すてきなきっかけ。

本屋大賞で話題になっていた『羊と鋼の森』を読みました。

最近受動的に映画やテレビを見ることばかりで、能動的に小説を読み進めたのが久しぶりだったのですが、小説の良さってこうだったなーということを思い出させてくれるような作品でした。

絵がないのに浮かぶその景色、音がないのに響き渡る音色、主人公と呼吸が重なるその瞬間。

込み上げるその感情が伝わってきて、つい涙が出る場面もありつつ、心温かく、かつ、凛と姿勢を伸ばしたくなるような前向きな気持ちにさせてくれる、そんな小説でした。

羊と鋼の森
宮下 奈都
2015-09-11


誰でも、自分に合った道を見つけることも、それを信じて進むことも、難しいことだと思う。
それでも自分の中で光が差す瞬間を目指して暗闇を進みながら、自分で光を見つけること、照らしてくれる誰かと出会うこと、そんな瞬間があったりする。
その瞬間はとても温かく、そして熱いものなんだな、なんて思いました。

***


ピアノの調律師の話。
ピアノは分からなくても楽しめます。

私は昔ピアノを習っていたけど、怠け者で全然練習をしなかった過去にちょっと申し訳なくなりました。

ピアノの音色を聴きたくなるよ。

ちょうど前の記事で水族館ネタを書きましたが、イルカのショーなどどうやって演技指導しているんだろう!!??と改めて思っていたんです。

ちょうど『水族館ガール』というドラマが始まったので見てみたらイルカの演技指導シーンもありました。

良い動きをした時に笛を吹き、直後に餌をあげる。笛が、イルカにとって「いいね!」という合図と認識させるんだそうです。

それにしたって、手本を見せられるわけでもないのに本当にすごいなー…

ドラマを見つつ、水族館って生き物の生態を把握し、健康に飼育し、お客様が喜んでくれるような魅せ方も考えて…改めてすごいと思ったのでした。


ドラマとしては、松岡茉優が演じる冴えない主人公もまぁありがちなキャラクターだけど、桐谷健太が演じる役が頑なすぎる感じがさらにありきたりでちょっと食傷気味かな。
とはいえ、水族館に興味があるので今後も見よう。

image


■ドラマ10「水族館ガール」

【放送予定】6月17日(金)放送スタート

毎週金曜[総合](全7回)
第1回〜第5回 後10:00〜10:49(49分)
第6回・第7回 後10:00〜11:15(74分)

【あらすじ】
嶋 由香(松岡茉優)は大手商社に入社して3年目。しかし、ミスは多い、態度もなれなれしい、上司にはにらまれてばかり。ついには、系列のはまかぜ水族館に異動を命じられる。
慣れたOL生活とは打って変わって、イルカや生き物たちと向き合う日々は、由香にとって初めてで、手探りのことばかり。哺乳類の中で人間の次に賢いといわれるイルカたちは手強く、それ以上に、生き物を扱ううえでは容赦ない先輩・梶 良平(桐谷健太)やおたくで無口な今田修太(澤部 佑)、姉御肌の吉崎一子(西田尚美)、さらにはクールな総務課長・倉野久幸(石丸幹二)や謎の館長・内海良太郎(伊東四朗)たちに鍛えられる日々は、まるで台風のよう。飼育担当になったイルカも、彼女にはそっぽを向く。それでも、持ち前の前向きな性格で壁にぶつかり、一癖も二癖もある飼育員たちの内面を知るにつれ、徐々に水族館飼育員の顔つきになっていく由香。しかし、生き物を相手にしているこの仕事、決して慣れや気合だけでは解決できない事ばかりで…。

【出演】
松岡茉優、桐谷健太、
澤部 佑、内田朝陽、足立梨花、木下ほうか、西田尚美、戸田恵子、石丸幹二、伊東四朗 ほか

【原作】木宮条太郎「水族館ガール」
【脚本】荒井修子
【音楽】千住 明
【挿入歌】いきものがかり「夢題〜遠くへ〜」
【制作統括】篠原 圭、黒沢 淳
【プロデューサー】金澤友也
【演出】谷口正晃、山内宗信、東田陽介 ほか

アクアパーク品川に久々に行ってきました!

