武闘派経理マンの憂鬱

仕事の都合でインドのデリーに単身赴任することになりました。インドより現地の情報を発信していきます。

2007年08月

お盆休みに横浜中華街を歩いていた時のこと、
ある一画で、こんな貼り紙を見つけた。

0708261




















薬膳健康料理
横浜中華街初登場


夏だし、スタミナ料理みたいなもんかね〜・・・
と読み進めると、何やら怪しい雰囲気。。。

サソリ?ヘビ?カエル?
うへぇ・・・・さすが中国だなぁ・・・
そういう意味では、ここ(横浜中華街)って、本場の味なんだなぁ・・・

な〜んて変な関心をしていたところ、
そのポスターの下段に恐るべき文字を発見。

0708266







アリはるさめ

アリ?アリって・・・蟻?アントのアリ?
マジで食うの?ってかそれを日本で売るわけ???
いくら健康にいいからって・・・

すっごいな横浜中華街!!
中国人は足のあるものなら、机と椅子以外は何でも食べる
ってジョークを聞くし、現地に駐在した人から色んな話は聞いていたけど、
こうして目の当たりにすると・・・インパクトあるなぁ〜・・・


さぁ、、、、

どうする、俺?

店に入るの?素通りするの?



続きを読む

ちょっと前に、
ニュースサイトをフラフラしていて見つけた記事。

「ピューと吹く!ジャガー」実写化に要潤起用



な、なんだってぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!
こ、これは絶対に見ねば!!!

そもそも、うすた京介の漫画って、
たま〜にものすっごくツボに入ることがあって、好きなんだよなぁ。
あの人は天才だと思うよ。俺にとっての天才。
配役がどうだろうと、多分スベるとか言われようと、
これは見ねば。
今からしっかり覚えておこう。

(問題は、要潤よりも脇役陣だと思うんだけど、、、どうなるんだろうなぁ・・・w)

今週の奇食の館の更新は、

この夏話題の氷結ラーメン、儀佐エ門のみぞれ味噌つけ麺を食べたです。


夏向きのものを続けてみました。
まだやっていると思いますので、お近くの方はぜひ。



ここ最近、メディアなど各方面からの質問を受けることがあったんですが、、、
毎度毎度、その時に考えながら答えているうちに、
答えが一定していないような気がしましたので、
備忘録の意味も込めまして、「よくある質問とその答え」を公開しておきます。

***********************

Q:「奇食」とは何ですか?
A:「変わった食べ物のこと」なんですが
  当サイトでは味、見た目、大きさ、食材の組み合わせ、名前
  などが変わっているものを奇食と呼んでいます。
Q:「奇食」って、どういうものが多いのでしょうか?
A:傾向としては、以下の3つのパターンが多いように思います。
  (1)奇抜な店主の奇想天外な発想で生まれた食べ物
   (喫茶マウンテン亜呂摩茶っきり娘菊や、などなど)
  (2)地域振興など、地元の特産を売るために苦心して生まれた食べ物
   (ブラックバス系お魚アイスカキフライソフト、などなど)
  (3)食文化圏が異なる食べ物
   (サルミアッキ百味ビーンズチョコレートパスタ、などなど)
  特に(1)や(2)に多いんですが、
  美味しいと思って作ったんだけど、

  ちょっとしたボタンの掛け違いで奇食になってしまったものなどを、
  当サイトでは好んでレポートしております。
 
Q:なぜ奇食の館を始めようと思ったんですか?
A:元々ホームページを持っていたんですが、
  ある日、いかチョコを食べたレポートを書いたところ、
  かなりの反響がありまして・・・
  調子に乗って他にも面白い食べ物を食べては掲載していくうちに、
  生来の収集癖が災いして今の規模になってしまいました。

Q:いつから始めたんですか?
A:奇食の館の開始は2003年2月頃です。

Q:奇食の館の食べ物のうち、一番不味いものはどれですか?
A:ハリーポッターの百味ビーンズです。
  精神的なダメージが大きいです。
  ※この質問は本当によくされますね・・・

