2010年12月

『2010年も、お世話になりました!!』

盗聴探偵です!



皆様こんにちは!!

今年も残すところ、あと僅かとなりました。 お天気荒れ模様だそうで、心配ですが、どうぞ穏やかな、ゆく年くる年でありますように。

皆様お元気ですか!?お越しいただきまして、有難うございます!!

さあてさてさて、本年最後の更新は、あの『盗聴探偵物語』、新作収録のお話からですよ!!

「俺の名前は瀬良亮介。しがない探偵さ。とある事件がきっかけで、長年勤めてきた刑事をやめて、このしょぼくれた雑居ビルに看板を掲げて、もう4年になる。相棒は、かつて不良どもに絡まれていたのを、助けてやった事がきっかけで転がり込んで来た、機械オタクの女子大生、森下ありさ。それと…、いつの間にか居座り始めた猫、マーロー。…おっと、今日も奴が俺を呼んでるぜ。何せ奴は、決まって俺の前で立ち止まっちまうんでね。仕方ねぇな。えっ?奴って誰かって?そりゃ…、事件って奴さ。」

というわけでございまして、盗聴探偵物語、その第5話、第6話を収録致しました!!

写真の面々は、今回のキャスト、そして僕の後ろでサムアップしてくださっているのが、脚本も御担当の長嶺正俊監督です。 映像が御専門の長嶺監督。アフレコ現場でも「すみません、お邪魔でしょうが…。」と御仰りながら、スタジオ内に常時スタンバイなさいます。

普通なら、スタジオの後ろ、大きなガラスの向こうの調整室の中央にディレクター席があるのですが、「いつも役者と共に居たい。同じ空気を吸っていたい。」長嶺監督は、スタジオ内で肉声で、「用意、スタート!!」。作品を愛し、現場を愛するからこその独特のこだわりで、チームを引っ張り、またみんなの集中力も高まります。

今回も、駄洒落満載、推理満載のクライムコメディー。皆様、どうぞよろしくお願い致します!!

そうそう、上の集合写真は、森下ありさ役の秋山莉奈さんが、赤外線通信してくださいました。 僕の携帯だと何故か、天井からの光の加減でハレイションを起こしてしまうため、困っていましたら、莉奈さんが、 「力也さん、赤外線で送りましょうか?」 「い、いえ、僕、やり方分からないんですよ。」 「じゃあ、ちょっと貸してみてください。」 と、ピピッとパパッと、何やら操作、あれあれ、あっという間に送信完了(べ、便利なんやなあ…。)有難うございました!! 〜〜





N&K


そしてそして、変わりまして、こちらは前回も少しお話致しました、ジャンフェスでございます!!
ちょうど、マイ・バースデーに行われました、ぴえろブースでの『NARUTOステージ』、その終了直後の控え室にいらっしゃったのは、ナルト君とカカシ先輩!!


皆さん一緒に!


記念写真の為に、わざわざ来てくださいました!!海外でも、その動きが大評判のスーツアクターさん達、アニメから飛び出してきたような見事なポーズが、バッチリ決まります!!何処から撮っても絵になる、そのアクション、スピード、位置取り、そしてポーズ!!お疲れのところ、ホントに有難うございました!!

そうそう、NARUTO、来年からは、ヤマトの出番、ふ、増えそうでっすよ!!(よ、よかったでっす、ハイ。)


美味しかったです!


さてさて、NARUTOステージでも御祝いしていただきましたが、コナンの収録現場でも、皆さんからのサプライズで、バースデーケーキ、頂戴致しました!!

綺麗にカットしていただいて、美味しくいただきました。そうそう、後ろの紙袋は、みなみさんからいただきました、汗かきの僕の為に、Burberryのタオル地のハンカチ!!(お、俺の汗拭くには勿体ないなあ。な、なんかお返し、せんとなあ…。)
有難うございました!!





せつじ君です!


そしてそして、ところ変わりまして、こちらは、『ウィズアウト ア トレイス〜FBI 失踪者を追え〜』の収録現場!!

「力也さ〜ん、写真撮りましょうよ!!」 と言ってきてくれたのは、『スポットライト』で、我がオ・テソクの後輩記者を演じてくれた、佐藤せつじ君!!剽軽な性格と独特のテンションを生かして、舞台や吹き替えで御活躍、普段も楽しい、お酒の席では更に楽しい、いつも楽しい、せつじ君です!!

FBIシリーズも、早や第6シーズンの収録大詰め、今回は、なかなかに、いやいやかなりの、いやいや相当に、波乱、波瀾、波瀾万丈の展開でした。年明けには、打ち上げパーティーの予定です。我等がボス、あおい輝彦さんも、楽しみにしてくださっています!!その時は、また改めて御報告致しますね!!





