2007年10月02日

男子4×100mリレー世界記録

基本データ

  • 種目:男子4×100mリレー
  • 選手:アメリカ
  • 記録:37.40
  • 年:1992,1993年

男子4×100mリレーの世界記録である37.40は、これまで2回出されています。

1回目の舞台は、1992バルセロナオリンピックの決勝。メンバーはマイク・マーシュ(Mike Marsh)、リロイ・バレル(Leroy Burrell)、デニス・ミッチェル(Dennis Mitchell)、カール・ルイス(Carl Lewis)の4人でした。1977年から1992年までの男子4×100mリレー世界記録をまとめた次の映像の最後に、収録されています。

2回目は1993世界陸上の準決勝で達成されました。メンバーはジョン・ドラモンド(Jon Drummond)、アンドレ・ケーソン(Andre Cason)、デニス・ミッチェル(Dennis Mitchell)、リロイ・バレル(Leroy Burrell)です。

ミッチェルとバレルは両方に絡んでいますね。どちらのチームも、とても豪華な面子です。これだけのメンバーが揃うことは、まだしばらくないかもしれません。



love_track_and_field at 15:56│Comments(2)TrackBack(1)リレー | 世界記録の瞬間

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 世界陸上 2007/09/28~10/04  [ 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第五倉庫 スポーツ・格闘技 ]   2007年10月04日 05:11
世界陸上についての最近の情報です。

この記事へのコメント

1. Posted by かんりにん   2007年10月02日 22:02
93年のケーソンはすごかった。
このとき以外はどうしちゃったんでしょう。

アンカーのバレルの起用はルイスの辞退だったというエピソードが。

準決勝からエンジン全開だったんですね。
92年と93年がアメリカチームとしては最もバトンが安心して見る事ができた年だったと思いますw
2. Posted by jedi_code@陸上競技ログ   2007年10月02日 22:40
スーパー陸上おつかれさまでした。

1993は準決と決勝のメンバーが同じなんですよね。これが最近では珍しい。

当時は今以上に落とさなければ勝てるメンバーでしたから、バトンにも余裕があったんですかね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字