久々というのが8年ぶりとかで…初めて行くくらいの勢いでしたが、過去に行った時も、ここのイルカのショーがすごく好きで、今回行ってもその良さはさらに上がったくらいだったし、その他もハイテクになっていたり、センス良い展示ばかりで終始テンションあがっておりました。

子供と一緒に楽しんでしまったモニター水槽。
中にいる魚の情報が、タッチ式になっていました。情報以外にも、ちょっとゲーム性があったりと、ついつい触りたくなる工夫がすごい。



展示も、金魚ゾーンやクラゲゾーンは、照明も合わせて幻想的に。
とても綺麗な空間で、うっとりしました。

image


image


クラゲは本当にフォトジェニック。

image


image


image


image


楽しみにしていた
イルカとクジラのショー。
(ここのショーにはクジラの仲間がいるんです。大きな体が迫力あって好き!)

image


円状になっているプールを囲むようにショーを見るのですが、前方は濡れる仕様になっていてレインパーカーを着た子供達がキャッキャと楽しんでました!
(私は遠くから…

そして円の中心から水のシャワーによるカーテンが演出され、その真ん中をジャンプするイルカの美しいこと…。



ハイスピードで泳ぐ迫力と、華麗に舞う美しさを堪能できる素敵なショーです。


他にもペンギンが複数種いて(イワトビペンギン、皇帝ペンギン、ケープペンギン)、そんなペンギンの子供もおりました。まだふさふさ。
image


カピバラさんがシュールに佇んでいました。
image


私の大好きなカワウソさんは寝てました。
ただの大きなキウイに見えます。

image


オットセイは優しくプールから出てきてくれました。
image


大好きなウミガメもいました。
あー!カメー!と叫んだのは、団体できていた子供達…ではなく私です。
image


水族館ならではの水槽のトンネルもありますし、私は今回イルカのショー以外はイベントものは見ませんでしたが、ペンギンの行進や、アシカのショーなどもあるので、時間を合わせてまわるとより楽しめます。

都心、かつ駅から近い立地で、これだけいろんな海の生き物を見られるので大満足です。超オススメ!

最近ブログを更新していませんでした。
4月は毎日更新していたというのに!

というのも、ここ1ヶ月くらい、乳ガン検診に引っかかり、
精密検査を受けてくださいねという形で病院通いをしたりで、
なんだか緊張した時期を過ごしていたんですよね。

結論からいえば、ガンではありませんでした。
線維腺腫でしょうという結論。
(それでも、ちょっとかたさが〜かたちが〜と、
専門的にしか分からない理由で、精密検査になったのですが)

流れ的には
エコー⇒要精密検査⇒マンモグラフィ・エコー再び・針生検(注射で細胞をちょっととって調べる)

で、結果、細胞をみてもガンではないし、
私の場合はしこりが3センチ以下だったので、
特に今すぐ心配するようなことはないので、
来年以降も検診を続けてくださいねで終わり。


**

今回思ったこと。

よく、検診は行きましょう!というピンクリボン運動などもありますし、
私も、なるべく行くようにはしているのですが、
今回、3月に婦人科検診に行き、4月に忙しくてバタバタしていて、
再検査の予約を取ろうとしたのが5月になってしまったんですね。
で、言われたのが、予約を取れるのは7月ですと。

え!?そんな先!?

よく分からないまま、7月まで放置したくないなーと、
他の病院を紹介してもらい(紹介状料かかりますけど)
なんとか5月末には病院へ。
でも、治療は次回、その結果が分かるのはさらに次回・・・と気づいたらもう6月なんですよね。
それでも私は仕事を休みやすい環境を周りが作ってくれたので
スムーズに検診してもらえたほうだと思います。

最近、芸能人の方のニュースなども飛び交い、本当胸が痛みます。
とにかく、早く発見できるに越したことはない、と改めて思うのですが、
自分の都合で忙しくて後回し、後回し・・・・ってなりがちだなぁと思ったのです。

さらに加えて、病院の都合など掛け合わせると、とにかく時間がかかる。
いろんな角度から検診となるとさらにかかる。
1度にパッとわかるわけじゃないんですよね。

何言ってるの、当たり前でしょうと思うかもしれませんが、
私、日ごろありがたいことに健康で、病院の検査にどれだけ時間がかかるか想像もしていなくて、何度も何度も通っては、待たされて・・・という状況に
慣れなかったんですよね。

誰かにとっての当たり前も、他の人は違うというのはよくきくので、
私みたいに、結果、ガンではありませんでした、大丈夫でした、なんていう形で
のんきなブログを書くのはどうなのかとも思いましたが、
私のように健康で、大丈夫!と思っていても、もしかしたらは誰にでもあるし、
私だってこの先わからないので、みなさんも検診などいってくださいね、という思いでブログを書きました。

急に仕事休みますというのも何もきかず休ませてくださったまわりにも感謝しつつ。

以上!



