2010年06月

『水無月は花菖蒲ですよ!!』

水無月は花菖蒲ですよ!


皆様こんにちは!!

6月も後半、夏至を過ぎました!!皆様お元気ですか!?今週も、お越しいただきまして誠に有難うございます!!

ええっとですねえ…、今年の始めに、携帯を変えたのですがね、酷使の為か、(充電しながら使っちゃ駄目なんですよねえ…!!)電池の減り具合が、随分と、滅多やたらに早くなりましてね、電池を交換したんですが、それでも、待ち受け状態で半日と持たない状況、いやいや、5,6時間でピンチになるような次第でございまして、案の定、制作中の文章も、ポヨ〜ンと、し、消去されてしまったり致しまして(ヒエーッ!!ひえ〜い、トホホ…。)、これはやはり、本体に支障があるに違いないという事で(あ、当たり前かっ。)、しゅ、修理に出さねばっ、という事で、そのように手続きを致しましたのですがね、か、カメラの画素数の良い代替機がですねえ、なかなか無いっ、出払っていて、すぐには渡せないっ、という状況でございまして、店長さんからの電話を待っておりまして、漸くの事、代替機が戻って来ましたよ、という事で、これから、しゅ、修理に出すように致しますっ!!

という事でございまして、またまた更新が遅くなりまして、申し訳ございません、はい!!

いつもいつも、たくさん頂戴致しますコメント、今週は久しぶりに、御返事させていただきますね!!

申し訳ない!!


「鯛釣草(たいつりそう)買ってきたばかりなんですよー。」と御仰る、ゆみこ様。ホント、可愛い花ですよねえ!!そうそう、僕もですねえ、サボテン、枯らしてしまった事ありますよ。み、水のやり過ぎでしたねえ。カラカラ、ほんと乾いてるくらいで良いんですね。カネノナルキやアロエ達は、少々ずぶ濡れになろうが、勿論、かんかん日照り乾燥であろうが、全然平気、大丈夫ですが、サボテンは、結構、デリケートみたいですね。サボテンの花の写真も、また掲載させていただきますね!!

これはサボテンの花ではありませんよ!?


「“RAINBOW、二舎六房の七人”の桜木六郎太、今週、アンチャンどうなるの?」って、心配してくださっていた、さと姫様。六郎太、嗚呼、とうとう、ああなってしまいましたあっ!!でもでも…、まだ出る回があるんですよ!!これからも六人を、一緒に、是非見守ってくださいませね!!RAINBOW、他にもたくさんの方々から、応援のメッセージを頂戴致しました!!有難うございました!!

アンチャンありがとう!!


「佐久田修さん、“星雲仮面マシンマン”演じられた方ですよね!!」と教えてくださった、フェーザー様。「霞のジョーとマシンマンのツーショット!!」とコメントくださった、神雷様。そ、そうだったんですか!?あ、あの、マシンマンって、僕、知らないんです。今度、佐久田さんに聞いときます!!佐久田さん、本当に温かい人柄、優しい笑顔、周りの人を幸せにする魅力を持った、素敵な先輩です!!

プリプリ君、大活躍で、「山椒、消滅しました。」と御仰る、なお様。「パセリは茎だけ、山椒もスッカラカン。」と御仰る、ごめ様。Oh!!やっぱりねえ!!嬉しいけれど大変です!!僕は、今年、柑橘系の鉢植え、購入していません。彼等の食用に購入するのも可愛そうだし、かと言って、彼等が居ないのも寂しいし…、嗚呼、どうしましょうかね!?

「家の玄関に燕が巣を作ってくれていて、賑やかで嬉しい!!」と教えてくださったのは、ヨゼフ様。そうそう、燕は、人家や人通りの多いところに巣を作りますよねえ!!カラスから、子供達を守る為ですよね!!昔、旅公演に行った先々で、市民会館や県民ホールの、大道具搬入口の大扉の真上に、巣を作っているのを、よく見ました!!なんて健気で賢いんでしょう!!先月、『刀語(かたながたり)』や『メジャー』の収録スタジオの最寄り駅の改札口にも、燕の巣、親子を発見しましたよ!!ついつい、ポケーっと口開けて、ついついジイッと、暫し暫し長時間、見つめておりました!!

