おすすめ本

2007年04月23日

USCPA本

Amazonでキーワード「米国公認会計士」を検索してみたら、7位にUSエデュケーションの三輪 豊明氏の「めざせ!米国公認会計士」がでていました。

これ、前にもどこかに書いたかもしれませんが、USエデュケーションの説明会に参加すれば無料でもらえると思います。(少なくとも私が行ったときは無料配布してました)

結構内容も充実しているので、USCPAについて深く知りたい方は、説明会に参加して無料でもらった方がお得ですよ。(特にその後しつこい勧誘とかもなかったですし)

人気blogランキング ←最後にクリックお願いします!


2007年03月11日

ビジネスツールとしての英語

USCPA取得を目指されている人の中には、英語が得意な人・得意でない人どちらもいると思います。

私はどちらかというと、確実に英語が苦手な方です!(ぜんぜん自慢することではないのですが…)

ただ、多くの皆さんに共通して言えるのは、「英語に興味がある」、「英語を使ってビジネスをしたい」ということではないでしょうか?そのために米国の公認会計士の資格を受けるんですよね。

そのような、英語が目的ではなく、あくまでもビジネスツールとして英語を使いこなしたい方におすすめなのが、「お金と英語の非常識な関係(上・下)」(神田昌典氏著)です。

この本は、英語を使って自分の収入をアップしたい人や、英語を使ってビジネスを始めたい・大きくしたい人にとっての大いに役立つ本だと思います。表題にもある通り、この本には著者である神田昌典氏の「非常識&実践的」という考え方が存分に盛り込まれています。

また、CPA試験対策ということに限って言えば、洋書の読みこなし方の部分が参考になると思います。

この本では英語の勉強が目的ではなく、英語をビジネスツールとして徹底的に活用する方法が書かれています。しかも英語だけでなく、目標達成のためのツールを最短距離で習得し、最大限活かすという方法論は様々な所で応用できると思います。

しかも普通に買ったら何千円もするようなインタビューCD(収録時間1hr以上)がついていますので、リスニングの勉強にもなり、普通の英語教材としても十分お買い得だと思います。

2007年03月04日

試験勉強に挫折しそうになった時

私は一時期米国公認会計士試験に挫折しそうになったことがありました。仕事が忙しくて勉強する時間がとれず、会社では毎日上司に怒鳴られ、生活も不規則でやる気がなく、だらだらと不健康な日々を送っていました。つい最近のことですが、自分の人生の中で一番自信をなくしていた時期だったと思います。

そんな時、たまたま読んだ本が・・・

「成功の9ステップ」 (ジェームス・スキナー著) です!

自分の人生でこれほどの衝撃を受けたことは他にありませんでした。この本のおかげで私は前向きになり、自信を取り戻し、再びUSCPAに向かって勉強を始めることができました。

USCPA試験は非常に範囲が広く、合格するためには様々な知識が必要なので、試験勉強もかなりのボリュームがあります。そのため、皆さんも勉強を始めてから一度は挫折することがあるかもしれません。

そんな時、この本を読んでみて下さい。

ジェームス氏の著書は今の所これ一冊のみですが、まさにこの一冊にジェームス氏の持つ成功ノウハウが全て詰め込まれていると思います!

私が今までに読んだ本の中から、お勧め本を集めてみました!良い本との出合いは人生を変える数少ない体験の一つだと思います。

My アマゾン.com 私のおすすめ本ランキング!
キーワードアドバイス


キーワードアドバイス
ツールプラス





Powered by
SEO対策

Profile
最新コメント