六羽のうさぎ

s-DSC_0168
装蹄師の高橋さんとは去年の11月以来2度目の対面のシェリー、最初は怯え気味でしたけれど
匂いの記憶が甦ったのか、間もなく落ち着き、納得を深めるかのようにクンクン丁寧に確認していました。

馬は人の心を鏡写しに読み取ると言われますけれど、全く納得させられる教えです。
優しく真摯な人柄を動物としての本能で嗅ぎ判けているのでしょう。

s-DSC_0179
腰に下げる道具一式の重さに加えて常に中腰姿勢、ポニーの小ささは余計にきつくはないでしょうか。

s-DSC_0191
不思議なリズムの口笛で彼女のストレスを和らげながら手早く終了、爪を切るというデリケートなことを極めて短時間で終えるのは技術が確実な証です。

s-DSC_0187
ヤスリで仕上げ四肢の均衡を調節して頂き春のネイルサロンおしまい♡♡

s-DSC_0202
春の楽しみのひとつ、山菜。
家の周辺だけでも充分に楽しめます。今日はフキノトウの蕾を小房に分けて
薄い衣の天ぷらに。

s-DSC_0204
お皿にアップリケの様、カワイイ・オイシイ春限定の一皿です。
山菜の風味だけは人工的には創れないように思えます。こんなに純度の高い食材ってあるかしら・・。
季節の息吹が躰に浸み入ります。
s-DSC_0211
綺麗なヤチブキは、本名(笑)をエゾノリュウキンカ。素敵な響き。さらっと茹でてオリーブオイルと
お醤油を垂らしていただきます。ん~ん!馥郁と春のアロマが。

s-DSC_0227
シソの葉の甘みそ巻みたいですけれど 笑。。。。ヨモギも摘んで白玉で捏ねて。
お団子をハサミでザクザクにカットして、
バターで焼いてきな粉といっしょに。ザク切りのいい加減さでも美味しいのは素材が良いからなのでしょう。
大地のエネルギーをたくさん取り込んで、私にも新芽が出そうです 笑々。

s-DSC_0216
作りたい衝動が沸き上がり作ってみました、バッグの初作品。
『いいんだっけ?これで』と、主人は笑いますけれど良いんです 笑。
工作風の大自己満足バッグは内ポケットをたくさん付けて、軽い皮で。
タノシカッタ!

 野山が少しづつ華やかになり周辺の牧草地をトラクターが駆ける季節になりました。
厳冬期を耐えた針葉樹は緑を一層に深め、葉を落としていた白樺にも早緑の新芽がつき始めました。こうなってきますと漸く山桜も花をつけだし、初夏が隣り合わせでいることを知らせてくれています。

原野に暮らしておりますと、ときおり信じ難い奇跡のような光景を目にすることがあります。
先日も二階の窓から森の様子を眺めていましたらパッタンパッタンピョンコピョンコと六羽の野兎が、
一列になって行進しながら牧草地へ。練習済みの様に全員でビタッと止まり全員で日向ぼっこ。
可愛すぎます、六花の丘に6羽のうさぎ。

思わず階下の主人にも声をかけ、そのお伽噺のような光景を二人で暫し眺めておりました。

不調の波にのみ込まれかけた去年の春から一年が過ぎてのこの時間には感慨深いものもありましたけれども、
良くも悪くも昨日が在っての今日という思いに着地させてくれた野兎御一行様でした。
















人間ってタイヘン

s-DSC_0138













兄とペーターは、



s-DSC_0133













なにやら密談中・・。



s-DSC_0124













こちら弟くん、
清らか。


s-DSC_0109













元気に、



s-DSC_0115













軽やかに、



s-DSC_0114













朝の運動。



s-DSC_0122













そして、
ひとやすみの箱入り娘。


s-DSC_0106

















こんもりとたっぷりと。
季節の仕業に感心します。
しばし見上げていました。



 夜半から吹き始めた強い風音に目が覚めて結局は明け方までうつらうつら。眠ることを諦めてゆっくりと起き上がり強風のままの外に目をやると少し驚く景色が。

半年ぶりに家の周囲に地面が現れていました、雪は一夜のうちに吹き融かされたのでしょう。
春まだ浅くとも春は春なのですね、この時期の風の力には意志のようなものを感じてしまいます。
予報によりますと、あと数回、寒の戻りもあるようですけれど厳冬期の比でもなさそうで、ここまできたならサラッとやり過ごせそう。

多くの人たちが新たな時間を迎える時期ですけれど、先日、知人から『まいにち なにしてるの❔』と、不思議な質問をいただきました 笑。
カフェを閉じ専業主夫&主婦な生活なのですけれど、職業を持たない=社会的肩書がない=暇そう、の様な三位一体な観察眼が生まれるのでしょうか。