Q:奇食の館の食べ物のうち、一番美味しいものはどれですか?
A:美味しいものも多いので、なかなか難しいんですが・・・
  やはりここは納豆コーヒーゼリーサンドを推します。
  見た目と味のギャップが素敵な、キングオブ奇食です。

Q:奇食の館をやっていて、苦労みたいなものはありますか?
A:味覚オンチだと思われることですね。

Q:逆に嬉しかったことなどはありますか?
A:奇食の館を親子で見ているうちに、
  子供さんの好き嫌いが無くなった(何でも食べるようになった)
  という感謝のメールをいただいたことです。

Q:嫌いな食べ物はありますか?
A:ジュリービーンズ・・・(笑)
  それ以外では、エノキタケでしょうか。
  ただこれも「無い」と言われると「本当に無いのか?」と聞かれて、
  「強いて言うならエノキタケ・・・」と言っているうちに、
  なんだか本当に嫌いになったような気がしているだけのような気もします。

Q:何かこの機会に言いたいことはありますか?
A:「寄食の館」ではありません(笑)
  「奇食の館」ですので、ご注意を。
  ※まぁ、どちらで検索しても辿り着きますけどね(笑)

************************

以上、ここ最近のインタビューへの回答内容を
自分が恥ずかしくない範囲内で抜粋して載せておきました。
ご参考までに。

「シベリア」って食べ物を、知ってる?

東日本に住んだことがある人にはお馴染みかも知れないけど、
俺にとっては、話にしか聞いていなかったローカルフード。
(最初に名前を聞いた時は、ロシアパンのもっと凄いのでシベリア・・・かと思ったw)
そんなシベリアに・・・横浜のスーパーで出会ってしまった。

0708221


















平積みだった。
定番の菓子なんだなぁって実感。
もちろん買った。

0708222


















ここで、知らない人のために解説すると、
この「シベリア」は、カステラの間に羊羹のようなあんこを挟んだお菓子のこと。
名前の由来は、諸説あるものの不明。
発祥地も不明だが、今では主に東日本で売られているんだそうな。
(でも群馬では見かけなかったなぁ〜・・・・俺が気づかなかっただけかな?)

0708223


















味はね・・・
中途半端な柔らかさのカステラに、
これまた中途半端なコシのあんこが挟まっていて・・・
全体的に、なんとも中途半端な・・・(略
値段のわりに量が多いことから、
コストパフォーマンスはかなり優れている。
うん、この点は素直に評価できるな。

そもそも、ヤマザキのを食べたのがよくなかったのかなぁ?
行くところに行けば、シベリアの美味い店なんかがあるのかなぁ?
もし情報を持っている人が居たら、ぜひ教えていただきたい。
東京・神奈川くらいだったら食べに行きたいな。
 「至高のシベリアを求めて」
お、いいレポートが書けそうな気がしてきた(笑)


今週の奇食の館の更新は、

月島もんじゃアイスに悶絶です。


長らく夏休みをいただいておりましたが、
今日から奇食の館も復活です。

盆は東京・横浜近辺におりましたので、
しばらくは東京近郊ネタが続くかと思います。
中くらいのネタばかりですが(笑)、ご期待を。

070820
























 どうしてにんげんは死ぬの?
 さえちゃんは、死ぬのはいやだよ。
 (こやまさえ 六歳)



平積みになった本の、帯に惹かれて買った本。

 どうして死ぬの?
 心配性なんだけど・・・
 テキトーな性格をどうにかしたい!
 カレが無口で困っている・・・
 愛猫の気持ちはどうなんだろう?
 宇宙人っているの?

