気圧が変動し湿気の多い季節に夕方から蕁麻疹が出る患者さんは増えます。

気候の変化、ゴールデンウィーク後で春からの環境の変化 、日々の生活で心身ともにストレスを感じている、スギやヒノキ、イネ花粉などこの時期のアレルゲンがある、
などの理由が重なると蕁麻疹は出易くなります。
さらに急な気温の変化や紫外線もあり蕁麻疹の頻度が増してしまいます。
夕方、朝方や食事や入浴後、運動後などで体温が上がった時にも出現し易くなります。

水分を取る、睡眠をとる、栄養に気をつける 、急激に体温が上がるアルコールや労作を控える、等の日常生活を気をつける事も蕁麻疹の抑制に大切です。
蕁麻疹は内服薬治療が有効です。数年続いて悩んでいる慢性蕁麻疹も治療できます。
ご相談下さい。