2017年06月27日

(小ネタ)インドの100均で見かけた面白グッズ

SaketのSelect City Walkにある

100均(正確には99ルピーショップ)にて見かけた変わったグッズ



このダガーみたいなグッズ、なーんだ???



正解は・・・・




スイカを半月状に切り取るためのグッズという・・・・

日本人には全くニーズの無いグッズでした。

いらねーなー笑

これ、買って福袋とかに詰めて売りたいな・・・(笑)



クリックしてくれると励みになります
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



2017年06月24日

白銀のインド/チャンラ峠の光景

先日掲載したPangong Tuoへと続く峠、

チャンラ峠の光景です。

高度は富士山をはるかに上回る5400m!


IMG_7720

インドなのに白銀の世界!!

この日のデリーは最高気温45℃、ここは4℃!

ひゃっほーーーい!!!


IMG_7738


雪だ――――!!

とはしゃいでいたら、すぐに息が切れ、身の危険を感じる高度5400m。

はしゃぐな危険。


実はここを見るために立ち寄ったわけじゃなくて、

山道でパンクをしたんで、修理に止む無く足止めを食らったんですけどね笑

いやぁ、天気が悪くなくて良かった良かった。

IMG_7795

(パンク修理中の図)






クリックしてくれると励みになります
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



2017年06月19日

美しいインド/Pangong Tso

会社が連休だったので、インド北部のカシミールに行っていました。

カシミールはパキスタンと中国の双方とモメている、危ない場所。

あちこちにインド陸軍が陣を張っていました。

一方で、その分、
手つかずの自然が残されているわけで・・・・

例えば、以下の写真は、
高度4000mを超える山の中にある湖、パングオン・ツォという湖のものです。


IMG_7255



IMG_7365


見てよ、この透明度!!

IMG_7418


あぁ、空が青い、そして湖面が美しい・・・・

レーという街から車で5時間ほどかかりましたが、

素晴らしい光景を見ることが出来ました。

願わくばこの光景が、何時までも維持されますように・・・・


クリックしてくれると励みになります
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



2017年05月16日

”インドの金閣寺”アムリトサルのGolden Templeに行ってきた

週末は避暑も兼ねて、北へ約500km、

インドの北西部にアムリトサルという街に行って来ました。

デリーは最高気温が44度、アムリトサルは最高気温が40度でした。



わーい、涼しーい!!






・・・・・ウソです。期待外れデス。。。。

インドの暑さをなめとったわ・・・・



とはいえ、避暑以外にも楽しみはありまして、

最大の目的は、シーク教という、

日本の皆さんがイメージするターバン巻き巻きの人達の聖地
(基本的にこういう人たちはシーク教徒という人たち。ヒンドゥー教じゃないよ。)

india1204-4978


Golden Templeです。

由来を忘れれば、要は金閣寺みたいな場所。

文字が読めなくても、シーク教徒が何たるかが分からなくても、

見た目一発で凄さが分かるのが魅力です。


IMG_5929


先ずは昼のGolden Temple
金ぴかです。分かりやすくゴージャス。

建物に向かう橋は信者の方で大行列なので、
単なる観光客の自分は中を見たい気持ちをぐっと抑えて外からだけで我慢します。


次は、夜のGolden Temple

IMG_6184


いやぁ、凄い!!


IMG_6198

ここは、天国か・・・・


いや、ゴールドソーサーか・・・・(注:ゲーム脳)


IMG_6190


信者の皆さんと一緒に、ぼーっと眺めるGolden Temple

言葉は分からないけど、聞こえてくるお経のような声も、心地よく耳に響いてきます。

本当に、素敵なひと時でした。



アムリトサルはデリーから飛行機で1時間程度。
このために来る価値のある素晴らしい場所だと思います。
是非お勧めです。




クリックしてくれると励みになります
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



2017年05月13日

ついにカレー洗浄モード搭載の洗濯機を見つけた!

自称家電マニアではありますが、

インドに存在するという、
カレー洗浄モードを搭載した洗濯機に
出会ったことがありませんでした。

(パナソニック、デリーでのプレゼンス低いぞ!笑)


そんな私ですが先ほど、ようやく例の洗濯機に出会うことが出来ました!

デリー空港国内線側にて。




パナソニックの展示ブース発見!!






おお、Curryって書いてある!!!

写真撮ってたら説明員のお穣さんが、ドヤ顔で説明してきて微笑ましかったデス。


もっとも、
この国の人がカレーの汚れに格別に悩んでるかというと、
全くそんな気はしないけど笑

何かの拍子にこの機能がウケて、
もう少し店頭で見かけるようになることを期待しております。

頑張れパナソニック!


