2006年05月24日

リンクの不備を修正しました

リンクの不備を修正しました。

ヤフーなどで検索したさい、
フレームのない状態のトップページおよび途中のページがヒットする場合があり、そこから先へは全く進めない状態になっていることが分かりました。

とりあえずトップに「フレームページ」と「フレーム非対応向けページ」へのリンクを付け加えました。

なお、フレームありもなしも、内容は同じです。

ところで
内容の更新が長く滞っており、まったく申し訳ありません‥。


2006年01月23日

トップページを変えました

ご覧のとおり、若干変わっております。

そういえば、
今月初めからカウンターのデザインを変えてたのでした。
赤く塗ったら3倍早く動くかなぁと(笑)。

※意味の分からない人は
「赤い彗星」とか「シャア専用」とかで検索してください。
(注:知ったところで何の得にもなりません)

効果のほどは、見てのとおりで〜。


2006年01月22日

登場人物

登場人物のページを、またまたいじりました。

フレームページのみ、表示の仕方が変わっております。
ちょっとは見やすくなったでしょうか?

フレームなしページについては、後日改めるつもりでいます。

2006年01月21日

「はじめに」を追加しました。

「はじめに」というページを追加しました。

ブログの最初のほうに書いた文章を、ちょこっとだけ変えて貼り付けています。
「シンデレラ物語について」の内容と、やや重複していますが‥。



2006年01月19日

ザラールがつかもうとした王子の秘密

ザラールのなぞ、というページを追加しました。

※以下、第12話「王子様、はじめまして」と第14話「シャルル王子のひみつ」をご覧になっていない人は、読まないで下さい。続きを読む

2006年01月15日

シャルルがシンデレラを友達にしようと思った理由

この休み中に久々にいろいろ更新しております。
本日は「なぞ検証」にひとつ追加しました。

年始早々、最初から通してDVDを観て研究中です。
観ていくうち「そういや、そもそもなんでシャルルはシンデレラに声をかけたんだろ?」という疑問が。

そうじゃなきゃ物語が始まらないから、という
タツノコプロさんの事情はさておき。

そもそもシャルルは、みんなにちやほやされる貴公子。
それが「うそつきシャルル」とか呼ばれているのに、「まいったなぁ」とか言いながら笑っています。
(このへんの性格は『星雲仮面マシンマン』高瀬健とか、『太陽の勇者ファイバード』火鳥さんに通じるところがあるなぁ)

しかも、その相手は侯爵令嬢イザベルのような美しい少女ではなく、
身なりのボロボロの、小さな女の子。
見るからに、遺産があるわけでもなさそうなのに、普通に考えれば不思議だなぁと。

そういや、アイビー星の大学生ニックは、真紀さんに一目惚れして、地球(というより、ご町内)の平和を守ることになったんだっけ(『マシンマン』)。
アニメのほうの『デビルマン』も、美樹ちゃんに一目惚れだっけ。

さて、『シンデレラ物語』では‥?


2006年01月14日

とりあえず‥

ちょこちょこと、小さいところを更新しました。

「うそ検証」のページ:〜15話まで。

編集していて、シャルルは意外にあんまりうそついてないことが、だんだんと分かってきました。

それにしても、これまでは「ダイナミック」という言葉から真っ先に思い浮かんでいたのは
「ギャバンダイナミック!」だったんですが(『宇宙刑事ギャバン』の必殺技)、
シャルルのお料理にも負けないインパクトがあります。

両者の破壊力は同等レベルかも‥。続きを読む

2006年01月10日

あけまして、おめでとうございます。

人物紹介のページ、
ちょこっと表記をかえました。ついでに内容も少々変えました。

脚本により解釈が若干違いますが、
(違いすぎることもありますが‥)
人物の性格づけが、きちんとされている作品だなあと感じます。

続きを読む

2005年12月31日

DVDについて

放映から9年ほど経って、やっと初ソフト化されました。
興味がおありでしたら、どうぞ。

たまぁ〜にオークションに、全巻セット1万円ほどで出ますので
気長に待つのもいいかもしれません。

なお、1巻の初回限定は、全巻収納BOX付きで、入手が困難なようです。
(現物を見たことがありません‥)続きを読む

2005年12月30日

『シンデレラ物語』について

『シンデレラ』といったら、まあ、だいたい

可憐な少女が継母や義姉たちにこき使われ、辛い日々を送っている。
そこへ、国の王子様の妃を選ぶ舞踏会の招待状がくる。
姉たちは出かけていくが、シンデレラは当然連れて行ってもらえない。
厨房で悲しんでいるシンデレラの前に、魔法使いのおばあさん登場。
魔法の杖を一振り。台所のカボチャを馬車に、ねずみを白馬に仕立ててくれる。
みすぼらしいシンデレラの服も、魔法で豪華なドレスに。そしてガラスの靴。
シンデレラは嬉々として舞踏会に、お城へ行く。
王子様はシンデレラに一目惚れ。2人は時間を忘れて踊る。
しかし魔法の効き目は「深夜12時の鐘の音が鳴りやむとき」まで。
その鐘の音に、我に返るシンデレラ、王子の手をふりほどいて駆け出す。
途中でガラスの靴の片方を落とす。
翌日、そのガラスの靴を頼りに、王子の臣下が国中の娘を訪ね歩いて彼女を探す。
義姉たちも靴を試すが、靴は小さくて入らない。
一方、シンデレラが靴を履いたら、もちろんぴったり。
そしてシンデレラは王子様と結婚して、幸せに。

‥という話なんですが。
これをタツノコプロが作っています。

続きを読む