新作です!!


そしてそして、こちらはっ…!!

来年春の『名探偵コナン』新作映画!!

もうもう、ずっと前から、スタッフは準備に奔走、企画、脚本、ロケハン、様々に進め進めて、ここまで来ました!!もうもうすでに、アフレコの日程も出ています!!来年は、更にさらに盛り上がるよう、皆みな渾身の力を結集致します!!


さあさあ、来年は卯歳、うさぎ歳、僕の干支、ますます張り切って参ります!! 秋には“馬"も控えています。そちらの準備も着々です。皆様何卒よろしくお願い申し上げます!!

ではでは、どうぞどうぞ、皆様御元気で、平和で、明るく楽しく、よいお歳を!!

皆様、また次回!!

『キーファー・サザーランドさんにお会いしましたよ!!』

御対面が叶いました!

皆様こんにちは!!

早や、冬至も過ぎましたね。今年もいろいろ、出会い様々、想い様々。皆様、お元気でいらっしゃいますか!?

お越しいただきまして有難うございます!!

さてさて、テレビを御覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、先日、『24』ファイナルシーズンのキャンペーンと、ファン感謝祭の為に来日した、キーファー・サザーランド氏との、御対面が叶いました!!

都内、とあるホテル、49階のスイートにて、お会い致しました!!

「小山さんにインタビュアーをやっていただけませんか!?」

そんな電話が事務所に入ったのは、いつの事でしたか。

「ええっ!?そ、それは、えらいこっちゃ!!何、聞いたらええんやろか!?」

「何でも、質問事項は局側が考えますから、それをそのまま言えば良いみたいですけど。」と、我が事務所スタッフ。

「お、おかしな質問やったら、失礼やしなあ…。」

「その辺は、取捨選択出来るようにしましょう。」

「けど、バラエティ色、豊かやったら、なんか仕掛け、やらされたりするんかなあ!?」

などなど、オロオロしておりましたらね、

「あの、総合ディレクターの意向で、別にインタビュアーを起てるから、小山さんは、途中からゲストとして登場して欲しい、との事ですよ。」

という次第で、当日、現場へ向かいました!!(良かった、ヨカッタ。)

さてさて、このホテル、メインロビィが45階でしてね、そこに辿り着くまでが、一苦労。キーファーさんも、前日、六本木で迷子になった由、僕も、まさか六本木で迷うとは(た、建物の中で)…。

ロビィ行きのエレベーターを、見つけるまでが大変でしてね、なんとかやっとかディスカバリー、そして、上がれば別世界!!グランドピアノに大テーブル、広〜いカフェで打ち合わせ。

「是非、小山さんからも、ジャックの声で質問を!!」

「そ、そんなん、失礼やないですか!?む、無理です!!」

「いえいえ、この中から選んでください、是非、吹き替えの声で!!」 (こ、断れへん…。なんとかごまかそ…。)

そんなこんなで、いよいよ49階へ。

今日はですねえ、沢山のクルーが、入れ替わり立ち替わりの取材でしてね、各クルーに与えられた時間は、きっかり15分という、きっちりカッチリルール!!

僕等が控室に着いて、しばらくしてから、前のクルーがタイムアップ。女子アナウンサーが、興奮した面持ちで、インタビュールームから出て来ました。(この局は、この日の深夜、インタビューの模様を吹き替えさせていただきましたよ!!なんとアナウンサーさん、キーファーさんに、ハグしてもらってた由。)と、そこへ…。

キーファーさんが、暫し休憩、パウダールームへ移動の為、こちらへやって来ました。目の前を通り過ぎました!!

「うわあ、御人形さんみたいに綺麗やなあ、カッコイイなあ!!」

画面で観るより、ずっと背が高く、そしてスラッと細くて、スマート!!そしてやっぱり、彫りが深いっ、顔の横幅は細く、縦幅は深いフカイっ!!

一瞬通り過ぎて…。

その間に、我々が、位置決め、大急ぎ。座り位置、カメラの位置、セッティング、セッティング。

スタッフが、1枚のボードを取り出しました。

『I need you right now!!』

と、大きく書かれています。これをキーファー・サザーランド氏に言って戴いて、僕が『君の力が必要なんだ!!』と、すかさず叫ぶ、という仕掛け、ですが…。

「ジャック・バウアーとしてではなく、キーファー・サザーランドとして、インタビューには答えますので、台詞はNG。」と、あちら側のスタッフから、通達、つうたつっ!!

