すてきなきっかけ。

毎年この時期に国立新美術館にて開催されている美術大学連合卒業・修了制作展、通称五美大展に行ってきました。
今年は2月27日、今日まで〜!

参加大学
女子美術大学 / 東京造形大学 / 日本大学芸術学部 / 武蔵野美術大学 / 多摩美術大学

参加学科
日本画 / 油絵 / 版画 / 彫刻

今年も様々な作品に出会えて、とても刺激的でした。

ポップで可愛くもあり、作り込んだこの辺りの作品、お気に入りです。

IMG_4620
IMG_4622
IMG_4623


FullSizeRender
IMG_4631


IMG_4664
FullSizeRender
IMG_4618

IMG_4598

FullSizeRender


あとは版画作品も楽しみにしていて実際にお気に入りがいくつか。
IMG_4669
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

綺麗な作品もたくさんありました。
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_4683
IMG_4678
IMG_4676
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_4656
IMG_4653
IMG_4651
IMG_4645
IMG_4647
IMG_4649
IMG_4637
IMG_4633
FullSizeRender
IMG_4612
IMG_4611
IMG_4607
IMG_4606

今年ならではだなぁなんた作品もありました!
FullSizeRender
IMG_4690




FullSizeRender
Photo by UKOARA
ベルリンを拠点に活動されているアーティスト、塩田千春さん。
その作品を拝見するのは初めてだったのですが、繊細さと迫力が同居するその作品群に、ただただ圧倒されてきました。


写真映えもする作品なので、写真で見てもらってももちろん楽しめるのですが、あの迫力は体感してみないと分からなかったので行ってよかったです。

IMG_1588
IMG_1587
FullSizeRender
IMG_1575
IMG_1524
IMG_1504
IMG_1490
IMG_1484



倉敷のCafe&Dinerデザイナーズホテル|Hostel KAG

倉敷駅から徒歩4分のデザイナーズホテル Hostel KAG(カグ)。リーズナブルな価格でドミトリーと個室に宿泊することができます。1FのCafe&Barではこだわりのハンバーガーとビールを提供。アートや音楽も楽しむことができます。直島や美観地区への観光にもとても便利な立地です。




岡山は、倉敷美観地区に行く予定だったので、倉敷で1泊しました。
GWということで、しっかりしたホテルは値段が跳ね上がってたけれど、ラッキーにもデザイナーホテルに格安で泊まれたので紹介します!

倉敷駅目の前!倉敷のCafe&DinerデザイナーホテルKAG


到着したのがもう夜21時頃だったのですが、駅のターミナルを渡ってすぐ、おしゃれなバーでみんなが楽しそうに飲んでいる場所、それが私の宿泊場所、ホステルのKAGでした。
IMG_5759

デザイナーズホテルという通り、めっちゃおしゃれ!
IMG_5761
中に入っても、天井までこんなにおしゃれなんですよ。
IMG_5760
みんな楽しそうに飲んでいます!
IMG_5762


ドミトリーで手がるに宿泊!共有部屋はこんな感じ

飲んでいる方々を横目にチェックイン。
3階まであり、私は2階へ。
IMG_5792

古い感じの建物なのですが、とにかくお洒落な感じ。
IMG_5786

このホテルの特徴なのですが、いたるところに文章もあります。
IMG_5781
部屋の扉は結構重い扉で、鍵をかけるときに結構音が響くのでそれだけが出入りの時に少し、気を使いましたね。
IMG_5777

私が泊まった202号室は男女共有ドミトリー / 4人部屋。女性だと、男女共有は無理!という人もいるかもしれませんね。
女性専用もありますが、女性専用の複数人数の部屋だと6人部屋のようです。
そして、共有部屋も無理!という人も大丈夫、個室もありますよ!
個室は1ルーム ツインで9,000円〜です。

IMG_5776


こんな感じでカーテンでしきることができるので、共有ではあるものの、他、どんな人が泊まっているかは外でばったり会わない限り、わかりませんでした。

私はGWギリギリに動いたので、5月2日の宿泊を予約したのは4月22日でした。
そんなギリギリで、他のホテルは1泊2万以上していたので、どうしようかな?と思っていたのですが、ここのホテルは、個室は埋まっていたものの、この部屋は、4500円で空いていたのです!
これはラッキー!と予約したというわけでした。