燕の巣作りは大変だ!


「最近、洋画の吹き替えで、あまり声を聴かないので寂しい。…デンゼル・ワシントンの“悪魔を憐れむ歌”観ました!!」とコメントくださった、佳南様。…そうなんです。アニメも大好きですが、レギュラーでスケジュールが決まっていると、外画の吹き替えとの出会いが少なくなる、という嬉しい悲鳴。この夏からのスターチャンネル、楽しみになさってくださいね!!(か、加入していただかねばなりませんが…、はいっ!!)

デンゼル・ワシントンは、大好きな俳優です!!もう、10本以上の映画を吹き替えさせていただいてます!!印象深いのは、『クリムゾン・タイド』、『戦火の勇気』、『ボーン・コレクター』、『ジョンQ』。いずれもテレビ版です。初めて吹き替えたのは、DVD版の『マーシャル・ロー』。これはまだ、テレビでは、吹き替えのオンエアは、ないんではないでしょうかねえ!?チャレンジしてみたいです!!そうそう、DVD版では、彼の初監督作品『アントワン・フィッシャー〜君の帰る場所〜』も、吹き替えさせていただきました!!デンゼル・ワシントンさんの魅力につきましては、またお話させていただきますね!!

吹替えも宜しくお願いします!


「言葉を相手に伝える仕事をしています。瞬時に言葉を選び組み立てて、気を使っていますが、うまく伝わらない事もあります。自分のブログも、何度も何度も読み直します。」と御仰る、ピロピロ様。僕も、全く同じ思いでいます。気遣いが、迷惑な事もあるでしょう。でも、無神経な言葉は、人の心を深く深く傷付けます。言葉って、本当に難しい。でもでも、これほど素晴らしい叡知はありません!!僕も修行中です。頑張りましょうね!!

言葉にできない・・・


「原付に乗っているので、もしもの怪我を防ぐために、ジャケットを着ています。」と御仰る、ナンテコッタイ様。僕も、京都時代、立命館時代は、何処へ行くにも原付、夏も冬も、土砂降りの雨でも、かっぱ着て原付きでした!!東京へ来てからも、調布から横浜の八景島のロケ現場まで、原付で往復した事もありました。(と、途中で、ガス欠で、大変やったですが…!!)原付は便利ですけど、本当に本当に気をつけてくださいね!!僕も、何度もヒヤッとしました。どうぞ慎重に、安全に、車に気をつけてくださいませ!!

雨の日はマンホールに気をつけろ!!


「“BLEACH”で、声を聞きましたー!!」とコメントくださった、扇子様。スターク、収録完了致しましたよ!!大塚明夫さんとは、バトーVSクゼ、ホークVS鷹村、に続いての3度目の“対決”でした!!いやあ、楽しかった!!終わった後の、明夫さんの笑顔、握手、スタッフの皆さんの笑顔が嬉しかった!!オンエア、お楽しみになさってくださいね!!

「“ワンダフル・ワールド”のトークイベント、参加させていただきました!!」と御仰る、トミー様。「第2部、行ってきました!!」とコメントくださった、Kyo様。有難うございました!!浪川監督、ホントに緊張してました!!ホントに頑張りました!!彼だからこそ出来た作品だと思います。どうぞ御覧くださいませ!!宜しくお願い申し上げます!!

他にも、いつもいつも本当に有難うございます!!いつも嬉しく拝読しています!!この夏も不順な天候ですが、どうぞお気をつけて、健康でお過ごしくださいね!!僕も、頑張ってまいりますっ!!

ではでは皆様、また来週!!

映画『ワンダフル・ワールド』先行上映会&トークイベント!!

トークイベント後、皆さんと


皆様こんにちは!!