などなど、軽いものから重いものまで、様々な質問に、
弁護士でもない、教授でもない、
詩人の谷川俊太郎さんが丁寧に答えていく本。

例えば最初の質問、
こやまさえちゃんの質問(お母さんが代理で質問)には
こんなお答え。

 ぼくがさえちゃんのお母さんだったら、
 「お母さんだって死ぬのいやだよー」と言いながら、
 さえちゃんをぎゅーっと抱きしめて、一緒に泣きます。
 そのあとで一緒にお茶します。

 あのね、お母さん、
 言葉で問われた質問に、いつも言葉で答える必要はないの。
 こういう深い問いかけにはアタマだけじゃなくて、
 ココロもカラダも使って答えなくちゃね。


さすがだね、詩人って。

じっくり読んだ後に、
少し自分が豊かになったような気になれる本だった。

Amazonでご購入の方はこちらから
(本体1500円なんで送料無料)


みんな、朝青龍に冷たいよなぁ・・・


朝青龍は復帰すべき?引退すべき?に70%が「引退」(アメーバニュース)


70%が、「引退」すべきて・・・
確かに、怪我で休んでいるときに、
勝手に国に帰ってサッカーはよろしくなかったけどさ、
それを以って「引退しろ」は、言い過ぎなんでない?

キャラが立ってていいじゃない。
我侭でいいじゃない。
奔放で生意気で、そして強い。
プロ格闘技という目線で見るんだったら、
こんなにハマったヒールはいないと思う。
引退させるには惜しい。

もちろん、相撲は単純にプロ格闘技(プロスポーツ)じゃない。
日本の国技だし、神事の継承者としてあんな体たらくじゃいかん!っていう
コンサバな相撲ファンの意見も分かる。
でも、、、ここで彼を引退させちゃったら、ますます相撲人気が落ちていく。
それこそ相撲ファンにとっては、避けなきゃならないことだと思う。
(俺自身は相撲ファンと名乗るにはおこがましいから相撲好き程度にしとく)

朝青龍の相撲は確実にレベルが高い。
スピード、そしてパワー、所詮10年ちょいしか相撲を見ていない俺だけど、
あのくらいの体格じゃ最強なんじゃないかって思うくらい、強い。
そんな大横綱を・・・、まだ身体の動けるうちに失うのは、惜しい。

しっかりと謹慎(休養)をして、
みっちりと稽古を積んだ強い朝青龍の復帰を切に願う。

頑張れ、朝青龍!!


(最後は中田英寿風に)


いやはや・・・為替って本当に恐ろしいね。
(下記は直近の円ドルレート)ここより引用

0708151
















ちょっと俺が嫁の実家でごろごろしていたら、
いつの間にかこの有様だもんなぁ〜・・・
含み損が吹っ飛んじゃったなぁ、米ドル預金。

そんなうっすらブルーな俺に
さらに追い討ちをかける見出しの本を書店で発見
『ドル覇権の崩壊 静かに恐慌化する世界』
挑発的なタイトルに誘われ、早速買って読んでみた。

070815

















内容を簡単に要約すると、
「米国は分不相応な贅沢な生活を繰り返し、
 巨額の貿易・財政赤字を垂れ流しているが、
 自国の通貨が基軸通貨なので、

 印刷機を動かすだけで決済が出来てしまい、
 この状況を上手く誤魔化している。

 しかしもはやこんな無茶がいつまでも通じるはずは無い。
 米ドルはいずれ暴落することになる。
 みんなは早く他の通貨に非難した方がいい。」
こんな感じだろうか。
学術論文といった内容ではなく、陰謀や抗争などといった、
読者が飛びつきやすい内容が随所に散りばめられてあって、
非常に読みやすかった。読み物として良かった。
一方で、データ・根拠に乏しいため、学習には不向き。
これを根拠に投資をするには色々と足りないように思う。

内容よりも驚いたのは、この本が書かれた時期。
初版発行が07年7月31日
ということはこの本が書かれたのは6月以前・・・
まだ円ドルが122円とかをつけていた時期に書かれたってことに
価値があると思う。

ちょっと過熱気味だった為替投資ブームに
一石を投じる一冊
この夏の軽い読み物としてどうぞ。

楽天ブックスでご購入の方はこちらから

まよソフトやマヨあんぱんなど、
マヨネーズを使ったユニークなメニューがある
マヨネーズ料理専門店「まよまよ」
休業中だとの情報が入りました。
(情報元は名古屋・大須電波ニュースさん)