カーテンの中にはこんな感じで電気とコンセントがついています。
実家の自分の部屋の二段ベッドを思い出す〜!IMG_5775

一個だけ、ハンガーもかけられるようになっていました。IMG_5788

部屋の端にあったクローゼットをあけると金庫が。大事なものはここに入れるようです。IMG_5789

部屋は土足厳禁ということで、使い捨てのスリッパがありました。IMG_5787
23時には消灯です。
IMG_5791

消灯して真っ暗になったら懐中電灯でなんとかしてね、ということかな。IMG_5790

KAGの共用スペースはこんな感じ

洗面台が各階の廊下にあります。紙タオルと手洗い用液体せっけん。IMG_5778

トイレも各階に。男女別。
IMG_5779

ランドリー、私は使わなかったけれど、100円で使えます。IMG_5782
普通に扉を開けるとベランダがあってそこに洗濯機がある感じ。普通の家みたい。笑IMG_5783

このKEYボックスは、チェックアウトしたいときに、まだフロントがあいていなかったら、ここに入れて勝手にでていいよ!という箱です。IMG_5793
シャワーも共有スペースにあり、体用、そしてシャンプートリートメントが使えます。
IMG_5794

泊まり心地はどんな感じ?

オシャレだし、部屋は清潔感もあり、部屋のベッドは眠り心地も悪くなかったです。こんな価格で泊まれるなんてラッキー!といった感じ。

ただ、ネックは音だな、と思いました。
やり共有部屋ということで、同じ部屋の人がうるさいと困るというのはありますよね。
いびきとかはありませんでしたが、4人部屋中2人がお友達同士だったようで、その話声が少しきになったかな。でもこれって運ですよね。

そして、このお店の下のバー自体は23:40迄だということで、0時以降お店自体がうるさいことはなかったのですが、駅の近くということで、他のお店で飲んだ人とかが、ホテルの近くを大声で話しながら帰っていくというのが結構聞こえてきて。これは、繁華街ホテルはなかなかの問題かな。
でも、借りはしなかったけど、耳栓もくれるようです。

ま、私は割とどこでも眠れちゃうタイプなのが幸いでした・・・!
というわけで、一晩お世話になりました。

IMG_5795

朝に見てもオシャレ!9:00からカフェはあいていて、ハンバーガーが有名なよう。朝ごはんもばっちりですね!私はすぐ観光にでかけてしまったのですが、ハンバーガーも食べればよかったな。
IMG_5796

夜はぐるっと回ってたどり着いたので、気づかなかったですが、本当に駅目の前でした!
IMG_5798

デザイナーホテルKAG

〒710-0055 岡山県倉敷市阿知3丁目1-2
カフェ&バー 電話番号 086-441-8817
ホステルKAG メールアドレス kag@hostel-kag.jp


岡山のススメ IMG_5339

岡山は有名な倉敷の美観地区には日本らしい景観や可愛らしい建物も多いのはもちろん、カフェやバーが多くて、私のようなカフェ好きには嬉しい場所。 今回初めて訪れましたが、旭川という大きな川が流れていて、穏やかで可愛らしい土地だと知りました。バーが多いのでお酒が好きな人も楽しめそうな土地ですね!

岡山旅行のお話です。
倉敷駅出てすぐ、倉敷観光案内所にあるロッカーに荷物を置いていた私は
その向かいのこのお店を見つけました、
なんだか和風の、かわいいロゴの、素敵なお店を見つけました。
IMG_5688
倉敷駅すぐ近く、出会ったサンドイッチのお店を紹介します。

フルーツサンド専門店 もとや

もとや (@motoya_kurashiki) * Instagram photos and videos

891 Followers, 483 Following, 457 Posts - See Instagram photos and videos from もとや (@motoya_kurashiki)

IMG_5690
こんな和風なロゴですが、和菓子ではなく、サンドイッチ!
しかもとてもオシャレなフルーツサンドのお店でした。
私、フルーツサンドに目がないんです!
これは!運命!と思い、早速入りました。

本当にいろんなフルーツが合って悩む・・・!
フルーツだけではなく贅沢たまごサンドもあり、ちょうどお昼ごはん時だったので
悩みましたが、午前のおやつ!ということで、断面が可愛い、かつ限定品の響きに惹かれ
デコポンをチョイス!



