2006年01月19日

ザラールがつかもうとした王子の秘密

ザラールのなぞ、というページを追加しました。

※以下、第12話「王子様、はじめまして」と第14話「シャルル王子のひみつ」をご覧になっていない人は、読まないで下さい。

第14話において、ザラール侯爵は
「王子にはなにかある‥、絶対にしっぽを掴んでやるぞ」とか言って、私たちを期待させておきながら、けっきょくしっぽを掴んでくれませんでした。

‥まあ、ストーリー展開からして、脚本家の連携ミス? という感じです(すでに侯爵は第12話で「お忍びでのお遊び、さぞやお楽しみでしょう」とシャルル王子を脅迫しているため、この話の内容は不自然)。
しかし第14話は、なかったことにしてしまうのはとても惜しいです。
「あら、あなたでもひがむのね」とシンデレラに言われて、我に返るシャルルなどの描写はかわいらしくてすてきです。

で、ここではあえて
ミスとはとらえず、まじめに検証してみました。

へーえ、こんな風に思うのね‥と、笑っていただければ、嬉しいです。

riku_bu at 09:07│Comments(0)TrackBack(0)更新履歴 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