埼玉県川口市ってとっても便利な町ですよね。
市内で買い物もなんでもできるし、映画も見られるし、都内にも近いし。
24時間営業のスーパーもあるし、ドンキもあるし、住むのに何も困らないわ〜!と思いました。

さて、そんな川口で美味しいご飯屋さんに連れて行っていただいたのでご紹介。
創作系和食居酒屋って感じかしら。

通常メニューとその日のメニューの比率が半々くらいで、その日に入った新鮮で美味しいお魚をお刺身はもちろん、焼、煮、揚と好きな調理法で出してもらえます。

この日は牡蠣が入っていて、天ぷらが食べたいと言ったら、牡蠣も天ぷらにしてくれました!

image


野菜は甘くて、牡蠣はジューシーで美味しかった〜!

その他、通常メニューのポテトサラダとか、もちろんお刺身も、どれも美味しかったです。
ワサビ好きにはワサビのポテトサラダおすすめです。

お酒もいろんな種類があって、平日月曜日からお客さんで賑わっていました。
あれだけ旬な料理が揃っていると何があるかな?って覗きたくなりますね!

【川口駅から徒歩3分】魚も肉も!和食料理とお酒を楽しむウメトウグイス【居酒屋】


ウメトウグイス
埼玉県川口市本町4-7-8-102

池袋西口、5分くらい歩き、道を曲がると、海外旅行した時を思い出させるような店構えのカフェが。

image


世界の料理が食べられるサクラカフェというお店です。

image


世界の料理が、国名と国旗が一緒に記載されたメニュー。

今回のお目当はサバサンド!
image


サバサンドってなに?なんなの?と気になったのがきっかけで、食べられるお店を教えてもらってやってきたわけです。

で、こちらがサバサンド!
image

本当だ〜。サバが軽くあげてあって、アツアツ。合うのかな〜と思ったけど、面白いな〜と思っているうちにあっという間に完食!美味しかった!まぁツナだって魚ですし。魚とパンも合うわけですね。

あとはじぶんの影が入ってしまって写真が暗いですが、スカンジナビア風焼きサーモンのポテトサラダが美味でした。
image



ちなみに今回一緒に行ったのが実際に世界一周してる友達だったので、
世界の料理を懐かしんで食べていました。
しかしチーズが苦手で、チーズなしメニューを探すのに苦戦してました。
(世界一周中もそうだったって!)
そう、世界はチーズに溢れています!チーズおいしいからね!笑
私は好きなので、今度はチーズ料理を食べにいきますね。

飲み物もいろいろありました!
image

世界のビールもありました!
IMG_8022
IMG_8021


みなさんも、気軽に世界旅行気分を味わいにぜひどうぞ!

サクラカフェ
171-0014 東京都豊島区池袋2-39-10サクラホテル池袋別館1F





めくれば始まる 世界一周
栗原良平
リベラル社
2013-06-04





シフト生活でなかなか友達と時間が合わないのですが、朝なら会える!ということで、朝ごはんを一緒に食べてもらえる方を募集しましたところ、皆さん集まってくださり、4人で朝ごはんしてきました!

でも言い出しっぺの私が遅刻。
朝しか時間がないけど、朝が得意なわけでもない、わたくし…失礼しました!

image


行ったのは市ヶ谷と九段下の間にあるFACTORYというパン屋さん。
外観がとても可愛い。外国みたい。

image


image



中もシンプルながら可愛さがある。

image


image


そして美味しいパンの数々!

