★★★★★★☆☆☆☆

【スカイライナーズ (skyliners)】

プレイ人数→2〜4名
プレイ時間→30分

どんどん高くなってくビル群がかっこいい
自分の思い通りに行かないのが楽しい不思議な感触のゲームです

ゲームがわからなくてもビルを置いてくだけでもニョキニョキしてくのがいい感じ

image


ABCDEの列があります。
最終的に、その各列で自分側から見えてるビルの本数を予想するゲームです(=゚ω゚)ノ

image

どの列に何本見えているかの予想は各プレイヤーに配られた5枚のカードを使ってBETします。

早めにこのカードを出す意味もあって、これが当たれば追加得点が貰える+見えてるビルにアンテナを刺すことができます。これは早い者勝ちで1本1点。
予想を当てた場合の点数は「1本見える!」で当てれば1点。「4本見える!」で当てれば4点。

これがなかなか上手くいかない
と言うのも他のプレイヤーが「ん〜ここ狙ってそうだから手前に置いちゃうか」とか邪魔してくるんですよーT_T

なので伸ばされたくないときは「屋根」をビルの上に置くことでそれ以上置かれなくすることができます。
まぁ、屋根2個しかないんだけどさ

image

置ける建物は3種類。

上の写真の左から、
「公園」緑色。まだビルが建っていない更地にしか置けない。これが1番低い建物になります。
「屋根」ビルの上にしか使えません。これが乗ったビルはもう追加できなくなります。
「ビル」通常のビルです。どんどん建てましょう。


全員が建物を全て起き終わればゲーム終了。
あとは予想が当たった人はアンテナたてて得点計算に入ります。
image


上の写真で説明すると…
黄色のAの列は2本見えていて、それが予想で当たったのでアンテナが刺さってます。
この列だけの点数で言うと「2本見えるのが当たったので2点+アンテナ2本で2点=4点」の計算です

image

あとこれも最終得点になります。

ここに書いてある9マスのどこでもいいのでボード上で一番高いビルがあれば…3点?5点?貰えます。
今度確認して書き直します(=゚ω゚)ノ

周りを飛んでいるカモメ。
この子たちが点数マーカーとなってビルの周りを飛び回ってくれます。
このカモメが一番進んでる人の勝ちでーす。

…しかしこの子たちの羽、折って使うのでいつか取れてしまわないかドキドキっす


やった感想
不思議っ
なんとなーく予想できるもんだから邪魔できるので、最終手番が有利なのかな?って感じはある。
「予想なんてできるかーい∑(゚Д゚)」って思うか「相手の裏をかくぜ!」と楽しむかでこのゲームの評価が分かれると思います。
結構な心理戦だと思うんだよねー。

俺は後者なので楽しかったです(=゚ω゚)ノ
すごくいいゲーム!とかじゃなく、建てること、予想することが楽しい、短時間の心理戦ゲームの位置付けだと思います

ただ、なんだろう。
終わった後にもやもやとは違う「(=゚ω゚)ノ??」って感情が芽生えました。
つまらなくはないし見た目もいいし…

一緒に遊んだ方は「これ、見た目可愛いけど実は殴り合いのガチ系だよね(°_°)」って言ってました。

その感想もわからんでもない。