私が出会った外国の方々は母親の年齢を知らない方ばかりで、女性の年齢はトップシークレット、ましてや過ごし方の詳細を訊ねる・・ん~・・とても日本的だと思ってしまいます。

若者が職業を持たずに自分探しの旅で研鑽を積む、なんていうことが許されない不自由な時代になっていたことを何年かぶりに認識させられた出来事でした。非正規という肩書の若い方達は生きづらい世の中でしょうね。

アニマルズのお世話をしながら日々思います、動物は賢くてシンプル、人間だけが色々なことをわざわざ難しくして生きている。

知人の不思議な質問に、『忙しくて時間がたりないの』
と、回答しましたなら『なんで?』
と、さらなる不思議の応酬が。 笑





寄り添う言葉

s-DSC_0006













冬がはりきっています。

薪小屋もシェリーのパドックも猛雪に覆われる日が続きます。

s-DSC_9992

















s-DSC_0001

















s-DSC_0003













ヤギ兄弟の窓に発生した霜アート。
漉いた和紙様の趣き、なんとも不思議で綺麗。
さすがに零下20度ともなるとヒーター暖房ではおいつきませんね、ここ数日は綺麗が続いたままです。


 
 よく降り、よく冷え込み本当によく吹雪くこの冬です。
二月もあと10日あまり、三月には寒さもぐんと落ち着くことでしょう。

なにかと厳しい二月ですけれど、私は偶数月がなんとはなく好きで二月もまんざらでもありません。
この月を乗りきった先に春への足掛かりのような三月が待っている、そんな嬉しさを内包した一と月だからかもしれません。

カフェを閉じて数ヶ月、好きな仕事を手放してみて判る事が多々あるものですね、少し落ち着いて自分を俯瞰する時間ができました。
穏やかに過ぎる日々の中、自分の中に在る未開拓部分を掘り起こしたい贅沢な願望が芽吹き始めました。
それが何かは未だ解りませんけれど。

先日のこと、ふと手にした本の中にガンジーの言葉がふたつ、
『善きことはカタツムリのようにゆっくりすすむ』
『明日死ぬかのように生きよ 永遠に生きるかのように学べ』と。

ぼんやりな私には崇高過ぎますし対極にある言葉なのですけれども、心にピタッと寄り添い離れません。

焦らずに、浮足立たずに・・熟慮しつつ・・と、ふたつの言葉を解釈したものの私に最も欠落している三点セット、さてさて攻略できるでしょうか。

厳冬のさなかではありますけれど夜明けが早まり夕刻の陽は長くなりました。
夜更けにキッチンから眺める月の冴え冴えしさも穏やかになった気がします。
行きつ戻りつの反復運動を繰り返しながら、少しづつ確実に季節が進んでいるようです。

s-DSC_0023

















s-DSC_0057

















s-DSC_0019

















s-DSC_0082

















s-DSC_0062




 

ヤギとシューベルト

s-DSC_9981





















コークスストーブの煙突にできた煤まじりのツララ。
琥珀の原石のようで微妙に美しい。
冷え切った造形の中に温かさがみえます。

原野の小さな家に薪とコークスの煙突がスックと2本、どれほど寒がりな住人ナノデショ  笑々。

指一本どころか声掛けひとつで事が済む時代になってしまいましたけれど、アナログ族の私は薪を運びコークスを運び、暮らしの中に火が在りそれを絶やさぬ為の作業がある。これが幸せ。





s-DSC_9985

















s-DSC_9986

















s-DSC_9987













友人に教わった写真絵本。
ロバ好きの私はトロトロにとろけそう。
地中海の柔らかな風を感じる素敵な写真と、何といってもベンとスージーの愛らしさはこのうえもなく。

日に何度となくページをめくります。


s-DSC_9988

















 一日の始まりはヤギ兄弟の寝室掃除から。
おふたりさんに朝の挨拶(頬ずりの強要☺)をしてラジオのスイッチをカチッっと。
FMから心地良いクラシックが流れます、今朝は私の好きなシューベルトの歌曲『冬の旅』でした。

ヤギたちと一緒に聴くそれは何故かしら、キッチンで洗い物をしながら聴くのとは別な満ち足りた感覚に包まれた時間でした。

うまく説明ができませんけれど、その不思議な感覚の所以は、種族を超えての共感・共鳴だったからのように思えます。シューベルトの流れるあいだ、兄弟はいつにも増して穏やかな表情で反芻し、その音楽を心地よく受け止めている様子でしたもの。