昼間は、すっかり夏模様!!ジャケット着てると暑いくらい、衿首摘んで肩に掛けても、腕に掛けても、肩が暑いし腕が暑いし、ジャケットに染みが付くのは嫌だしで、汗かきの僕にとりましては、結構、気を遣う季節、でもでも、暑いの大好き、嬉しいなあ、であります!!

皆様お元気ですか!?今週も、お越しいただきまして有難うございます!!

さてさて、上の写真、あの浪川大輔君、初監督作品、映画『ワンダフル・ワールド』いよいよ完成、そしてそして、いよいよ公開間近、という事で、先日の日曜日、ところは京急蒲田駅から程近く、大田区産業プラザPiOにて行われました、映画『ワンダフルワールド』特別企画・公開まで待てない!プレミアム先行上映会&トークイベント!!に出演してまいりました!!

写真左から、僕、浪川大輔監督、ミュージシャンの夢人さん、平田裕香さん、宮野真守君、藤原啓治君、上原歩さん、そして山寺宏一さん、であります!!

昨年末に撮影終了、年明けから浪川君、多忙の中、編集作業に没頭、そしてそして音響には、僕もいろいろお世話になっている、あの名ディレクターが特別参加なさって、漸く作業全て終了、無事完成致しましたよ、この作品、今月19日の公開を前に、特別先行上映と相成りました!!

午前、午後、2回の上映とも、座席数1000が一気に満席、ぎっしり満員のお客様、嬉しい限り、本当に有難うございました!!

1回目の上映の後と2回目めの上映の前、それぞれにトークイベントがありまして、撮影秘話やら感想やら、よもやま話、あれこれいろいろ話させていただきました!!

1回目には、杉田智和君と、森久保祥太郎君も参加、2回目に、山寺宏一先輩が特別参加なさいました!!

僕は、物語の最初と最後に登場する医師の役、特にラストでは、緊急救命治療のシーンがありましてね、実は、そこが、やや心配の種でありました。あの『ER』で、リアリティ溢れる迫力の救命治療シーンを見続け、アテレコし続けて来た僕にとりましては、物語のクライマックスとも言える大事な部分が、あからさまにチープになりはしないか、嘘になりはしないか、些か懸念しておりました。しかししかし、いやあいやあ、ハンディカムによる揺れ、スピード感、スタッフの見事な連係プレイ、カット割りの絶妙さで、なかなかリアルなシーンになったなあと、試写を観て、安堵した次第、短いシーンではありますが、まずまずの迫力、演って良かった、監督、スタッフに感謝感謝です!!

そうそう、看護師役で共演してくださった大浦冬華さんは、本当にナースの経験がお有りで、撮影の際も、的確な台詞、専門用語、その言い方、距離、身体の向き、角度等々、アドバイスしてくださり、本当に助かりました!!大浦さん有難うね!!

サインさせて頂きました!


こちらは、ポスターの特別バージョン!!こんなふうに、三、四人ずつ、役者毎に、大判のポスターを何種類か作っていただきました!!サインさせていただきましたよ!!

そうそう、上映会の後は、山寺先輩に誘っていただいて、浪川監督始め何人かでカンパイ!!山寺さんは、普段から本当に楽しい方、話題の豊富な方、素晴らしい先輩なんです!!みんなで、飲んで食べて笑って、楽しい時間を過ごしました!!

映画『ワンダフル・ワールド』何卒宜しくお願い申し上げます!!(ぼ、僕の出番は、少しなんですけどね…、仲間がね、たくさんたくさん活躍しておりますっ!!)

門脇舞以さん、ありがとう!


こちらは、『フェイトゼロ・ラジオマテリアル』第33回、ゲストはイリヤスフィール役、門脇舞以さん!!
フェイトに出演する前から、ニトロプラス作品の大ファンだったという門脇さん、その思い、いろいろいっぱい語っていただきました!!
これは、舞以ちゃんのブログ用に撮っていただいた写真です!!掲載させていただきました、有難うね!!