「そりゃそうだ、失礼ですものねえ。」

と、そこへ、キーファーさんがスタンバイ。僕に会うのを、大変楽しみにしてくださっていた由、「君の事は知っている。君の仕事には、大変感謝している。会えて嬉しいよ。」と、いうような意味合いの事を御仰りながら(た、多分、間違うてへんと思います、ハイ!!)、握手してくださいましたよ!!

僕は、暫し、画面から外れた位置でスタンバイ、インタビュアーさんの招き入れで登場、またキーファーさんと握手しながら画面にイン!!

インタビュアーさんから盛んに質問が飛びます。(なにしろリミットは15分!!)僕はフンフン頷きながら聞いていました。

「では、小山さんからも是非何か!?」と、インタビュアーさん。

「そ、そうですか…、では、あの…、長い間、ジャック・バウアーを演じてらっしゃいますが、普段の生活の中で、ジャックのような仕種、行動をしてしまう様な事は、ありますか?」

(と、指定された中から、苦し紛れの質問を致しましたら…。)

「いや、それはないですね。僕は俳優だから、カメラの前で演技するのが仕事で、プライベートに、それを持ち込む事はありません。」

(と、そのように答えてらしたと思います、はい!!)

そ、そらそうだよねえ、当然ですよねえ、し、失礼しましたっ。

その他、覚えた日本語はありますか?という質問には、

「僕はフランス語を話すし、ドイツ語も、ある程度は話せるんだけれど…、」と御仰りながら、(そ、そんなにしゃべれるんですか、す、スゴイなあ!!)

「おはようございます、ありがとう、カンパイ!!」

と、日本語で答えてくださいました。(Oh、小山もカンパイ大好きですよ、有難うございます!!)

それから、「今、夢中になっている事は、ありますか!?」という質問には…、

「僕はスポーツが好きで、特に、これからの季節はスキーだね。それから音楽も好きで、よくギターを弾くよ。それに模型を作るのも大好きなんだ!!」

と、答えてくださいました。

そんなこんなで、和やかにインタビューは進み、そしてそして…、

キーファーさん、突然…!!

「君のジャックを、聴かせてくれないか?」み、みたいな事を御仰ったと思ったら…!?

突然!!

『Drop the weapon!!』

み、みたいな事をですねえ、早口でシャウトなさいまして、

「さあ、君も。」み、みたいに促されましてね、それで小山も…、

『銃を捨てろ!!』と演りましたら、「OK、ブラボー!!ハハハハハ!!」

と、手を叩いて喜んでくださいまして、そんな事が二、三度も続きまして、予想外の事にスタッフもびっくり、会場中、ワアっと盛り上がりまして、キーファーさんサービス満点、大変大変、貴重な、楽しい時間を過ごさせていただきました!!

別れ際も、また握手してくださいまして、

「君の仕事には、本当に感謝しているよ。有難う。」

と、御自身のハートを指差しながら御仰いまして、こっちは感激。

「お会い出来て光栄でした。僕にとっても、一生忘れられない大事な仕事、大きな大きなキャリアになりました。貴方の事を尊敬しています。」

と、何とかかんとか、片言寄せ集め、ブロークンイングリッシュで申しました。

束の間、けれど素晴らしい出会いに、心から感謝…。

キーファーさん、有難うございました。

深まる年の瀬、夜はイルミネーションが街を彩ります。今宵は、昼間の余韻に浸りつつ、カンパイ!!

教会です


さてさて、ところ変わりまして、こちらは都内の教会。あるチャリティーコンサートにお誘いいただいて、拝聴してまいりました。

賛美歌、ポピュラー、そしてクリスマスソング…、多彩な歌、おもてなしの様々な工夫、客席との気さくなやり取り、休憩のタイミングも絶妙、プログラムも絶妙、その後のちょっとした衣装替えも愉快で、あっという間の2時間でした。終演後、「嗚呼、楽しかったあ!!」との声が、あちこちから聞こえてきました。

『想いが溢れて言葉になる。言葉が溢れて歌になる。そんなふうに演じなさい。』

そんなふうに教えられた事があります。歌う喜び、聴く喜び、同じ時間と空間を共有する喜び…。ステージと客席との心の距離の近い、そんな素敵なコンサートでした。

こんなふうに、明るく楽しく、温かく演りたい。またひとつ勉強させていただきました!!

深まる年の瀬、皆様、素敵なクリスマスを!!

ではでは皆様、また次回!!

『第180回更新は、私の生まれた日でございます!!』

ウルヴァリンですよ!


皆様こんにちは!!

お越しいただきまして、誠に有難うございます!!

『力也の気持ち』、繋ぎ繋ぎまして、紡ぎ紡ぎまして、180回でございます!!ひとえに二重に、いつも御覧頂いている皆様のおかげ、誠に真に有難うございます!!この日に合わせ、ちょっと無理矢理、頑張り更新、何卒御覧くださいませっ!!