動物たちとの暮らしは教えられる事ばかりで人間の傲慢さに我ながら呆れる場面ばかりです。
『聴くものにただ深遠な問いをなげかける』といわれる冬の旅をヤギ兄弟と聴きながら、ただただ幸せと感じる時間でした。例えるとしましたなら、佳い絵本に出逢った時のような・・心の中の喧騒を一切忘れてあたたかなものに包まれる、そんな感覚。

この一年という時間に感謝をしつつ、私たち夫婦に心を寄せて下さる皆さまにどうかあたたかな時間が流れる新たな一年でありますようにと願う暮れの一日です。














幸せな疲れ

s-DSC_9899












DSC_9750













シェリーとの散歩から一日が始まります。 些細な事に驚き暴走してしまうので気は抜けませんけれど、明けたての一日が至福の時間から始まる事に感謝をしつつ、青草の残る草地をポコポコ・てくてく。


s-DSC_9914













 ナニカ? と、たっくん。

寝起きはいつも鼻の周りが汚れ気味。それもカワイイ。


s-DSC_9908













おふたりさん。
兄の本気頭突きが幼い弟に危ないので距離を保ちつつの兄弟関係です。

それぞれの名前を呼ぶとそれぞれに鳴いて返事をして自分の名前を理解している様子が分かります。それが嬉しくて可愛くて用も無いのについつい順番に呼んでしまいます。  距離感・・良い距離感ってどんな間柄にも大切なのかもしれませんね。むずかしいけれど。


s-DSC_9939













畑の収穫、ボッチャンかぼちゃ。
手抜きではなく素材を活かして 笑、素揚げにしました。ワタもタネも取らずに。そのタネ・ワタの美味しいこと!甘くてサクサクです。


s-DSC_9929





















温室のフルーツほうづき、一枝に鋏をいれてキッチンの室礼に。
朱く結実した姿も好きですけれど、この色味に一層魅かれてしまいます。


 キッチンの窓越しに眺める森のカラマツの大木が朝陽を浴びて金色に輝いています。
錦秋と言うにはほど遠い道北の紅葉ですけれども、私はこの金色(こんじき)の山模様が何とも言えず好きでたまりません。 特段の信仰心など全く持ち合わせてはおりませんけれど、この時期のこの景色には何かが宿っているような神々しさを感じてしまいます。

愛しい仔たちの朝飼い仕事に約3時間、キッチンに戻るのが9時を過ぎゆっくりと朝食を済ませるとほぼお昼頃、なのでランチは摂らず3時のおやつで筋力チャージをして夕飼いへ。

『朝晩3時間づつかかって 酪農とおんなじだな  たった三頭に』と、お隣のおじいちゃんに笑われました。 笑。
本当にそうですね、近隣酪農家の方は100頭前後をたったの3時間ですもの。

一日の大半を外で過ごすようになり夕飯の頃にはクタクタ・ヘトヘトですけれど何故か翌日には回復しています。
それは動物さん達が私の心の栄養だからなのでしょう。
必要とされてクタクタになれるとは幸せなことですね。

晩秋の空は表情が豊か、微笑む様なやわらかな青空を見せながら冷たい雨をこぼしその雨を追いかけるように霰がパチパチと地面を打ちます。

森の木々が白く覆われるのもあと数日のことでしょうか、冬が音を立てて近づいています。



空に願いを

s-DSC_9813





















きりっと凛々しい青年の風貌(親目線 (笑))のんちゃん。






s-DSC_9861














何気にお髭も成長中




s-DSC_9827














たっくん、生後5ヶ月になりました。ぷっくりんな口元がなんとも愛らしくって、ついつい頬ずりを強要してしまいます。


s-DSC_9840





















シェリーを迎えて3か月、調教するというよりも人の思いを彼女がくみ取ってくれている感ありで、私の素人馴致に付き合ってくれています。 人間上位で懲らしめながら服従させるタイプの調教を私は正しいと感じられず、そこに生き物への愛と敬意があるとも思えず。
なので、褒めて伸ばす方式でシェリーとの間合いを確認中です。のんびりと。



s-DSC_9880





















巻きたての牧草ロールが届きました。とっても良い芳り、まるでハーブです。新ロールは格別のようで、チビッ子たちは真剣にムシャムシャ。そうですよね、人間も新米は美味しく頂きますものね、きっとそんな感じなのでしょう。



 稚内の夏と言えばせいぜい八月の初旬まで、お盆の頃には暖房が必要な寒さでしたのに、いつの頃からか暖かで長い秋が数年続いています。

今日もノースリーブで収穫間近の実りを眺めながら、天候の異変がぼんやりと怖くなる朝でした。

このごろは雨や雪の降り方が極端で去年は少しばかり恐い思いもしましたけれど、天気のことですから致し方がありません過ぎる時間を待つばかりでしたけれど、なんと今年は降るものにミサイルが加わり・・。