背の高い立葵であります!


夏の香りは、すぐそこまで!!この鮮やかな紅は、もうもう早くも、人間よりも背の高い立葵!!
この花も大好き、切り花用に持って帰りたい!!(い、いえいえ、よ、よそのお花は、は、拝見するだけですっ!!)

それでは皆様、また来週!!

『細川家の至宝〜珠玉の永青文庫コレクション〜!!』

細川家の至宝!


皆様こんにちは!!

6月に入って、やっとの事、本当に漸くの事、初夏の陽射し、爽やかな風が、東京にも、やってまいりましたね!!先月は、春らしい、麗らかなお天気が、なかなかなかったものですから、正に待望、いやいや既に、夏日の日もあって、強い太陽、紫外線に注意、しかししかし、風は柔らかく、散歩には最適、外出も心晴れ晴れ、歩くの大好き、心も足も弾みます!!

皆様、お元気ですか!?今週も、お越しいただきまして有難うございます!!

さてさて、いつもいつも、開催期間ぎりぎり、駆け込みセーフの国立博物館、『細川家の至宝、特別展〜珠玉の永青文庫コレクション〜』へ、行ってまいりました!!

以前の阿修羅様の展示会等々に比べると、人混みは、それほどでもなく、並ばずに、すんなり入館出来ました!!どんな出会いが待っているか、もうもう興味津々、さてさて…!!

旧熊本藩、細川家に代々伝わる文化財の数々、それらを保存し、後生に伝えようと、16代細川護立さんによって、1950年(昭和25年)に設立された、永青文庫。 仏像、武具、馬具、絵画、衣装、茶道具、その他諸々、いろいろあって、期待した以上の素晴らしさ、賑やかさ!!その中でも、今回、特に魅せられた、心惹かれたのはですね…!!

刀、でした!!

短刀『無銘正宗(名物庖丁正宗)』…只々、その美しさに絶句、鍛えた鋼の光沢と冴え、とてもとても、14世紀の作なんて思えません、今、仕上がったばかりのような、刃の稜線、その艶やかさ、吸い込まれそうな世界に、暫し、息を呑みました!!実は僕は、刀なんて怖くて、今まであまり、じっくり観る勇気なんてなかったのですが、こんなに美しいなんて…、全身、惹き付けられました!!刀なんてねえ、恐かったのに!!

“妖刀、ひとたび川面に浸さば、流れ来る落葉も両断せし。その比類無き、業の冴え。しかし正宗、ひとたび川面に浸さば、落葉、須らく、これを除け流れ行く。之則ち、戦わずして勝つ也。”

そんなような事を、昔読んだ覚えがあります。もし、記憶、解釈が違っていたら、すみません。でもでも、そんな事思い出し、それが信じられる美しさ、神秘さ、気高さでした!!

この正宗は、庖丁と冠される短刀でしたが、長刀で、やはり強烈に惹かれた刀は…。

『金象嵌銘光忠、光徳(花押)生駒讃岐守所持(生駒光忠)』…こちらには、確かに、金色で“生駒讃岐守”の文字が。やはりやはり、あまりに美しく、二度三度と繰り返し歩み寄り、暫し茫然、見取れました!!その、紋様、精緻なる曲線、まるで、雲の中に吸い込まれるような心持ち、自分がその中に溶け入ってしまいそうな感覚、日常の瑣末を忘れさせてしまう、不思議な魅力!!か、刀なんて、怖かったのにねえ…!!

その他にも、素晴らしい出会いが様々!!景徳鎮窯の品々、特に、釉薬を、何度も何度も、繰り返し繰り返し掛けたという、小さな朱肉入れ!!えもいわれぬ優しい紅と深い緑のハーモニーに、周りの方からも「まあっ、綺麗ねえ〜!!」の声が!!ひとつ、手に取って、いつまでも眺めていたい、感触を確かめていたい、そんな愛おしさの募る色合い、形!!