IMG_5712

さわやかなソーダも一緒に頼み、さわやかなおやつタイムとなりました。
デコポンはクリームの甘さに負けて酸っぱく感じるかと思いきや、
フルーツの甘味を引き出す控えめナクリームのおかげで、デコポンの程よい甘さを堪能できるサンドでした!

店内自体は狭くて、こんな感じの席が2席あるだけなので、どちらかというと持ち帰り向き。


IMG_5691



岡山といえば天気の多い気候でフルーツ有名ですよね! そんなフルーツを、フルーツサンドでいかが? ぜひ、お土産にどうぞ!
IMG_5714


もとや 店舗情報

岡山県倉敷市阿知1-7-2 西ビル2F
☎︎086-476-5959
営業時間:11:00〜(売り切れ次第終了)
定休日:水曜日 ※観光客にうれしい日曜営業 


岡山のススメ IMG_5339

岡山は有名な倉敷の美観地区には日本らしい景観や可愛らしい建物も多いのはもちろん、カフェやバーが多くて、私のようなカフェ好きには嬉しい場所。 今回初めて訪れましたが、旭川という大きな川が流れていて、穏やかで可愛らしい土地だと知りました。バーが多いのでお酒が好きな人も楽しめそうな土地ですね!

GWは高知旅行へ行ったのですが、その帰り、せっかくなのでと南風(なんぷう)に乗って岡山まで出て、1泊して帰りました。



高知を夕方に出たので、岡山についたのは夜。
今回、ホテルを倉敷にとっていたので、ホテルに一度荷物を置き、夕飯を食べにフラフラおでかけしました。

夜の岡山・倉敷で映画の世界に迷い込んだような夜カフェへ


倉敷美観地区に向かう途中くらいに、Cafe&Barを発見。
IMG_5763
なんだか可愛らしい看板と細い道の先には何があるんだろう?といった雰囲気に引き寄せられるように入ってみました。
IMG_5764
細く続くお店への道を進んでいくと・・・
お店が出てきました!雰囲気あるかわいいカフェっぽいです。IMG_5765

やはり看板が可愛い!カフェの名前はアンティカです。
そしてその看板と同じような色合いのステンドガラスが綺麗。IMG_5766

外にも席があり、今の季節なら外も気持ちいいなぁと思いつつ、中へ。IMG_5774

中も雰囲気あるソファが並んでいて可愛い!
私が撮影した瞬間こそ人がいなかったものの、22時とかを回っているような時間だったのに、どんどん人が入ってきて、あっという間にソファ席も埋まっておりました。
IMG_5767

私は1人だったので、カウンターへ。カフェ&バーということで、お酒がたくさん並んでいます。
IMG_5669
というわけで、お酒を…飲もうかと思ったのですが、美味しそう!と頼んだのはティーソーダ。ノンアルコールです。
IMG_5768
そして、アスパラが好きな私は、エビとアスパラの乗ったドリアを。アツアツ!グツグツと音を立てながら運ばれてきました。
IMG_5771
それでは早速いただきます。
IMG_5772
食べながら店内を見渡すとランプや時計など店内の装飾が可愛らしくておもちゃ箱のような世界。
IMG_5773

今回は時間が遅めだったこともあり、頼めなかったのですが、映画のワンシーンから出てきたようなスイーツも楽しめるお店のようです。
IMG_5769
マスターは映画好きなのかしら。ゴールデンウィークで混んでいたのでゆっくり話せなかったけれど、映画好きとしては話してみたかったな。
映画に出てくるスイーツが食べられるなんて素敵ですよね。
IMG_5770
この場所自体が映画のワンシーンような場所で。入るまでのワクワクと、入ってからのくつろぎと。

岡山の夜の素敵な思い出ができました。

◼️Cafe &Bar ANTIKA


倉敷美観地区 Cafe&Bar ANTICA-アンティカ-

倉敷美観地区Cafe&Barのお店 ANTICA-アンティカ-

〒710-0055 倉敷市阿知2丁目21-10 




岡山のススメ IMG_5339

岡山は有名な倉敷の美観地区には日本らしい景観や可愛らしい建物も多いのはもちろん、カフェやバーが多くて、私のようなカフェ好きには嬉しい場所。 今回初めて訪れましたが、旭川という大きな川が流れていて、穏やかで可愛らしい土地だと知りました。バーが多いのでお酒が好きな人も楽しめそうな土地ですね!



