裁判離婚する為には、どのくらいの費用がかかってくるのかを調べてみました。

まず裁判離婚をする際に必要である費用は、大きくふたつに分かれ、最初のうちは裁判所に対しての費用と、弁護士に対しての費用があります。

裁判所に対しての費用ですが、これも離婚請求だけ行う場合と、慰謝料を請求行う場合に分けられます。

離婚請求だけ行うことは、820円の印紙代と、一万円ほどの郵券代が必要なのです。

そして、財産分与などの申し立てを行う場合は、更に、900円の手数料が必要となってきます。

慰謝料を請求行うことは、請求する金額によっては費用が異なってくるのです。

次に、弁護士費用についてですが、まず着手金として30~60万円くらい、それに印紙代や交通費などの実費が必要になります。
裁判は費用と途方も無い労力が必要ですので、
裁判まで発展させず、離婚調停で済ませるのが理想です。