さてさて、こちらは先日、16日に行われました、新作アニメーション『ウルヴァリン』完成披露試写会、その会場の大スクリーン!!一緒にポーズしてくれているのは、俳優の鈴木亮平さんです!!

この『ウルヴァリン』の、放送直前特別番組にて、ナビゲーターを務めてくださった鈴木さん。長身清烈、ストイックで礼儀正しいナイスガイ!!自らを“スズヴァリン"と称し、番組を全面的にバックアップ、盛り上げてくださってます!!声優にも是非チャレンジしたいと御仰っていました。お互い、ブログ用にという事で、ツーショット、声を掛けてくださいましたよ!!(ぼ、僕の顎が隠れてますけど、ウルヴァリンの顎も隠れてるから、ま、まあ良いか…。取り敢えず、地明かりのステージ写真も載せときますねっ!!)

ここです。


さてさて、ええっと、この特別番組は、来たる12月24日の金曜日、クリスマスイヴの夜、22時よりオンエア!!そしてアニメ本編はですねえ、年明けの2011年1月7日の金曜日、こちらも夜、22時より、世界初放送、でございます!!アニマックスにて、どうぞ皆様、御覧くださいませっ!!

パーティー!


そしてそして、こちらはっ、あの日比谷の老舗ホテル、キアヌ・リーブスさんが、クリーニングを絶賛なさった、有名ホテルの大広間、こちらで行われました、小学館さんの大パーティー、もうもう大変な人出、人出、御招待戴きまして、駆け付けました次第、人も沢山なら、お料理も沢山たくさん、一口鰻丼に、エビチリ丼、勿論、握り寿司に、そして麺類、そうそうオードブル、甘味、いやいや何より紅白ワイン、ハイボウル、おっと忘れちゃならない生ビール、ええっと、ブランデー…は、無かったかな!?あったなかな!?あったら飲みたかったな…、おっとっと、本末転倒、御挨拶ご挨拶、し、失礼致しましたっ…!!

サンタ


エントランスでは、大きな大きなツリーと、そしてそして、こおんな立派なサンタさんが、お出迎えしてくださいます!!ホワイトX’mas、ホワイトサンタクロース!!

今年はお世話になりました


そんなホワイトなサンタクロースさんの前で、みなみさんとパチリです!!

いろいろなところでお世話になっている方々、最近よくお目に掛かる方々、久しぶりにお会い出来た方々、いろいろな、思いがけない出会いも様々、ちょっとお酒が入りますと、小心者も、ちょっとしっかり(…したつもり!!)、になりまして、あんまり、物おじせずに御挨拶、師走節目の御挨拶、あの、あだち充先生や高橋留美子先生とも、丸1年振りに御挨拶させて戴きました!!

そしてそして、二次会では、青山剛昌先生と、ゆっくりお話させていただきました!!気さくで、誰にでも暖かく声をお掛けになる先生、今年もお世話になりました。来年も何卒よろしくお願い申し上げます!!

未公開が遂に!


ではでは、それからそれから、お話は変わりまして、こちらは『松嶋×町山 未公開映画を観る本』!!

『未公開映画を観るTV』が、本になりました!!

TOKYO MXTVで毎週金曜23時30分から24時30分、放送中の『未公開映画を観るTV』、先月半ばからは、1作品1コインで全編順次WEB公開されておりますが、オンエアされた中からの選りすぐり、ドカッと過激で、ウヒャーっと面白い作品を集めましての単行本化、でございます!!

怱々たる作品群、例えばですねえ、『ジーザス・キャンプ〜アメリカを動かすキリスト教原理主義〜』、『ビン・ラディンを探せ〜スパーロックがテロ最前線に突撃〜』、『フロム・イーブル〜バチカンを震撼させた悪魔の神父〜』、『ステロイド合衆国〜スポーツ大国の副作用〜』、『フロウ〜水が大企業に独占される〜』、『金正日花/キムジョンギリア〜脱北者が語る収容所国家の真実〜』、『クルード〜アマゾンの原油流出パニック〜』、『イエスメン〜大資本と戦うお笑いテロリスト〜』、『マックスト・アウト〜カード地獄USA〜』、『スーパー・ハイ・ミー〜30日間吸いまくり人体実験〜』、Et cetera、et cetera…。

とまあ、こんな具合にですねえ、どれもこれも興味津々、へぇ〜っ、そうなの、で、どうなんの!?、うわっ、ほんまかいな!!、えぇ〜っ、そんなあ、これはなんとしても解決せねば、その為には、世界の人々に知ってもらわなければ!!そう思わせる渾身の映画ばかりなのであります!!