高知県南国市に移ったばかりの雨風食堂に行ってきました!
(雨風食堂は2019年4月に、高知市から南国市に移転しました)

▼食事と図書 雨風食堂公式サイト
雨風食堂
今回高知を訪ねるのは2回目で、前回は2013年3月でした。
そのころ、ちょうど高知市に雨風食堂を開く前のタイミング、開店準備を頑張っていたころでした。私の入社1年目、一番てんやわんやしていた時期に隣の席で支えてくれたデザイナーさんが、地元高知に戻り、そして料理人の旦那様と一緒に始められたのがこの食事と図書雨風食堂なのです。

5年訪ねた時は開店準備をしていたので、まだお店はできていなかったのですが、開店後、いつかいこういこうと思っていたら気づいたら月日がたっていた・・・!

そんな中、雨風食堂は地元の人を中心に大人気のお店となり、SNSで遠くから眺めているだけでもおいしそうなごはんがいつも目に入ってきて、たまらない素敵なお店でした。

やはり同僚であり同期である友達が高知に移り住み、私自身は縁もゆかりもなかったはずの高知に縁ができ、2回めの高知へ。
せっかくなので、と、一緒に雨風食堂を訪ねました。
高知県は車社会ということで、人気のある店はどこでもはやるそうで、今回も、ゴールデンウィークだったこともあり、きちんと予約をしてからいきました。

平屋で、品のいい可愛らしい建物が、田んぼの真横に立っていました。

IMG_5581

可愛らしい看板です。
IMG_5558


本日のお昼ごはん。地元のおいしいお米、野菜、お魚などが食べられる、丁寧で贅沢なお昼ごはんです。
IMG_5577

わーおいしそう!!!!
一つ一つが丁寧で、温かいうちに食べたい出来立てほやほやのおかずたち。
IMG_5572

IMG_5573

土佐巻きなどがあると、あー高知!という気持ちに。
IMG_5574

今回1歳半のお子様と一緒だったので、お子様ランチも作っていただきました。
こんな豪華なお子様ランチあるのか〜といった気持ち。
IMG_5571

行った日は雨だったけれど、それでも大きな窓があるので部屋は明るめ。これが晴れていたらさらに気持ちいいんだろうなぁ。
IMG_5575

オススメメニューとしてはデザートもあるので、ゆっくりコーヒーを飲みながらデザートタイムもおすすめです。今回私はデザートまで食べる余裕がなかったのは残念ですが、また行くときにでも。
IMG_5576

ひとくちひとくちを大事に食べたくなるおいしいごはんに出会える場所であり、素敵な本に出会える場所であり、地元の人たちの笑顔が集まる場所。
とてもおすすめです。

日々の情報をチェックしたい方はinstagramTwitterFacebookをチェックしてください。




▼食事と図書 雨風食堂
高知県南国市比江343-4 


高知旅のススメ IMG_5339

LCCが通ったことで、東京高知間は90分4,990円〜、大阪高知間は50分2,990円〜! 今回私もLCCジェットスターで高知に行きましたが、近いですね! 高知は山も海も川も・・・と自然が堪能できます。とはいえ、一つ一つは離れているので、到着した先で車を運転出来るとよい旅になりそうです。食べ物が何を食べても美味しいので、海の幸、山の幸、ありがとう!といった気持ちになります。 オススメですよ!



高知県はやなせたかしさんの出身地。
そんなわけで、高知にはアンパンマンがいたるところに。
なんと高知駅からアンパンマンだらけです。
IMG_5757
電車もアンパンマン。
IMG_5758
というわけで、高知には、アンパンマンミュージアムもあります。

私は横浜のアンパンマンミュージアムには行ったことがないので比較はできないのですが、聞く限りでは、横浜はまさにお子様が喜ぶエンターテイメントの場、高知は横浜のような楽しめる展示に加えてやなせたかしさんの半生を振り返る展示になっているため、大人も楽しめる、ということでした。

ということで、アンパンマン大好き!な一歳半の女の子たちを連れてアンパンマンミュージアム@高知県に行ってきた様子をお伝えします!