出来立ての牧草ロールに顔を近づけるとフワッと微かな熱を感じます。花とも草ともつかない、陽と土と風を内包した心を満たす芳香は平穏そのものです。

暖かではありますけれど、ときおり気まぐれに吹く小さな風は、ひんやりとして頬を横切りやがての冬を想起させます。 
迎える季節が穏やかでありますように、平和でありますようにと空を見上げるこの頃です。


感謝の思いと新たな時間

s-DSC_9745













葡萄の葉に朝露のフリル。今年も温室に宝石が。



s-DSC_9695













二回目の夏を迎えるピーちゃんズ。

産みたて卵をお湯を張ったボールに浸して10分、なんとも良い加減の半熟卵に♡ 生まれてくれて産んでくれて、ありがたい毎日。



s-DSC_9777













住環境に異変?あり(笑)
我が家の王子様のんちゃんの静かなワンルームが・・






s-DSC_9791















弟、たっくんの突然の同居で・・。

心中穏やかならぬ様子の、のんちゃんです。なので、ひとつ屋根の下、それぞれ個室にしました。



s-DSC_9707













ポニーのシェリーちゃんは、主人の大作!の柵!!の中で駆けて跳ねて寝転んで。 愉し気にしていますけれど時折、淋し気な様子で佇んでいます。
母馬から離されて一ケ月、まだ心が飽和状態なのかもしれません。どんな動物も惜しみない愛情で全幅の信頼を寄せてくれる日がくるでしょう。 いくつかのコマンドを覚えてくれて、その日が近いように思えるこの頃です。


s-DSC_9733































陽が照らず低温多湿の毎日で野菜がいっこうに育ちませんのに、野辺の緑は活き活きと逞しくて美しい。





s-DSC_9805













17歳のパールは獣医師も驚く元気ぶり。我が家のペット隊長です。





 やがて八月といいますのに気温の上がらない稚内、猛暑の地に暮らす方には申し訳ないような日が続いています。陽が出ず湿度があるせいでしょう、原野は漂う冷気に包まれています。

五月、六月、原野と東京を行ったり来たり、私のぐずつく体調の原因と対処法が知りたくての受診でしたけれど、不調の原因はどうやら体の経年劣化のようで使用期間半世紀以上にもなるとそんな事もあるようです。

深刻ではないけれど万全ではない体調は、何か意味があってのことなのでしょう、何か転機を意味するのかもしれません。
考えてみますと、転機とは平穏な日々の中では発生しないような気もします。

万全らしからぬ体調のまま食に係るのは如何なものか・・この思いからカフェを閉じました。

おいで下さったお客様、繋がった多くのご縁、どんな言葉に置き換えたら良いのでしょう・・振り返っては、ただただ感謝の思いがあふれます。

転機の先にあるこれからがどのように展開するのか、想像もつきませんけれど、2人と4頭と15羽の原野生活をこれからも、心のままに過ごしたいと考えています。

 

嬉しい一歳 新しい家族

s-DSC_9594










s-DSC_9562










s-DSC_9551

















少し前のこと三月中旬、中頓別町まちづくり協議会主催の
『ホースロギング(馬搬)』の研修会に参加させて頂きました。

5才のベルジャンホース、オスカーは美しく逞しい馬。狭く複雑な谷あいの道無き道をロガーの青年と進みます。 巨木を伐倒する木こりさんの熟練の技にも思わず拍手。

経済優先ゆえに消えてしまった馬搬なのでしょうけれど、だからなおの事、価値を再転換して今の時代に復活して欲しいと強く思う時間でした。

冬の名残りの針葉樹の森の中、夢の中に居たような一日。時間の過ぎた今も感動がこみあげます。



s-DSC_9515













創り出すことを再開したくなったこの頃です。しまい込んでいた主人の織り機を借りて、先ずは柔らかな物を。そして秋には溶接で鉄と遊ぼうかと・・計画中。


 日陰に残っていた雪の小山も随分と嵩が減ってとうとう冬もお終いのようです。
かと言って、春というには納得が行かない様な朝夕の冷え込みに最北の地に暮らしている事を実感させられますけれど、昨日そこには無かったはずのフキノトウが今日は清々しい浅黄色をしてふっくらと佇んでいる光景に春という季節の力強さを感じて何とも嬉しい心もちに。

のんちゃんも初めての冬を乗りきってくれて無事に一才を迎えました。なんせ初めての仔ヤギ育て、私のてんこ盛りな心配事をよそにスクスクと。嬉しい限りです。

そして、主人との考えがまとまって、五月には仔馬を迎えることになりました、ポニーの女の仔を。
名前はシェリーと決めました。
調教ではなく、ナチュラルホースマンシップで心を通わせられたらと考えていて久しぶりに本を真剣に読んでいるところです。 間に合うのかしら((笑))