掲示板にも実際に行かれた方からの投稿がありましたので、
紹介しておきます。

 つい先日、ここのHPに載っていたマヨソフトを思い出し、
 あれなら食べれると大須へ足を運んだのですが、
 お店の照明が落ちて真っ暗・・・
 まよまよは一時休業中と張り紙がしてありました。
 (中の備品やらなんやらはそのままでした)

 しかし、表にはテナント募集の張り紙が・・・
 どうなってるのかは分かりませんが、
 今はどうやら営業してないようです。(´・ω・`)

というわけで、
このまま閉店になってしまうかはよく分かりませんが、
少なくとも現時点(07年8月中旬時点)では営業していないようです。
夏休みに行こうと思ってい方は、ご注意くださいませ。



f8bc4aa4.jpg東名高速を東に向かっています。

今は、いつもはニュースで見ていた
盆の大渋滞に参加しています。
なんとなく、祭りにでも参加しているような気分で、
一人で盛り上がっております(笑)
(帰省ラッシュはもはや国民的行事?!)

盆は横浜でのんびり過ごしま〜す。

0708081


















ここ最近、ゴーヤーチャンプルにハマっている。
動機は特に無い。
強いて言うなら、嫁の好物ってことくらいか。

これまであまり作ったことがなかったことに加えて、
「チャンプル」ってのが何なんだかよく分からなくて、
きっと難しい料理なんだろうなぁ〜って勝手に敬遠していたんだけど、
実際に作ってみると、、、、わりと簡単だった。

<レシピ>
材料:ゴーヤー1本、卵2個、木綿豆腐1丁
   豚肉150gくらい、砂糖、醤油、塩、こしょう

(1)
 ゴーヤーを縦に割り、中の白いワタを取り出す。

(2)
 ゴーヤーは5mm程度の薄切りにし、塩もみをしておく。

(3)
 卵は割ってかき混ぜておく。豚バラは適度に切っておく。 
 豆腐は電子レンジを使って水を切ってから手でほぐしておく。

(4)
 フライパンに油を引き、豆腐を投入し、
 表面がほんのり黄色くなるまで炒める。

(5)
 豚肉、ゴーヤーをフライパンに投入、
 砂糖少々、醤油大さじ1.5くらいで調味しつつ、炒める。

(6)
 塩コショウで味を調え、最後に卵を流し込んで、
 適度に混ぜて出来上がり。


(これがつい先日の)
0708082


















ダシの素とかを入れてもいいかも。
簡単なのに栄養満点、そして美味い!
夏バテ防止のためにも、作ったことの無い人はぜひお試しを。


今週の奇食の館の更新は、

アイスクリームにかける醤油です。


かなり短時間で書いたので粗があるかも知れませんが、
今週はとりあえず軽めで。
って来週は家を空けるかもなぁ〜・・・・そうすると更新は・・・・
うーん、どうしよう。


そういえば、日曜日の「アッコにおまかせ!」ですが、
奇食の館が何らかの形で出ていたみたいですね。
一応録画はしているので、早く見なきゃな〜。


TB先:Excite Bit

どうもこんばんは。
皆さん、覚えていますか?リムです。
公私ともに色々とありまして、数日間ネットを自粛しておりました。
今日からまた段階的に復活して参りますので、
よろしくお願いします。

さて、既にご存知の方も多いかと思いますが、

070804


















現在発売中のTOKYO★1週間、KANSAI1週間の
53ページから3ページにわたって、
俺の関わった記事が載っております。
気になる方はぜひご一読を。

なお、編集部の希望により、
奇食の館に載せているお店(載せていないものも含む)に
奇食度なる評価を★5つでつけております。


それから、8月5日(日)に放送の「アッコにおまかせ!」にて、
奇食の館の内容が放送されるとのことです。
内容は・・・よく分かりません(笑)
出演依頼は多忙につき辞退させてもらいましたので、
ホームページの内容がさらっと出るだけなのかも知れませんが、
いつもご覧になっている方はぜひチェックを。
あ、これってもう「今日」の話ですね。
相変わらず事前告知が出来てないな〜、うちのページは(笑)


というわけで、
久々の更新はこんな手前味噌な話でした。

↑このページのトップヘ