そんな思いで、広い部屋を行ったり来たり、ぐるぐるグルグル廻って、次の部屋へ、そこでそこで、今回、最高の出会いが待っていましたよ!!

菱田春草、六曲一双屏風『落葉』!!

1909年作、高さ156.4?、幅364?に広がる、冬木立。苔むした落葉樹の幹、無数の落ち葉、地面にいる鳥、枝に留まる鳥、手前には若い常緑、静謐なる空間、けれど、命が躍動しています!!全体の絶妙のバランス、一つ一つ、微細な、精密な描写、そして大胆な省略…。何一つ無駄がない、という贅沢、何一つ、命通わぬものがない、という充実感!!落葉さえ、分解され、地面に染み込み、或いは風に吹かれ、人に運ばれ、新たな場所で養分となって、来たる春の命を支える…。春草さんの、命に寄せる想い、生命への憧憬が感じられて、それが大迫力で、でもでも、押し付けがましくなく、しっかり、しっとりと感じられて、いつまでも、いつまでも、見つめていました!!

もしも…、もしも自分の家に、大きな大きなリビングがあったら…、テラスへ通じる、大きな大きな硝子をガラリと開けて、外の空気をスウッと吸い込んで…、部屋の中央にドカンと置いたこの絵を前に、ソファにゆったり、ゆっくり寛いで、挽きたて煎れたて、美味しいコーヒーの香りを愉しみながら、日がな一日、この『落葉』を眺めて過ごしたいなあ…!!そんなふうに思いました。(れ、レンタルしてくれないかなあ、いくら払えば良いかなあ、…む、無理か、ムリですよねえ!?)

自然な美


上野のお山には、こんな自然の美も、あったりしまして、あったかエネルギー、しっかり充填、また、新たな仕事に向かいますっ!!

我が家のアマリリス


そしてそして、これは、我が家のアマリリス、今年もこんな、愛くるしい大輪、去年も御紹介致しましたよねえ、あれから一年、月日の経つのも早い速い、一日一日を大切にしなければ…!!

上品な薔薇


こちらは、艶やか鮮やか、でもでも慎ましやか、落ち着いた、上品な色合いの薔薇!!道々で、こんな美人さんと出会います!!なんとも良い季節であります!!

皆様も、爽やかな風、匂い、風景…、身近な素敵な出会い、感動、たくさんたくさん味わってくださいませ!!御報告頂ければ、また拝読致しますっ!!

ではでは皆様、また来週!!

『久しぶりの、吹き替え新作テレビシリーズですよ!!』

少佐!!



皆様こんにちは!!

こ、今回も、更新遅くなりまして、本当に申し訳ありませんっ。何度もアクセスしてくださる方、まだかいなあと、お待ちいただいている皆様、本当にすみませんです。今週も、お越しくださいまして誠に有難うございます!!

さてさて、上の写真は、新しく始まりましたよ、テレビシリーズ、その収録スタジオにて、あっちゃん田中敦子さんです!!

壮大な歴史絵巻がスタート致しましたよ!!苛酷な運命に翻弄され、何度も何度も地獄の淵に叩き落とされながらも、不屈の闘志で立ち上がり、復讐を遂げようという男の物語!!…こう書きますと、なんだか、以前御紹介致しました『燃ゆる呉越』の越王勾践みたいですが、今度はですねえ、ところは、ぐぐっと西へ参りまして、あの大帝国が支配するお話、でございます!!

人間が人間を、“もの言う道具”として扱い、虐げ、弄び、すき放題に使い捨てにした時代、快楽主義に走る支配層の犠牲にされた“人間”が、自由を求めて…という大作!!吹き替えキャストも、賑やかにダイナミックに、ドドーンとお届け致します!!詳細は、またまた後々、お知らせ致しますね!!(ね、ネタバレ注意っ!!フライング注意っ!!…これくらいなら、大丈夫、ですよねえ!?)