(私の行動範囲で見ないだけでしたらごめんなさいね。)


クリックしてくれると励みになります
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


2017年05月09日

インドのショッピングモールの寿司屋へ行ってみた

先日はデリバリーを頼んだ話を書きましたが、
今度はショッピングモールにある寿司屋に行ったお話。

お気づきの方もいらっしゃる方と思いますが、
ワタクシ、海外のショッピングモールをうろうろするのが大好きです。
大き目の空港なんかでも、あちこち見て回ってはふんふん唸っています。

そんな私が、以前から気になっていたのが、こちら。


IMG_5288

ショッピングモールの通路にある、寿司屋。
日本人の感覚だとここに寿司屋は作らない・・・・・



IMG_5272


その名も「SUSHIYA」

おぉ、寿司屋ですか。屋号でそういう名前ってアリなんだろうか。
検索した時に埋もれるぞ。

とりあえずメニューの中から、
サーモンロールと、カリフォルニアロールを注文。



席に座ると・・・・

おぉ、やってるやってる。

IMG_5284

大量の紅ショウガを切る、おねえさん。


職人の手つきも、なんとなくそれっぽい。
(少なくとも俺よりは上手い)

IMG_5267



待つこと数分。



出てきたのがこちら。

IMG_5275



この量に醤油が3ボトルて、なんでそうなるわけ?

暑いから?汗をかくから塩分補給か?
謎だ・・・・



クオリティは前回のデリバリーとほぼ同じ。

とにかく米が固い。
(日本に居る時にこんなこと考えたこともなかったけど、差が出るなぁ・・・)

ここを改善しようと思うとハードルが高いのかなぁー・・・

インドの寿司(エコノミークラス)の限界を見た気がした、SUSHIYA でした。

IMG_5283


場所はデリー在住ならみんなご存じSaketのSelect City Walkね。

なぜか日本人が食べている姿を見かけませんが笑

そう悪くないので是非お試しを。



クリックしてくれると励みになります
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


2017年05月07日

インドで出前の寿司を頼んでみた

個人的に好きな食べ物を挙げたとして、
10位に入ってこないくらいの位置付けなのが「寿司」
とはいえ日本に居る時は何だかんだで月に1回くらいは食べていたのが「寿司」

これがやはりソウルフードだったようで、
インドで寿司抜き生活を続けていると、軽く禁断症状が発症した模様。

寿司食いてぇ・・・



というわけで、

インドに来たことが無い人は知らないであろう、
インド版の食べログ「Zomato」のアプリでちょちょいと検索し、
寿司のデリバリーを頼んでみた。

その名も、Sushiya Express
うーん、すっげぇ高速で持ってきそうな名前だよね。
(調べてみるとアメリカとかにも同名のお店があるようで。関係あるのかな?)

Zomatoのユーザーレビューは執筆時点で5段階評価の3.5!悪くない!
レビュアーに日本人が居ないのが若干気になるけど、とりあえず頼んでみた。

メニューを見ても何の魚か書いていないので、
とりあえず「Super Mix Box(10 Pieces)」をオーダー!!



(40分後・・・)




当然、届けに来たのはインド人のオッサン。
何故かオンライン決済をはじかれたので現金決済。
でも明朗会計なのはありがたい。会計は550Rs(=1000円弱)

届いたのがこちら。

20170314_131805784_iOS


インドはこういう布みたいなので買ったものを包むのが一般的っぽい。
(買い物に行ってもいつもこれ)


開けるとこんな感じ。

20170314_131836237_iOS 1

お???悪くないぞ!!



ふたを取ると・・・

20170314_131953297_iOS


ちょっと醤油が過剰だと思うんだが。。。。高血圧になるぞ!
(インドの調味料つけすぎ問題はまた別の機会に語りたい)


ではまずサーモンの握りから

20170314_132203947_iOS


20170314_132242150_iOS


おおぉ・・・・・

予想していたよりは、ネタは悪くない。
(そもそも俺が日本で食べていたサーモンもさほどいいものではない笑)

日本で言うと100円寿司の下層のレベルだが、
でもまぁここはインド、しかも内陸のデリー
頑張っている方と言っていいと思う。悪くない。Not badだ。

シャリは、かなり固い。この値段だと米はインドの米なのは仕方ないとして、
多分炊飯器も日本の炊飯器ではないと推測。
インドの炊飯器はかなりレベルが低い・・・(このネタもまた別途)