香美市立やなせたかし記念館|アンパンマンミュージアム&詩とメルヘン絵本館

アンパンマンに会える、アンパンマンと遊ぶ夢と冒険のミュージアム。 やなせたかしが描いたタブローや貴重な絵本原画などを通して 「アンパンマン」の世界を体感できるアンパンマンミュージアム、 やなせたかしのライフワークのひとつである雑誌『詩とメルヘン』の作品を鑑賞できる詩とメルヘン絵本館があります。


でっかいダダンダンが目印!高知のアンパンマンミュージアム

IMG_5557
バイキンマンのようなこの大きな銅像がドドンと目に入ってきます。これは、ダダンダンっていうらしいですね!(教えてもらった)バイキンマンが操縦するらしいです。

ゴールデンウィークの真っただ中、しかも雨が降っていたので、室内のミュージアムはかなり混んでいたので、少し並んでから入りました。

アンパンマンが大好きな小さい子が楽しい工夫がいっぱい!

さて、入場しました!
IMG_5520



すると、入口入ってすぐの場所に小さい子たちがたくさんいて、なかなか奥に進んでいかないんですよね。なぜ?と思って下をみると、地下にアンパンマンの世界が!!!
IMG_5516


そうなるとこうなるわけです。
みてみて!あんぱんまんー!!!!もうここですでにくぎ付け、次に動けません。笑
IMG_5518

ひととおり興奮して、ようやく、進んでいきます。階段をあがったところから展示が始まります。そういえば階段が多かったイメージです。
IMG_5519

壁にはアンパンマンの仲間たちがいっぱい!IMG_5523

やなせたかしさんの気持ちがつまったアンパンマンが生まれるまで

アンパンマンはいまのアンパンマンの形になる前は普通の人だったんですね。ふとっちょのアンパンマン。おなかがすいて泣いている子供たちを助ける正義の味方、アンパンマンは、やなせたかしさんの戦争体験から生まれたようですね。IMG_5525

原画も飾ってありました。IMG_5526

やなせたかしさんの言葉も。
この言葉が一番のお気に入りでした。IMG_5483

そして、きれいなアンパンマンの絵画が。
大きいものもたくさんあったこの絵画。アンパンマンの世界をとてもきれいな色使いで描いていました。
IMG_5531

2階はこのような大人が楽しめる美術館、といった感じでした。
IMG_5527


子供たち大興奮のアンパンマンワールド!

そして地下は子供たちお待ちかねのアンパンマンワールドが広がっています!
子供たちがとにかく夢中になって眺めていたのはジオラマのアンパンマンの世界。
こんなにキャラクターがいるのか。。。というキャラクターの数々。
IMG_5538

その他もアンパンマンが動いてみえる仕掛けや(静止画で撮ってしまうと何が何だか!笑)
IMG_5545
アンパンマン号に乗って真を取れるゾーンも。
FullSizeRender

他にもアンパンマンの世界で遊べる空間が所狭しに並んでいるのですが、それはもう子供達がたくさんいすぎて、ごった返しており、写真を撮れずでございました。笑


その他、ミニシアターもあり、アンパンマンだけでなく、やなせたかしさんの映像を見ることができました。
IMG_5535

ちなみに、アンパンマンミュージアムのスタンプラリーは、挟む形式で、手が汚れない!うまくできていました!
IMG_5534

というわけで、一緒に行った女の子たちも楽しんでいた横で私も楽しませてもらったアンパンマンミュージアム@高知でございました!


香美市立やなせたかし記念館・アンパンマンミュージアム

おまけのボイスログ

私のアンパンマンにまつわるエピソードを語っています。

アンパンマンの歌の歌詞が深イイ話

高知旅のススメ IMG_5339

LCCが通ったことで、東京高知間は90分4,990円〜、大阪高知間は50分2,990円〜! 今回私もLCCジェットスターで高知に行きましたが、近いですね! 高知は山も海も川も・・・と自然が堪能できます。とはいえ、一つ一つは離れているので、到着した先で車を運転出来るとよい旅になりそうです。食べ物が何を食べても美味しいので、海の幸、山の幸、ありがとう!といった気持ちになります。 オススメですよ!