未公開映画プロジェクトは、さらに進化!!来たる12月25日(土)から来年1月10日(月・祝)まで『リアル!!未公開映画祭』が渋谷アップリンクにて開催決定!!更にさらに、全国劇場で順次開催!!という事ですよ、はい!!

とわいらいと


トワイライトの空、こちらからは、『ウルヴァリン』試写会の映画館が見えますよ!!

隊長ケーキ!


そしてそして!!こちらはこちらは!!

たった今、出演してまいりました、ジャンフェス!!

NARUTOのイベントで、竹内順子さん、そしてお客様に大合唱して祝っていただきました!!

なんと見事なヤマトのバースデーケーキ!!有難うございます!!

皆様、これからも何卒よろしくお願い申し上げます!!

ではでは皆様っ、また次回!!

またまた『ER』、収録全て終了!!

ノリちゃんです


ノリちゃんです!!



皆様こんにちは!!

師走初旬の東京は穏やか、暖かいですねえ、皆様のお近くは如何でしょうか!?地球温暖化は、大変深刻な問題ですが、寒さ苦手の僕にとりましては、小春日和は有難いっす。(ま、まだストーブ、買い換えてへんし…。)皆様、お越しいただきまして誠に有難うございます!!

さてさて、上の写真は、『ER』、いよいよ最期の最後の、つまり最新の収録現場にて、番組開始当初からの盟友、井上倫宏氏、ノリちゃんであります!!

この日は、ER特別編の収録(ま、またまた、ネタバレ、ちゅ、注意っ!!)がありましてね、懐かしいメンバー、オリジナルメンバー、そして新しいメンバーが集まりました。

マーク・グリーン役の井上倫宏(ノリちゃん)、キャロル・ハサウェイ役の野沢由香里(ユカリさん)、ジョン・カーター役の平田広明(ヒラリン)、ピーター・ベントン役の大塚明夫(アキオさん)、ケリー・ウィーバー役の小宮和枝(カズエねえさん)、そしてルカ・コバッチュ役のてらそままさき(テラさん)、ニーラ・ラスゴートラ役の甲斐田裕子(カイーダ)、ヘレエ役の真山亜子(アコさん)、マリク役の松本大(ダイさん)の諸氏、そして僕、であります。

15年間に及ぶ、懐かしいシーン、鮮烈な出来事、斗い、愛、葛藤、思い出、ひとつひとつに込められた想い…。吹き替えるこちら側にも、様々去来致します。スタジオでの出来事、その時の顔、顔、顔…。皆で集まった事、話した事、笑った事、様々…。

この回の吹き替えキャストは、なんとなんと、67人!!勿論、全て録り直したわけではありませんよ。しかししかし、

「折角、集まったんだから、此処と此処と此処、それから、此処と此処と此処も、録り直そう!!」

という事で、相当数、また新たに録音致しました!!

小宮和枝さんです


小宮和枝さんです!!ダグ・ロスのスタンドプレイを厳しく糾弾した、ケリー・ウィーバー。しかし彼女自身も、自己に厳しく、チーム全体の事を常に考え、日々激務を全うし、悩み苦しみ、様々なハードルをクリアしていきました。吹き替えの世界では大先輩、ザ・職人、プライベートでは気さくで明るく、そして日本酒がお気に入り、カズエねえさんの背中を見て、沢山たくさん学びました。フルマラソン出場に備えて、朝一番でトレーニングの後、ERの収録に臨む、なんて離れ業も、当時、平気で熟していたスポーツウーマンでもあります!!

高久孝雄さんです


こちらは、ER15年間、我々吹き替えキャストの音声を拾い調整し続けてくれた、名ミキサー、高久孝雄さんです!!あの佐藤敏夫ディレクターが、絶大なる信用を寄せ、ERの高速、そしてあちこちで同時に喋る白熱のシーンを、殆ど同時に、一気に本番で録ってしまう高久さん!!別録りするのは、院内アナウンスの声とか、電話の音声とか、無線の声とか、要するに加工の必要な声だけ、あの臨場感を最大限発揮するため、テスト、本テス、そして本番、敏夫さんの「じゃあ、行きます!!」から「はい、どうも!!」まで、高久さんの指は、まるでビアニストの如く、マシンの上で躍動します!!ER吹き替えの迫力は、佐藤敏夫さんの演出力と、そして、この高久さんの集中力と技術力なくしては、決して生まれなかったものなんです!!

可愛いお嬢ちゃんの優しいパパでもある高久さん、以前は帰る方向が同じでしたから、よくタクシーで一緒に帰りましたよねえ。車中で演技の話になったりして、運転手さんから「いやあ、大変な仕事なさってるんですねえ。」なんて言われたりして、恐縮したもんです。またゆっくり、ゆったり 、飲んで話しましょうねえ!!