クロワッサンは甘さと塩味でいうと、塩味の強目のお味だった気がします。
チョコのパンは固めの食感で食べ応えあり。
image


タルトも一口いただきましたが、甘酸っぱさと、ツブツブの謎の食感!でも美味しい。
image



10時からはブランチタイムなのだそう。
私はそれより早めに行ったので、その時間にもゆっくりしたかったな。
image

なんといってもそのブランチメニューが美味しそうなんだもの!キッシュとか!
image



お店の目の前は靖国神社の裏側になっているので店の窓からは緑が見えるのも気に入りました。
image


なんかオシャレな調味料とかも売ってたよー!
image


加えまして、写真も撮らずに食べてしまいましたが、お昼用に買ったサラミとチーズのベーグルサンドウィッチが、チーズの間に程よい酸味でピクルスが入っていて美味しかったです!
image


駅近というわけではないのですが、ひっきりなしに人が。
すごく人気なのも納得の美味しさと雰囲気の良さでした!このお店、オススメです!
一緒に行ってくれたみなさんありがとうございました!

︎FACTORY
〒102-0074 東京都千代田区九段南3丁目7, 九段南3丁目7-10, アーバンキューブ九段南1F


好きな食べ物のひとつにわらび餅があります!
高校の時にスーパーで買って視聴覚教室で食べた思い出があるので、昔から好きっぽい。

そんなわらび餅、好きすぎて作ることにしました。

image


このキットです。


image


素を開けると…

image



ただの白い粉ですね!

そこにお湯を入れて。


image



チンするだけで。


image



そう!わらび餅になるのだ!


image


ちなみに、きちんと四角に切れていないのは、完全に冷えて硬くなる前に食べたからです!我慢できなかった〜!でも美味しい〜!




私はKALDIで買いました!
300円だったかな?
多めに作れてしばらくわらび餅を食べられるので大満足してます!


ちなみに、お店で食べるので一番好きなお店は板前寿司のわらび餅です!
(まさかの寿司屋〜!!)
こっちもオススメ!

今月末までといことで慌てて行ってきました『ピクサー展』

image



ピクサー作品は割と見ている方だと思うのですが、公開時に見たきりなものも多く、細部を忘れていて、復習してから行けばもっと楽しめた!と思いました。
その点では一緒に行った友達の方が記憶が新鮮で楽しんでいた部分が多かった気がします。

1つの映画作品にどれだけ多くの人が関わってているか、そしてその人の数、どれだけ心がこもっているかをこれでもか!と詰め込んだ展示。
私は職業柄、CG作品の制作過程も理解している方だと思います。それでも、これだけの長編作品で、しかもストーリーを練りに練り高めていくピクサーのやり方は、驚きの連続でした。業務体系の相関図が欲しいな、と思ったくらい。笑

キャラクターの初期設定のイラストや、色を考えている途中、省かれたストーリーなど、私たちが目にしているキャラクターたちやストーリーとは違う姿もたくさん出てくるんです。でも、それがあったから今があるんですよね。

その大公開されている資料の数と、スタッフへのインタビューが膨大で!4時間ちかくかけて回りましたが、それでも最後の方はあっさり見た気がします。なので、これから見に行く人は、足が痛くならない靴と、のんびり見られる時間を確保して行ってくださいね。

というわけで見どころはたくさんあるのですが、展示のために用意されたコンテンツも素晴らしかったので、その2つの紹介をサイトより引用します!

-----
《トイ・ストーリー ゾートロープ》
円盤の上に配置されたウッディやバズといった「トイ・ストーリー」に登場するキャラクターたちの立体フィギュアを暗闇の中で高速回転させ、それらをストロボライトで照らすことでキャラクターたちがあたかも生きて動いているように見せる装置です。アニメーションの原理を体感できます。
------
これ、ジブリの三鷹の森美術館にあるトトロぴょんぴょんに寄せて作ったそうなのですが、アニメーションすごい!ってなってずっと見ていられます。

------
《アートスケープ》
平面に描かれたアートワークを、デジタル技術を用いて動きのある動画コンテンツへと生まれ変わらせ、幅10メートルを超える大型スクリーンに投影するインスタレーションです。アートとテクノロジーの融合により生まれたこの作品は、見る者をまるでピクサー作品の世界に紛れ込んだような臨場感あふれる空間へと誘います。
------
これは圧巻だった。どのアートワークも綺麗で自分の部屋に飾りたいな、と思っていた空間に自分が入った感覚。
これだけでももう一度見に行きたいな。

image



展示を見に行く前に復習しておけばより楽しめた!と思ったわけですが、展示を見たあとは、そんな裏側を知ってから再度作品を楽しみたい!と思ったので、昔見た作品も、改めてまた見てみようと思いました!

image