久しぶりの真剣な学びに脳がクラクラしてしまいますけれども、息抜きに見た雑誌に、
     だってほら排水口に溜まる毛を自分のですと誰が言うんだ   原奈津子
こんな素敵な短歌がありました。

思わず吹き出しましたが、何とも深い歌ですね。川柳や俳句と違って、短歌は美しくあらねばと思い込んでいましたけれどそれは間違いなのかもしれません。
固定観念に捉われずに多角的な視線で日々を見つめると、ささやかでも愉しく輝く日常が送れるものなのでしょうね。まだ手もとにいない仔馬が、多くの事を学ばせてくれています。














あたたかなもの つづき

s-DSC_9399













中頓別町 道の駅ピンネシリでみつけた手編みのカバー。程よく厚手で
❝優しいルームシューズ❞の様。


s-DSC_9405













こちらはベビー用。履かせる幼子も孫もいませんけれど、あまりの可愛さに買い求めました。見ているだけで陽だまりに包まれた様な心もちに。

中頓別町の手編みサークル『スピン会』の作品。どれも、手間をかけた物がもつ特有の暖かさに満ちた作品ばかりです。

s-DSC_9305













ポニーのサクラちゃん。飼い主ご夫妻は中頓別にセカンドハウスを構える素敵なお二人。私たち夫婦を温かく迎えて下さいました。



s-DSC_9322













アラァー♡ カワイイ♡ サクラちゃん♡
ひたすら三語連発の私です。

愛情をそそがれていると表情が違いますね、躍動感があり溌剌としています。ペットというよりも伴侶でしょうか。



s-DSC_9320













お鼻のブチがハート♥模様




s-DSC_9345













サクラちゃんと暮らす 松五郎くん。




s-DSC_9347













保健所からの保護犬だそうです。
救われた命に出会うと胸がキュッと熱くなってしまいます。

賢そうですね、きりっとしています。
瞳と鼻がサクラちやんとそっくりです。


s-DSC_9352













帰ると啼(泣)いていました、さびしがり屋の我が家の王子様。おみやげの帽子にご満悦。

本当はワンコ用、けど、耳用穴が角にピッタリ! これもピンネシリで。


s-DSC_9360







































s-DSC_9368

















 ふと手にした雑誌に、

『 青き踏む左右の手左右の子にあたへ』  加藤楸邨の句が紹介されていました。

清野恵里子さんのコラムの掲出句ですけれど、清野さんは『心温まるほのぼのとした光景が浮かびます』と、
話されています。
私も様々に想像し色々な光景が思い浮かびました。お父さんと幼い子供たち、きょうだいは兄と妹なのか兄と弟なのか・・まだ肌寒さの残る春の野の散歩、幼な子の小さな手は片方だけかじかんでいるのかもしれませんね。

春の季語『青き踏む』に瑞々しい生命力を感じます。
雪に覆われた最北の原野ですけれど、褐色の大地の中では微かな勢いで芽吹きの準備が始まっているのかもしれません。 私も季節のリレーを上手くこなせる様に、心と体を整えなくては!
 

あたたかなもの

s-DSC_9244






















s-DSC_9251


















s-DSC_9243









































作品名 ゆーかメント

岩手県、田野畑村に在るハックの家で
ゆーかさんが歌いながら毎日作っているそうです。 ご縁が繋がり私も買い求めることができました。

家のそこかしこに何気に掛けて。
陽だまりのような暖かさと優しさのハーモニー、簡単なようで誰にも模倣の出来ない、私にとっては愛らしくも瑞々しい芸術作品です。




s-DSC_9254



























夢のようです!
憧れていたノルウェーのヨツール社製コークスストーブ、今は製造されておりませんので諦めていましたけれど、これまたご縁が繋がり深川市にお住まいの方から譲って頂くことができました。

煙突設置工事は春まで待って。
今年の秋からは薪ストーブ&コークスストーブでどんな寒波もへっちゃら!!

