2005年12月30日

『シンデレラ物語』について

『シンデレラ』といったら、まあ、だいたい

可憐な少女が継母や義姉たちにこき使われ、辛い日々を送っている。
そこへ、国の王子様の妃を選ぶ舞踏会の招待状がくる。
姉たちは出かけていくが、シンデレラは当然連れて行ってもらえない。
厨房で悲しんでいるシンデレラの前に、魔法使いのおばあさん登場。
魔法の杖を一振り。台所のカボチャを馬車に、ねずみを白馬に仕立ててくれる。
みすぼらしいシンデレラの服も、魔法で豪華なドレスに。そしてガラスの靴。
シンデレラは嬉々として舞踏会に、お城へ行く。
王子様はシンデレラに一目惚れ。2人は時間を忘れて踊る。
しかし魔法の効き目は「深夜12時の鐘の音が鳴りやむとき」まで。
その鐘の音に、我に返るシンデレラ、王子の手をふりほどいて駆け出す。
途中でガラスの靴の片方を落とす。
翌日、そのガラスの靴を頼りに、王子の臣下が国中の娘を訪ね歩いて彼女を探す。
義姉たちも靴を試すが、靴は小さくて入らない。
一方、シンデレラが靴を履いたら、もちろんぴったり。
そしてシンデレラは王子様と結婚して、幸せに。

‥という話なんですが。
これをタツノコプロが作っています。



タツノコプロとは、
個人的には『未来警察ウラシマン』を制作した会社、なんですが‥
これだと分かりづらそうなので。

代表作は、“タイムボカンシリーズ”、『新造人間キャシャーン』『科学忍者隊ガッチャマン』といったところでしょうか。
SFイメージが強いです。
(『ハクション大魔王』『みなしごハッチ』『一発貫太くん』というセンもありますが)

そのタツノコプロが
名作シリーズの第3弾として制作したのが『シンデレラ物語』です。
1996年4月から、全26話がNHK衛星第2放送において
毎週木曜日、午後6時より放送されていたそうです。

‥観てないでしょうねぇ、ほとんどの人が。
私も観てないし、知りませんでした。

しかし、これは名作です。
機会があれば、ぜひご覧下さい。
(第一話は悲惨すぎて悲しくなりますが‥)

タツノコプロが、『シンデレラ』をどのように味付けして
どうやって半年の放送を持たせたのか、
それだけでも興味ないですか?

えっ、そういう話にするわけ?! と
感心すること請け合いです。

『シンデレラ物語』では、
・魔法の効果のはずなのに、ガラスの靴が消えなかったこと
・王子に見初められて、いきなり妃だなんて、そんなもんで、シンデレラは本当に幸せになれたのか
‥などの疑問が、見事に解決されています。

ただし、この『シンデレラ物語』のストーリー上、仕方ないとはいえ
残念なところもありましたが‥。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