俺の愛読サイト「吉村智樹の街がいさがし」にて、

とっても怪しげなとんかつ屋が紹介されていた。


0607101


















一見、普通の豚カツ屋

その名も「サプライズ」


しかし、近寄ってみると・・・


0607106



















とんかつ屋なのに、流しそーめん」(コーヒー付き)




というわけで、


実際に行ってみた。

電車を乗り継ぎ、滋賀から大阪府の布施駅へ。

「布施駅前の商店街」っていうヒントしかなかったので、

探すのに1時間近くかかってしまった・・・・(笑)







0607101



















俺「あのぉ・・・流しそうめんって、やってますか?」


店主「あぁ、あれは2人からしか出来んのや〜」


           orz



そ ん な 大 事 な 事 は ・ ・ ・ 

書 い て お い て く れ ・ ・ ・ ・ ・





≪1週間後≫


0607102




















友達を連れて、再びやってきた。
諦めない俺、先月で27歳。
面白いネタの価値、プライスレス


胸を張って「流しそうめんを!」と店主に言い放った俺たちは
意気揚々と座敷席に腰を下ろした。

そこに出てきたモノとは・・・・


0607103



















お ま え か ・ ・ ・ ・ ・ 


0607104




















具と麺はこれ。

ここまでガッカリだと、逆に笑えてくる(笑)





とりあえず、
これはこれで楽しもうってことで、食事を開始!





0607105




















食べてみると・・・・

ぐるぐる回っているだけなんだけど、

これはこれで面白い(笑)





(引っかかるキュウリ動画)
※動画の上手な使い道は、まだ手探り中・・・


俺が以前食べたことのある観光地の流しそうめんは、
流されてきたものを食べるもの。
思えば、ブロイラー的だった。

一方で、この流しそうめんは違う。
流れるルートはミニ四駆のコースばりのサーキットだが、
流すのは自分、食べるのも自分。
バーベキュー的な楽しみ方が可能なのだ!


そんなこんなで、俺たちを楽しませてくれた、
この小粋な流しそうめんマシーン
その名はSomen TARO

0607107



















ネーミングはあんまりだがw
意外と楽しめるということだけは、ぜひみんなに伝えたい。


楽天で検索したらあちこちで売ってたw