  

GWに行った高知にて、にこ淵という現地の人には神聖な場所される場所にも足を運んでみました。ちなみに、私は何も考えず、ひらひらしたワンピースを着て、ルンルン観光していたので、ここに行くために着替えました。
ヒールやスカートでは行きにくい場所ということで、ズボンとスニーカーに。

IMG_5693


着替えたのでいざ。

見てください。この、縦に降りていく姿を!
IMG_5695

降り終えて見上げたところはこんな感じ。
階段があるじゃん!と思うかもしれませんが、前日まで雨だったこともあり、滑って危険でもあります。この鎖があったおかげで、しっかりと足場を確かめながら降りることができました。
IMG_5696

そしてたどり着いたのがここです!
仁淀ブルーとして知られるこの吸い込まれそうなブルー。
私の行った時間は光は崖にかかっていましたが、この光が水にかかるとさらにきらめくようです。とてもきれいな場所。▼画像をクリックすると拡大できます
IMG_5697


私はひたすら綺麗だなーという気持ちで、マイナスイオンを楽しみました。
しかし、見える人には見える?と言われている場所でもあるようです。

落石の恐れから、立ち入ることができない時期もあったようなので、危険だったり、神聖だったりということで、足を運ぶにしても、気を付けつつ、そして自然を大切にしつつ、過ごす場所ですね。


そんな気を付けたい部分も理解しつつ、雨の後の自然が生き生きした場所で元気をもらえましたよ!
IMG_5698




高知旅のススメIMG_5339

LCCが通ったことで、東京高知間は90分4,990円〜、大阪高知間は50分2,990円〜! 今回私もLCCジェットスターで高知に行きましたが、近いですね! 高知は山も海も川も・・・と自然が堪能できます。とはいえ、一つ一つは離れているので、到着した先で車を運転出来るとよい旅になりそうです。食べ物が何を食べても美味しいので、海の幸、山の幸、ありがとう!といった気持ちになります。 オススメですよ! 


高知県に旅行をした日、残念ながら雨が降っていました。
綺麗な自然の多い高知県ですが、雨だと行く場所も限られてしまいます。
そんな時に、向かったのはビニールハウスのフルーツ農園でした。


IMG_5582

西島園芸団地はお花もフルーツも盛りだくさん!

高知「花と果物の楽園」|西島園芸団地

ようこそ、花と果物の楽園、西島園芸団地へ



まず、入口から、花と果物の楽園というだけあって、お花がたくさん売っています。

IMG_5604

ビニールハウスの中にも草木がたくさん!
見上げるとスターフルーツがたくさんなっていたよ!

IMG_5583

そんな植物園的な場所で、くつろぐことができます。
IMG_5599

そして、はずせないのがフルーツ。
春にはイチゴ狩りもできるようですが、フルーツを食べるだけというのもできます。
美味しいスィーツメニューがたくさん。ゴールデンウィークは期間限定メニューでした。
IMG_5584

人気メニューはメロンのしっぽという、メロンを半玉、そのうえにソフトクリームというメニュー!豪華・・・!でもさすがに大量すぎるという方は、そのさらに半分の4分の1のサイズもあります。
IMG_5586

私はメロンのミニフルーツパフェ、友達はイチゴのフルーツパフェを。
IMG_5587

フルーツがとにかく甘くておいしい!
これでお500円は安い・・・というおいしさと結構ボリュームもたっぷりでした!
ソフトクリームが甘いとフルーツが負けてしまうのでは?と思ったのですが、そんなこともなく、ソフトクリームはミルクの味がしっかりと、フルーツはさわやかな甘さがみずみずしく。
両方一緒に食べることがおいしいことおいしいこと。

子供たちがあそべる場所もある!

植物園というと大人が鑑賞したり、草木を買いに来るイメージですが、
こちらはこどもがたくさんいました!というのも、
美味しいフルーツを食べられるだけでなく、トランポリンや
IMG_5602
滑り台やブランコもあり、雨だけど遊べるという素敵空間だったのです。
子供たち、遊ぶのに夢中になっていましたね〜!
5a3ca612-s


というわけで、おいしいフルーツと楽しい空間の西島園芸団地をご紹介しました。
最後は、そこにあるかわいいスイカのトイレを紹介して終わります!

IMG_5605



西島園芸団地

営業時間 AM9:00〜PM5:00
住所 高知県南国市廿枝600
所要時間 ・高知自動車道南国ICより車で5分
・JR高知駅より車で20分
・高知空港より車で15分

電話番号 088-863-3167



高知旅のススメ IMG_5339

LCCが通ったことで、東京高知間は90分4,990円〜、大阪高知間は50分2,990円〜! 今回私もLCCジェットスターで高知に行きましたが、近いですね! 高知は山も海も川も・・・と自然が堪能できます。とはいえ、一つ一つは離れているので、到着した先で車を運転出来るとよい旅になりそうです。食べ物が何を食べても美味しいので、海の幸、山の幸、ありがとう!といった気持ちになります。 オススメですよ!