薪の必要量が半減するので主人の薪割り作業も半減できることでしょう。ご縁に心から感謝です。


s-DSC_9303



























これもまたコークスストーブ。
鉄好きな私たち夫婦には魅惑の逸品、オークションで出逢いポチッと入札。錆びていましたので主人と丁寧に磨きました。

使用可能ですけれど、アートとして眺めています。

昭和9年製の刻印が。
鋳物の塊が戦中の拠出を免れられたのは何故でしょう。戦前・戦中・戦後・・・そして最北の原野に。見ていると様々に思いが馳せます。

s-DSC_9296













❝ ナニカ❔ ゴヨウデモ❔ ❞
と、振り向くトカラ山羊のサクラちゃんはカフェから40㎞ほど離れた酪農家さん宅に暮らすお嬢さん。 尻尾をフリフリそぉっと頭突きをしたりして。まったく可愛い♡




 暖かに明けた新年でしたので、もしやこのままかと・・そんなはずはありませんね季節の摂理通り、寒さが本格的になりだしました。大寒を境にマイナス20度前後の日が続き外に出る度に背筋がピキッっと伸びます。多少の寒さでしたら背を丸めての保温姿勢なのでしょうけれど、これ程になりますとカラダが驚くのか極寒に敬意❔なのか、とにかく私の背筋は20代さながらにピンと。桁外れの冷気に腹筋背筋を鍛えられる日々(笑々)

この寒さの中、のんちゃんはとても元気で私たち夫婦の心に温かな安らぎをもたらしてくれています。まさしくオキシトシンな存在。 

オキシトシン、例えば抱っこされた赤ちゃんとお母さんの両方に・介護を受ける方と介助者の両方に・ペットを撫でればペットと飼い主の双方に分泌される安らぎホルモン。以前は女性特有のホルモンとされていましたけれど性別に関係無く分泌されることが解ったそうです。
無垢な者の前では取り繕わず装わず、そうした中でこそ男女を問わずに脳が温かホルモンを流すのかもしれませんね。

厳冬の中にあっても陽は随分と長くなりました。のんちゃんのフワフワな冬毛を撫でながら春はそう遠くもないことを彼に話して聞かせる凍てつくも穏やかな夜、満天の星空から粉雪がふんわりとこぼれ落ちてきました。

そんな柔らかな時間の中、新たな一年も気負わずに過ごしたいと改めて思ったのでした。






















眠れぬ夜に聞く声は

s-DSC_9149













ときおり訪ねる大好きな町、中頓別でステキな出会いがありました。トカラ山羊のつくしちゃん、角から尻尾までお洒落な配色で何ともモードな山羊さんです。

s-DSC_9144














つくしちゃんと共に暮らすこちらもトカラ山羊のあづきちゃんは月齢8ヶ月のお嬢さん。畑に残った豆殻に夢中で、大阪出身の飼い主ママがどんなに呼んでも戻りません、ふんわり柔らかな関西弁は道産子に効き目薄の様子で・・笑々。 食べることは生きること、生きぬくことに真剣です。

s-DSC_9180













別のお宅に暮らす、
❝おかーさん❞という名前のあづきちゃんのお母さん。
佇まいの神々しさに驚きました。

s-DSC_9188













❝おとーさん❞という名前のあづきちゃんのお父さん。
彼もまた神秘的な面持ちで。

s-DSC_9176













おとーさん夫妻と共に暮らすポニー達はフレンドリー、連れて帰りたいくらいでした。


s-DSC_9166













美しい。

s-DSC_9173













満面の笑み♡♡

s-DSC_9162













カワイイ癖っ毛♡♡



 
 にこやかな口調で伝えられたその話題に、私は漠然とした不安を感じました。
お買い物のシステムが様変わり、店員不在でレジも無し、店内から必要な物を黙って持ち帰る、精算はポケットに入っているスマホが活躍するそうで・・そんなシステムを開発中だとか。

日々の出会いや経験が人生を豊かにしてくれるものなのでしょうけれど現代は『独・個・孤(こ)』を好む人が増えているそうで豊かさの価値観が随分と変わってきているようです。
人間って、どこに向かっているのかしら、と、シンプル且つ壮大な疑問と不安を昭和中期生まれのオバサンはいだいてしまいます。

そんな想いの寝付けない夜、冴え冴えとした月明りに照らされた森の中に甲高い鳴き声が響いています。鹿です。
それはパートナーを探す鳴き声だと教わりましたけれど、私には森へのオマージュの叫びのように思えます。

発達しすぎる知能は如何なものか、と、自然と共存しつづける野の生き物に問われた気がした夜でした。
 


 