さてさて、我がダグラス・ロスも、懐かしい懐かしい、あの第1話や、それからそれから、いよいよシカゴカウンティを去る回まで、はたまた『地獄からの脱出』の回ですとか、Et cetera、et cetera…、一体どこを録り直しましたでしょうか!?、皆様、是非ぜひ聴き比べて、当ててみてくださいませね!!



握手会にて


さてさて、ではでは、こちらはですねえ、『NARUTO・Tシャツコレクション』握手会の際、スタッフに撮って戴いた写真でございます。先日、送信して戴きました、有難うございました!!そうそう、ジャンフェス、ピエロブースでのイベントは、もうすぐ(マイ・バースデイどす)!!

CXや〜!


こちらは、雲一つ無い晴天飄々、お台場フジテレビ。SMAP×SMAPに出演なさった、キーファー・サザーランド氏のボイスオーバーで参りました!!

どこでしょう?


こちらはですねえ、『はじめの一歩』、『RAINBOW』、それから今は『ウルヴァリン』でお世話になっているスタジオのエントランス、こんな可愛いデコレーションで迎えてくれてます!!

年の瀬、X’mas、あちこち華やか、気忙しくも賑やか、華やぐ季節で、宴もいろいろ、しかししかし健康第一、皆様、体調に注意して、元気で行きましょうねえ!!

ではでは皆様、また次回!!

『NEOROMANCE Starlight Xmas 2010!!』

ホワイトツリー


ホワイトツリーでお出迎えですよ!!

皆様こんにちは!!

強い雨と風が去って、関東地方は穏やかな初冬、皆様、如何お過ごしですか!?お越しいただきまして、誠に有難うございます!!

さてさて、パシフィコ横浜にて開催されました『ネオロマンス・スターライトクリスマス・2010』、僕は、5日の日曜日に出演させていただきました!!

今回は、アットホームなパーティーへのお出迎え、とのコンセプト。どんな衣装にしましょうか、いろいろ考えていたのですがね、先日、あるお芝居を観に行った時にですね、その劇場はデパートの上層階にありまして、開演前にプラプラしておりましたらね、レザーのロングコートが、目に飛び込んで参りました!!


「おおっ、これ、ええなあ!!…けど、高いやろうなあ!?」

「如何ですか!?今年は、もうセールに入っておりまして、こちらの商品は、3割引にさせていただいております。」

「ええっ、ほんまですかっ!?」

「当店のカードは、お持ちでいらっしゃいますか?」

「い、いえ、持ってません…。」

「新しくお作りいただけましたら、本日から、会員様の特典サービスが御利用いただけまして、更に10パーセント割引にさせていただきます。」

「ええ〜っ、ほ、ほんま、ですかあっ!?」

「よろしかったら、どうぞ、御試着だけでも。」

「あ、…はいっ。」


スリムフィットサイズ、袖丈、肩幅、裄丈、… バッチリどす!!


「サイズも、丁度よろしいですねえ。」

「…あの、これから、上の階の劇場に行きますので…、こちら、終演後でも大丈夫でしょうかねえ…!?」

「本日、〇〇時まで営業しております。どうぞお越しください。お待ちしております。」


と…、いう次第でございましてね、これも御縁っ、買いましたあっ!!

買いましたあっ!


イベント当日、昼の部のオープニングで着用する事に致しました!!

もう少し、大写しにしようと、もう1枚、撮影してましたらね…。

後ろに。。。


井上和彦先輩が、しっかりちゃっかり、おとぼけモードでイン、してくださいました!!

さてさて、ネオロマには、フェスタ、アラモード、ライヴ、そしてクリスマス、Et cetera、et cetera…、いろいろございまして、それぞれ特色があるんですね。例えば、アラモードといいますのは、客席を巻き込んでのゲーム、合唱、踊り等々、バラエティー色が強いのですが、なかでも取って置きは、『愛のメッセージコーナー』。予め指定された“お題"と“決め台詞"をそれぞれ無作為にチョイス致しまして、その“お題"、つまりシチュエーションで、即興でドラマを作り、“決め台詞"で締める!!という、なかなかハードルの高いコーナーなんですが、今回のクリスマスにもありましたよ、ハードルの非常に高いコーナー!!

『キャンドル・トーク』と申しまして、やはり、指定された台詞から始まりまして、とある台詞、例えば、「目を見てごらん」とか「手をかして」とか、そんな台詞から、後は、やはり即興でストーリーを展開し、良きところで締める、というものなんです!!

