1廃墟を散歩するようになって、
行きたくてもどうしても見つかられなかった物件がありました。
]換マンション(散歩済み)なんと親戚の姉ちゃんち近所でした。
伊豆のジェイソン村(散歩済み)他の物件を散歩中偶然見つけました。
K山荘
こののK山荘なんですがネットにも詳しい情報が無く伊豆にあることはわかっていたので、
ゼンリンの地図とグーグルマップを見ながらどん着きになる伊豆の道を片っ端から探しましたが見つけることができませんでした。
そんなある日「伊豆マイスター」を名乗る方から場所の情報を頂き、
さっそくゼンリンの地図で確認すると確かにのってます。
今までなんで気がつかなかったんだろうと思いましたが、
ふもとには沢山の旅館の廃墟があったのでそっちに目が行ってしまいスルーしてしまったようです。
思っていたよりも近所にありました。

2ある企業の保養所として建てられましたが、
あまりに山奥のためクルマで行けず索道(運搬用ロープウェイ)で資材を運んで建てられたそうです。






3これですね索道支柱、
これでここがK山荘への道だということがわかります。







4って言ってもほとんど階段は土砂に埋まってしまっています。








5やっとまともな階段になりました、
ってことはもうすぐですね。
ちなみに「ほぼ登山」です。






6ここが索道の終点です、
思っていたよりゴンドラは小さかったです。







7やっとたどり着きました、
ここがどうしても来たかったK山荘です。







8ワタシ普段は絶対内部には入らないのですが、
この写真だけはどうしても撮りたかったんです。
無秩序に織りなすベニアカーテン、
廃墟冥利に尽きます。





9ここは研修棟でしょうか、
そこそこ大きい物件です。







10この別棟の中にも
ベニアカーテンがあるのですが、
さっきで満足してしまったので入りませんでした。






11なんと!
こんな山奥なのに立派な25mプールがありました、
入ったら出てこれなさそうですけどね、 今は・・・。






12まだ建物がありましたが、
暑さと疲れと狂ったようなセミの鳴き声で疲れてしまいました。

J−GAS
http://www.j-gas.co.jp/
facebookはこちら
http://www.facebook.com/profile.php?id=100003026301630&sk