最後の希望。



収容所内で誰かが囁いてくれた、ただひとつの希望。



『クーアフュルステンダムへ行け。


ブランデンブルグシュトラーセから2つ目の通り。


右手二軒目の3階の19号室。


ヴィルケ。オットー・ヴィルケ。


彼なら、助けてくれる。』



悲痛な出会い。



どこまでも追いかけてくる魔の手。



誰が生き延びるのか?


生き延びる事は出来るのか?


真実は明かされるのか?



正義は勝つのか?



ある事件を境に、一気に状況が逆転します。



次の瞬間、何が起きるか分からない。



どんでん返し連続のサスペンスです。





フル・サークルチラシ裏







初演は、なんと20年前。



僕は、最後に登場する将校の役でした。




今回は、キャスティング一新。無実の罪で逮捕され、決死の覚悟で脱出する主人公、エーリッヒ・ローデを演じます。




「西部戦線異状無し」、「凱旋門」で知られる、ドイツの巨匠、エーリッヒ・マリア・レマルクが残した唯一の戯曲。




アカデミー賞、トニー賞授賞作家、ピーター・ストーンが潤色。エンタテインメント性を大きくプラスしています。




一年前から準備を始め、いよいよチームで動き出しました!!





来る5月。


新宿東口、紀伊國屋ホールにて上演致します。


2006年、「罪と罰」のラスコーリニコフを演じたホールです。



「フル・サークル」


前売り開始は、3月31日。



詳細は、また改めてお知らせ致しますね。



皆様、何卒よろしくお願い申し上げます!!





ではでは皆様、また次回!!