表現者としての腕の見せ所、みんな「苦手だあ」とか「キツイなあ」なんて言いながら、ハッスルハッスル、大いに盛り上がりました!!なかでもやはり、賢雄先輩、和彦先輩の巧みさは流石でした!!

こんな感じに


夜の部は、こんな感じに致しました。シルバーグレーのジャケットは、また別の日に、ブーツカットのパンツを求めて入った店で、

「こんなのもありますよ、ひとつ合わせてみましょうか!?」

と、勧められたもの。(感じの良い店員さんに、さりげなく勧められると、よ、弱いっす!!)

近藤隆君です


こちらは開演直前、楽屋の風景、近藤隆君です。近藤君は、夜の部は、黒の毛皮付きフワフワのコートを着用、ドレッシー&ゴージャス、そしてキャラクターの歌も初披露、ブラボーでした!!

お互い撮りっこ


いつものように、お互い撮りっこ、和彦先輩と平川大輔君です!!みんなお馴染みのメンバー、気心知れてます!!

バースデーケーキをいただきました


嬉しく楽しく、勿論しっかり、無事ステージ終了!!打ち上げパーティーのサプライズ、12月生まれのキャストに、バースデーケーキをいただきました!!スタッフのお一人、女子の〇〇さんも、今月お誕生日でしたが、 奥ゆかしく?カードに名前は載せてありませんっ。すかさず夕夜ちゃんが、彼女を引っ張って来て、皆に御紹介!!GOOD JOBでした!!

今回も沢山たくさんの暖かいお客様、熱い声援、本当に有難うございました!!


イカ娘特製の“お煎餅


変わりまして、こちらは、あの『侵略イカ娘』の収録終了!!この日の出演者全員に花束と、そしてイカ娘特製の、“お煎餅"頂戴致しました!!

1枚ずつ綺麗にラッピングされていました。タイトル入りに、イカちゃん大好物の海老はイカスミ仕上げ、そして意味深?な“祝・第二期"の文字!!そう、タイトルこそイカめしいですが、実は、ほんわか、ほのぼの、ゆったりアニメ。僕の役“海の家・南風の親父"も、ちょっと熱苦しいけれど、ちょっくら優しく空回りの、仄々キャラでした!!

さてさて、巷は忘年会、宴会シーズンの真っ最中、皆様、ぱあっと楽しく、そして程々に(お、俺もやっ!!)

ではでは皆様、また次回!!

劇団四季『スルース』




こちらです!



皆様こんにちは!!

誠に真に早いもので、2010年も12月、早や、師走でありますが…、

今回はですね、先月に観劇致しました、お芝居のお話をさせていただきますね。

上の写真は、劇団四季のストレートプレイ、『スルース(探偵)』のポスター。これがですねえ、ある日ある時、目に飛び込んで参りましたっ!!

これを目にしたのは、まだ10月。スタジオからスタジオに向かう移動の最中、JR恵比寿駅を、あくせくアクセク、あたふたアタフタと、小走りに移動しておりました最中にですねえ、あっ、あれっ、あれえ!?…。

「か、要さんやないか、これ…!?」

上のポスターの中段、髭の男性、我が劇団の先輩でありました、志村要さんが、ど〜んとアップで写っているではありませんかっ!!

「うわっ、うわうわっ、か、カナメさんが、ポスターになってるっ!!…四季の中で抜きん出るのは大変な事やろうに、か、カナメさん、いやいや凄い、こりゃあ大したもんだ、いやあ良かったなあ、カナメさん!!」

僕が知らなかっただけかもしれませんが、ポスターに大写しの要さんは、これが初めての発見。(ひょっとして、もっと前からあったのかなあ?)

志村要さんは桐朋学園の、そして俳優座の先輩でして、僕は、多数共演させていただきました。

『門〜わが愛〜』、『フルサークル』、『メフィスト』、『我らが祖国の為に』、そして『罪の罰』…。

僕が初めて台詞のある役を戴いた、加藤剛先輩主演の『門〜』再々演は、もう20年近く前になります。それ以来、旅公演も含め、要さんとは、何度も同じ舞台に立たせていただきました。2006年の『罪と罰』では、ルージンを演じていただきました。その後、要さんは、劇団四季の舞台で活躍、ほとんど休む間もなく、ストレートプレイの主軸として活躍していらっしゃいるとは聞いていましたが、ポスターになるとは、これはこれはホントびっくり、いやあ要さん、偉いえらいっ!!後日、六本木の駅の階段でも発見致しました!!

「えらいこっちゃ、こ、これは観に行かんと、なんとしても、行かんとなあ!!ようし!!」

時間をやり繰り致しまして、それからしばらく致しまして、出かけましたよ!!