次は巻物へ。

20170314_132405712_iOS 1


サーモン巻き。

こっちの方が握りよりいい気もする。

さらにこの、ちょっとよく分からない謎の巻物にもトライ。

20170314_132524447_iOS 1


マグロらしき魚が入った巻物

これねー、なんか軽くスパイスが入ってるんだよねー。軽くピリっとする。
これは、いわゆるインド流のカスタマイズってやつか。


これはアカンな・・・。



基本的にこういう「勝手なカスタマイズ」は好きなんですよ。
どんどんやって欲しい。
でもこのスパイスは、俺の好みではないなー。

ここは一度インド人の意見も聞いてみたいところ。
彼らには合うのかな、もしかしたら。


******

というわけで、トータルとしては、

まぁまぁ満足。何よりせいぜい1000円。

これで生魚が食べられるなら、アリなのかなぁと。

皆さんも機会があればぜひお試しを。


Suhiya Express(Zomato)


クリックしてくれると励みになります
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


2017年05月05日

デリーにやって来たMUJIの価格設定が気になった件

今、デリーのショッピング好きの間で

最もホットな話題は、SaketのSelect City Walk

MUJIこと無印良品が開店したこと。

あぁ、なんて素晴らしい・・・

これで文具に困らない・・・

食器も揃う・・・(いや、いらんけど)

何なら家電も・・・・(これもべつにいらんけど)

膨らむ妄想を抑えて、行ってみた。



IMG_5716



IMG_5717


おぉ、しっかりしてる。無印だ!!


IMG_5719

アレだ、人をダメにするソファーもある!!

インド人も虜になるのかな??



IMG_5720

おぉ、家具もある!


IMG_5721

あぁーーーー、旅行グッズコーナー!これはありがたい!!


IMG_5722

文具も充実!



キョロキョロと見ていると、店員(インド人男性)に話しかけられてしまう。

店員「いらっしゃいませ。何かご用は?」

俺「いや、、、別に無いよ。」

店員「MUJIは初めてですか?」


え?!それ、日本人に聞く?!?!?
(日本人と思われなかったんだとすると光栄だな。俺の英語も上達したもんだ。)


俺「この店は初めてだよ!(にっこり)」



店員と軽くじゃれたところで、店内探索を再開。

あとはキリがないのでノーコメントでどうぞ。
(家電はほとんど無かった。残念。)

IMG_5725


IMG_5726

IMG_5728



・・・・と、ここまで見たところで、



ふと手に取ったスニーカーを見て気づいた。


なんか価格がかなり高い気がする。

日本より高いのは覚悟のうえ。でもだいぶ高い気がする。


例えばこのスニーカー、
各国の価格がついているので分かりやすいのだが、

IMG_5731

シンガポール:43SGD≒3450円
マレーシア:119RM≒3100円
インド:2490Rs≒4360円

日本と比べるのは言うに及ばず、

東南アジアと比べて随分と高い気がするが、
インドは東南アジアと比べても物流効率も悪いし、色々と大変なんだろう。

まぁこんなもんとも思える。


一方で、その隣のスニーカーの価格はさらに凄くて・・・・

IMG_5732

シンガポール:59SGD≒4700円
マレーシア:179RM≒4605円
インド:4490Rs≒7860円


随分、やってくれるじゃない・・・・・笑

値札の付け間違えなんじゃないかと店員に聞いたところ

「これは生地が特殊だからこういう価格だ」と自信満々の説明。

なるほどねー。



いや、いいんですよ。

価格なんて客が納得すればいくらでもいいんです。原価とかい離していたっていいんです。

そんなことは分かっています。

でもねー、、、、
ちょっと為替換算すれば分かる値札をつけたままにしておくのは、
いかにも、ぼったくってますよ感が出ちゃっていて、
やめた方がいいと思うなー、俺は。


こういうのはこっそりやって欲しいところ。

MUJI殿には、ぜひ一考いただきたい。



***********

というわけでデリーの無印良品の様子をご紹介しました。

なお、デリーの駐在マダム界隈では、品揃えや価格設定よりも、

「店員がインド人イケメンばかり!!」として話題なんだとか笑

それも一つの楽しみとして、

南デリーにお越しの際には訪問されてはいかがでしょうか。


Saket Select City Walk


クリックしてくれると励みになります
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


2017年05月01日

インドで結婚式に参加してきた(3)-食事、そしてフィナーレへ-

※この記事はインドで結婚式に参加してきた(2)に続きます。

少年たちのおもちゃになりながら会場に到着したワタクシ、
ようやく食事の時間です。

色々食べましたが、この日の推しメシはこの2つ。

一つ目はジェリービーンと呼ばれていたスイーツ

IMG_5416

IMG_5418


なんかね、揚げたゼリーみたいなものに、ミルクのソースがかかっている感じ。

サクサクでジューシー。

絶対に高カロリーだし、見た目も良くないけど、

味は結構おススメ。機会があれば量を気にしつつ是非お試しを。


2つ目は、名前を聞きそびれたこの食べ物

IMG_5420


ヨーグルトのベースに、野菜が入って、
茶色いやつが、日本で言うところの「ソース」の味。

何が面白いかというとこのソース味、
意外とインドで出会うことが無かった。
聞くとインド料理でもたまに出る味とのこと。俺の経験もまだまだ浅いってことらしい。

まだまだ深いところがあるんだなぁ、インド料理。
(そんな話をしていたら料理の名前を聞き損ねた。)