季節の迎え方

s-DSC_8964













すこし前、暖かな午後に畑の片づけをする主人。
この数日後、粉雪が舞い降り野遊びの畑は白一色に。 冬の到来、褐色の大地とは暫しの別れです。



s-DSC_8981



























温室に残った未熟なトマト、微かな甘さと爽やかさでこの時期ならではの楽しみです。 友人から頂いた希少なオリーブオイルが味わいを一層に増してくれました。 そして、何とも言い換え難いこの色あい。自然の中に単一色は存在しないと言いますけれど全くですね、黄から緑へのグラデイションが今年も美しすぎます。

s-DSC_9067













美味しく焼けました、キャロットケーキ。 濃い味の人参が収穫できたので甘さはグッと控えて、フロスティングにレモンを効かせて。 素材を楽しめるって、簡単なようでそうではない、シンプルな事が希少な現代に、至福のおやつ時間。

s-DSC_9061













アゴのあたりにオヒゲっぽいものが・・鳴き声も甘えっぷりも幼いままなのに容姿は日々に凛々しく。初めての冬も元気に乗り切ってくれることでしょう。
月齢8ヶ月の愛山羊のんちゃん。

s-DSC_9109













今年も小林農園のご夫妻がニンニク『風雪百年』を届けて下さいました、有難いかぎりです。『イタズラで作ってみました』と、ご主人作の熟成発酵黒ニンニクまで。これには主人と絶句、あまりの美味しさに。市販の物もプルーンのような味わいで良いのですけれど比ではありません。ん~・・例えるなら・・濃厚あんぽ柿。素が優れているからこその絶品なのでしょう。



 「雪が降りました 家ごと包みこまれているような安心感があります」
先日、雪深い極寒の内陸地に暮らされる恩人から届いたお便り、この感性と美しく丁寧な文字に触れた私は一瞬、全身が無になりました。うまく説明はできませんけれど、感動を超えたものを心が得たのだと思います。
そして、迎える季節への心の整え方を教わったようにも感じます。

均一に降り注ぐ雪が大地を刻々と覆い、いつのまにか純白の世界になっていく様はとても美しく、私には時間を忘れて見入ってしまう光景です。けれど、やはり、寒さが辛い日もあったり。
時間という普遍的なものが冬を連れてきました。どの季節も始まりの頃は先が長いように思えますけれど案外とそうでもなく過ぎてしまえば束の間、寒さの冬もそうです。

少しばかり先のことですけれど、春の予定を考えながらスルリとこの時期をかわしましょうか、後半生の貴重な時間に凍えているのはもったいないもったいない。
さてさて春の芝張りに備えて今から筋トレでも!
のんちゃんが歩きやすいように周囲をぐるっと芝張り予定です。





 









 

神秘なるお客様

s-DSC_8952













友人曰く 『毛玉のよう』

s-DSC_8962













そうではなくって、
コウモリさんです。




 
玄関に運び込んだ薪の中に微かな気配が。恐る恐るその気配の辺りに目を凝らすと、なんとも可愛いお客様。
外の薪置き場で半冬眠していたようで、運んだ主人にも気づかれずに落ちずに飛ばずに玄関まで!小さくとも野生生物の強さを感じた時間でした。

コウモリ、国や地域で捉われ方が吉凶に分かれるようですけれど私には子供の頃に視ていたテレビアニメ『黄金バット』のコウモリさん、吉な存在、そして超音波を放つ神秘な生きもの、出来れば飼いたいくらいです。・・・

パソコンもスマホも存在せず、家庭にある画面といえばテレビだけで、目のために大股で三歩離れて視る事が両親との約束でした。番組の内容は、その殆どが人間同士の温かなふれあいがモチーフに在ったように思いますし、その頃は日々の生活に手間のかかる事が多かったのかもしれませんけれど、それはそれで豊かな時間であったようにも思い出されます。

神秘のコウモリさん、野の生き物は様々な菌のベクターでしょうから早々にお帰りいただきましょう、飼いたい気持ちにピタッとフタをして。

私に懐かしい時間と何かメッセージめいたものを運び終え、羽音もたてずにひいらりひいらり風に乗ったビロードの柔らかなものが森の奥へと消えました。




メガネと、もの思い

s-DSC_8897













マダーボール、まだ手のひらサイズです。モノニナルノカシラ❔と、眺めつつ蔓に巻き込まれた草がベルトのようでつい笑ってしまいます。 収穫に至らずとも楽しませてくれているのでランクⒶです。





s-DSC_8888














夏の花、ニゲラがこのごろになって咲き始めました。野の花たちの中に在っても違和感なく、どうしても育てたい人工美。秋の風に揺れながら気候の異変を何気に教えてくれているようです。







s-DSC_8935
















どうやって梳かしてもセンター分けになるのんちゃんの頭頂部 、私の心に刺激をくれつつ日々成長中の天使坊ヤです。



s-DSC_8948














これはオドロキ!
苗を植えてはみたものの伸びる・育つは葉っぱだけの観葉植物でしたのに、葉陰でひっそり成長していました。途中経過無く突然のメロンですから、まぁビックリ!
お味は・・甘めのキュウリでした♥♥