さてさて、ええっと、あっちゃんと言えば、ですね、やはりブログを開いていらっしゃいまして、僕もちょくちょく、載せていただいているのですがね、この新作テレビシリーズの、第一回の吹き替え収録でお会いしました際にね、

「ねえねえ、りきちゃん、最近は、蝶々は、どうなってるの!?」

と御仰いましたのでね、

「はいはい、いやあいやあ、実は、実はね、これこれ斯く斯く然々でございましてね…!!」

と、前回、ここでお話しました通りをお伝えし、また写真をお見せ致しましたらね、

「うわあ、綺麗!!ねえねえ、素敵よねえ、これ送って!!」

と、御仰いましたのでね、

「はいはい、いやあいやあ、すぐに送りますよ、はい!!」

という事でねえ、すぐにスタジオの外へ飛び出しまして、すぐに写メールしたんですね、はい!!

で、敦子さん、僕の黒揚羽くんの写真を、御自身のブログに掲載してくださったんです!!それでですね、そのブログの文章に、

『来週は、一緒に写真を撮らせていただいちゃおうかなっ』

と、書いてくださったんですが…、

あの、あっちゃんは、“僕と一緒に写真を撮る”、というおつもりで書いてくださったのですがね、それがそれが、なんとなんと、…あっちゃんが、“蝶々と一緒に写真を撮る”、というふうに誤解なさったファンの方がいらしたそうで、つまり、あっちゃんが、“小山の家に遊びに来る!!”、というふうにお考えになったらしいんですよ、はい!!

敦子さんは、ウフフと笑って御仰いましたが、いやあいやあ、びっくり致しました!!……まさかまさか、そんな事はございませんよ、はい!!世の田中敦子ファンの皆様、御安心くださいませ。遊びに来ていただくには、あまりに物凄い、散らかり様、乱雑の極みを呈しておりますので、とてもとても、お招き出来る状況ではございません。…い、いや、そういう事ではなくてですね、あの、蝶々とのツーショットではなくて、僕との“スタジオでの”ツーショット写真を、お互い掲載させていただきます、はい!!(あ〜、びっくりした。)

そうそう、蝶々と言えば、あれからまた黒揚羽蝶が、1頭羽化致しまして、(これで、今年4頭め!!)元気に飛び立ちました!!しかししかし、最近の天候不順、甚だしい事、相変わらず、夕方からは激しい雨、ちょっとばかり蝶々心配、頑張って生き抜いてくれよおっ!!

素晴らしいお方!



さてさて、今回のシリーズ、他にも、ベテラン、実力者がテンコ盛りなんです!!こちらは佐久田修さん!!たくさんの映画、テレビで御活躍、吹き替えでも『ロスト・ワールド』、『刑事ナッシュ・ブリッジス』、『CSI:ニューヨーク』et cetera、et cetera…、僕も、多数御一緒させていただきましたが、今回は本当に久しぶり!!誠実、実直、心暖か、笑顔も暖か、素晴らしい先輩です!!

たくさんの仲間と共に、頑張ってまいります!!

ではでは皆様、また来週っ!!

ブラプリ飛翔!

声優グランプリwebへ

Profile
小山力也
小山力也
12月18日生まれ。劇団俳優座所属。主な出演作はアニメ『名探偵コナン』(毛利小五郎)、『Fate/Zero』(衛宮切嗣)、『絶園のテンペスト』(鎖部左門)、『はじめの一歩』(鷹村守)、『ブラック・ブレット』(蛭子景胤)、海外ドラマ『24』(ジャック・バウアー)、『ER‐緊急救命室‐』(ダグ・ロス ジョージ・クルーニー)、ほか多数。
ケータイからも読める!
QRコード
!ご注意!
※当ブログのコメント・トラックバック欄は【承認制】です。

管理人の承認後に反映されるため、反映までしばらく時間がかかります。

また、記事に相応しくないと管理人が判断した場合、削除させて頂く事があります。ご了承下さい。

※ブログに掲載されているすべての素材は無断使用・無断転載・無断配布を禁止します。