瘢痕拘縮:傷跡がひきつれ痛みや機能障害を伴うようなもの
ケロイド:赤く腫瘍状に増大し痒みをともなうもの
肥厚性瘢痕:増大はしないが赤く痒みをともなうもの

腹部の帝王切開の跡
外科や婦人科の内視鏡手術の跡
ヤケド
背中、肩、胸 のニキビの跡
などに上記の疾患はおこります。

それぞれに治療法が異なります。
外用、内服、手術治療を適切なタイミングで行います。
特に手術治療は様々微細な技術が必要です。

きれいにしたい傷跡についてご相談下さい。