お天気でした


劇団四季、自由劇場、であります。浜松町から歩いて行けます。ちょうど良いお天気、ぷらぷら歩いてすぐに着きました。

御覧のような外観、まるでロンドンにあるような、いやいやニューベリーとか、ちょっとのんびりとした、優雅な小都市の石畳が似合うような、そんなお洒落なエントランスです。

そして演目は…、

『スルース(探偵)』。

ある推理作家と、その妻の愛人とが繰り広げるゲームの数々、騙し騙され、虚々実々、一体結末はどうなるんだ!?、というサスペンスです。

ですので…、

中身は、…言えませんっ!!いろいろネタバレすれすれ、いろいろフライングぎりぎり、そんなそんな『力也の気持ち』ではありますが、これはこれは、ホントに言えませんっ!!(言うたら怒られるっ…。)

あの『アマデウス』の作家、ピーター・シェーファーの双子のお兄さん、アンソニー・シェーファー作の戯曲、ロンドン、そしてニューヨークでもロングラン、映画化もされ、72年には、あのローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインが、2007年には、やはりマイケルケイン(きっと、愛人から作家に、役が変わったのかな?)とジュード・ロウで(この時の監督はケネス・ブラナー!!)製作された、という名作です。

四季でも何年振りかの再演、行った日も満員、要さん、良い席を有難うございました。2時間強、殆ど出ずっぱり、膨大な台詞、動き、段取り、心理の彩、大きな振り幅、大変な役、明瞭な滑舌、貫禄で演じた要先輩、お見事でした。お疲れ様でした!!

終演後、久しぶりにお会いしました。

「いやあいやあ、お疲れさんでした。カナメさん、もう看板ですねえ、スターですねえ!!」

「なに言ってんだよ」、力也、よく声、聞いてるよ。

「お、それはそれは、有難うございます。」

来たるお正月には、京都にて公演が控えています。5月から、殆ど休み無しで舞台、稽古、また舞台という要さん、体調に気をつけて、行って来て下さいねえ。誠実、実直、そしてユーモアのセンスもたっぷりの志村先輩、元気で御活躍を!!京都のお客様も魅了して来て下さい。

見えますか〜


竹芝桟橋まで、ぷらぷら歩いて、ほんのり潮風、遠くにスカイツリーが霞んでいます。(ま、まん真ん中ですよぉ、見えますかあ!?)

ええっと、ここで皆様にお知らせがございます。



来たる12月18日(ぼ、僕の生まれた日でございます。)の土曜日。

時間は11時から11時40分まで。

幕張メッセ国際展示場 展示ホール6 36-A ジャンプフェスタ2011 ぴえろブースにて。

『NARUTO〜ナルト〜疾風伝』のトークイベントがございますっ!!

新規アフレコによるパロディー映像も御披露っ!!『2010年のNARUTOを振り返る』をテーマに、(た、多分、底抜けに脱線すると思いますが…。)トークを繰り広げますよ!!

出演は、うずまきナルト役の竹内順子さんと、ヤマト役の私、こ、小山力也、の二人、であります!!

夏のサンシャインのり、リベンジっ、を果たすべく、精一杯頑張ります!!(い、如何、相成りますか…。)

どうぞ皆様、多数お越しくださいませ。お待ちしております!!



暖かでございます


夕刻のレインボーブリッジ。今日は暖か、心地好いっ!!

宝石のようです


トワイライト過ぎて、辺りが暗くなると、夜空に宝石のように、ブローチのように、浮かび上がります。も、もうすぐ、クリスマスどすなあ!!

皆様、また次回!!



PS:コナン600回!!

先日、アニメ『名探偵コナン』が第600回の収録を迎えました!!放送は、なんとなんと、12月18日ですよ!!

こんなところにも御縁を感じてしまいます。有難うございます。皆様、お楽しみにっ!!
声優グランプリwebへ

Profile
小山力也
小山力也
12月18日生まれ。劇団俳優座所属。主な出演作はアニメ『名探偵コナン』(毛利小五郎)、『Fate/Zero』(衛宮切嗣)、『絶園のテンペスト』(鎖部左門)、『はじめの一歩』(鷹村守)、『ブラック・ブレット』(蛭子景胤)、海外ドラマ『24』(ジャック・バウアー)、『ER‐緊急救命室‐』(ダグ・ロス ジョージ・クルーニー)、ほか多数。
ケータイからも読める!
QRコード
!ご注意!
※当ブログのコメント・トラックバック欄は【承認制】です。

管理人の承認後に反映されるため、反映までしばらく時間がかかります。

また、記事に相応しくないと管理人が判断した場合、削除させて頂く事があります。ご了承下さい。

※ブログに掲載されているすべての素材は無断使用・無断転載・無断配布を禁止します。