食事を終えたところで、

何かの儀式を終えた新郎新婦がステージに登場、

ゲストがグループごとに新郎新婦にご挨拶に向かい、写真撮影タイム。
(この辺は日本と同じ)

その後、新郎のお姉さま(新婦の義理姉になる人)による歓迎のソロダンスがあり


IMG_5598


最後にハスの花の演台みたいなところに登って花火がドーーーーン


IMG_5656


ここがクライマックスで、

以降は親族によりカラオケ&ダンス大会へと突入していきました。


日本の結婚式にあるケーキカットもキスも手紙の読み上げも、

友人による余興も、VIPの挨拶もなく、

そもそも司会すらロクにおらず(時々DJが何か言ってた程度)

あうんの呼吸で全体が進んでいった、インドの結婚式でした。


*******

楽しかったのは言うまでもないですが、

皆が言う「インドの結婚式は時間になってもちっとも会場に来ない」は、
どうやら宿から会場に来るのも含めて結婚式だ
ってことが分かっただけでも、大きな収穫だったかと。


というわけで、皆様におかれましては、

もしもインドで結婚式に参加する機会がありましたら、
是非、結婚式会場までの移動の段階から付き合うと、間延びせずに済むかもしれません。
(ボリウッドミュージックのどんちゃん騒ぎには付き合う羽目になりますが笑)

地方によって違いもあるかと思いますので、
他の事例などありましたら是非コメント爛でご披露ください。



クリックしてくれると励みになります
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村



インドで結婚式に参加してきた(2)-踊りながら移動-

※この記事はインドで結婚式に参加してきた(1)に続きます。

招待状に書いてあった会場に到着するも
「新郎も新婦もホテルに居るからそっちに行け」と案内されたワタクシ、
新郎の友人の車に乗せられ、ホテルに向かいました。

着くなり、大歓迎。

「日本からうちのパンカジの上司がやってきた」
(いや、だからデリーからだってば)

「外国人が来た!」(主にちびっ子の反応)
(これは間違っていない。この日、唯一の外国人でした)

親戚一同で貸し切っているというホテルの、ほぼ全部屋に案内され、
挨拶と握手の連続。

皆のおもちゃとなり、ターバンを巻かれる俺。
(何気に初ターバン。ちょっと嬉しい笑)

image


正直なところ、平たい顔族の自分にはあまり似合っていなかった気もするけど、
皆が褒めてくれるのでちょっといい気分ではありました。


その後、ようやく準備が整った新郎は馬車で会場へ移動。
(結局、新婦がどうやって移動したかは把握出来ず)


新郎以外のギャラリーはというと・・・

トラックの荷台にDJブースとスピーカーを据え付けた特殊車両に先導され、

ボリウッドミュージックに合わせて踊りながら会場へ移動
(大半は車道なので、かなり危ない)


pankaj


IMG_5540



IMG_5404




(動画は大人しくなっているときの様子ですが)

この踊りながらの移動がしんどい

とにかくインド人の少年たち(中学生くらいかな)が
俺にボリウッドダンスを教えたくて仕方が無いようで

「ほら、こうやるんだって!」
「脚をこう!手をこう!」
「いいねぇ、ハイ次!もっともっと!」

とかやって見せるわけですよ。
そんなことやられたらこっちだって負けていませんよ。
ボリウッドは知らないけど、
一応は故マイケル・ジャクソンのファンを自称する私
見よう見まねのダンスで応じる37歳。
なぜか少年たちにウケけたようで、少年たちからセルフィー要求の嵐。

きっと今頃、Instagramあたりで「変な日本人発見。ウェーイ」とか
「#Japanese」「#funny」「#lol」とか書かれていることでしょう。
まぁ、ティーンのネタになれるなら本望といったところ。

その後、少年たちと共に1時間踊りまくって、
ようやく22時に先ほど居た会場に着いたわけです。

うん、スタッフ君の言ってた通りだね。


ってか早くメシを食わせろ(笑
腹減ったわ!!!



続く


クリックしてくれると励みになります
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村