調停離婚は、相手が、話し合いによる離婚(協議離婚)に応じてくれなかった場合、家庭裁判所に夫婦関係調整調停(離婚調停)の申立てを行います。

調停は相手が離婚に応じてくれないという問題以外にも、離婚にともなう条件面での問題でもめている離婚すると決めたわけではないけれど、夫婦関係で悩んでいるなどの場合でも申立てすることができます。

特異なケースを除いて、裁判の前には調停をしなければなりません(調停前置主義)。この調停離婚でも問題が解決しなかった場合は、裁判離婚(判決離婚・和解離婚)を申し立てることもあります。