 手もとがスッキリしません、メガネが合わなくなったのでしょう。
老化は眼から、と、言いますけれど全くです、以前は良すぎた視力がウソのよう。メガネが必需品になって10年あまり、遠近の度数は増すいっぽう。

何本めかのメガネを新調しサテ改めて覗いた鏡にビックリ、顔が草間彌生の作品の様に。日焼け対策もせずに外仕事をするせいでしょう、加えて肉体の経年劣化、顔中にシミのテンテンが・・・アートな顔です 笑々。
仕方がありません今の暮らし方が招いた変化なのでしょう、変化を進化と(笑)捉え自分に寛容であることにしました。
けれども一方で譲れない事も。
よく見えるようになって判った家のヨゴレ、お掃除がそこかしこに不完全です、見えていなかったのですね。
食に係わりながらこんなことで良いのかしら?・・・と、考えつつ年末前のプレ大掃除であちらこちらをクリーンアップ⤴⤴スッキリです。スッキリな達成感を味わいながらも、仕事への句読点のようなものを感じた瞬間でもありました。 私の場合、張りきり意気込んだ新作料理や造形作品は時間を経てみると何とも変テコリンなことが往々にして。きっとそれは楽しみの中で生まれたものではなくって義務的に発生したものだからの様に思えます。
豊かな日常のレシピ、義務感→ひとつまみ 偶然→多めの少々 平凡→感謝しつつ計りきれないほど
これらを程よくやさしくミックス、こんなことなのかしら・・と、よく見えるメガネをかけて、秋らしくもの思いにふけります 笑。
 
開け放った窓から流れ込む風は暖かく、とてもとても10月間近の最北とは思えません。薪が減らずに嬉しいのですけれどやはり何か異変の様なものを感じてしまいます。
さてさて、迎える六度目の原野の冬はどんな様子でしょうか。どういう冬であれ、やってきたものに寛容でなくては・・と、思いつつ、厳しさほどほどにと願う中秋の夕暮れです。














また会える

s-DSC_8879














サラブレッドの気高さ、アングロアラブの賢さを教えてくれた馬達


s-DSC_8880














二頭の命を諦めなかった仲間たちと笑顔で送り出しました


 夫婦で乗馬を楽しんだ天塩ふれあい観光牧場が閉鎖となり馬達の命が危ういものとなってから約一年、紆余曲折を経て活躍の場は石狩市フロンテア乗馬クラブへ移る事となりました。

フロンテア乗馬クラブはエンジェルの出身クラブ、彼を育て調教されたオーナー夫人と次期オーナーが事情を理解して下さり愛溢れるご明断で異例の無償での引き取りとなったのです。
一般的に馬を預託するとなりますと一頭10万円前後が一ヶ月の預託料、それを受けずに若くはない二頭の馬を引き取って下さる・・・私はホースマンシップの誇りと美しさを知りました。

読まれた方もいらっしゃるでしょうか、
  『 われわれはいかに子供たちによって、いかに動物たちによって教育されることであろう 』
                                            マルティン・フーバー

育てる、教えるという関係は、けっして一方通行の関係ではない。育てる者が育てられる者に育てられるという反転が、そこには必ずおこる。 と、朝日新聞 折々のことばの中に。

行政が放り出した馬達のお世話を乗馬クラブの旧会員達でしてきましたけれど、世話をしているようで学び癒されたのは人間のほうだったように思います。 遠く離れた寂しさはありますけれど、今はただエンジェルとシルエットに感謝、そして二頭に生きて活躍の場を与えて下さったフロンテア乗馬クラブに敬意をいだかずにはいられません。  心からの感謝です。

それから・・
余談ですけれど・・・

カフェに営業マン風なお客様、食事も済み、お支払い後、名刺を差し出されたので厨房機器のセールス(ホシザキの方❔)かと思いきや、ミシュランガイドの調査員とのこと、ホシ違いです。2017年版にエントリーして下さったらしいのですけれどそもそも興味が無いので丁重に辞退しましたら、なんと掲載拒否権は無しとのこと。強引さに驚きました。
私の料理を評価して頂き嬉しい事ではありますけれど、幼いお客様が思わず言葉にして下さる❝オイシイ❞が、私にとっての励みであり煌めく星だったりします。
また改めて、と、その方は帰られましたけれどそのあと気持ちがザワザワと不愉快になりました。
ただ、主人が育てたキュウリをオイシイと絶賛されたその味覚に★みっつ!私からさしあげたいと思います。

アザミの花が朝靄を含んで瑞々しく佇んでいます。アザミは大好きな野の花、赤とも紫ともつかないアザミ色の花に神々しさを覚えます。野に咲く花を見つめる時間は、人間社会の喧騒を忘れさせてくれるひと時です。

プロフィール

rikkanookasaryou

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