アンチ福井友の会 勝手にOFFICIAL BLOG

神戸から嫁に来ました。3日で福井が嫌いになりました。福井に住んでるってのは私の人生最大の汚点。日々積もり積もっていく愚痴を吐いていきます。※福井好きな方はお気分を害されるでしょうから読まないでください。

大雪

先週から続けて、すごくないですか?雪。

融ける間もなく次から次へと積もっていって、ヤバい感じになってますよね。

除雪しても雪捨てるとこもなく、どこも雪だらけ。


先週明けからずっと、雪に振りまわされ、雪に疲れ・・・
体力的にはもちろん、精神的にもヤラれますね、こんだけ積もると。
なのに京阪神はカラっと晴れてるときた!

そしてますます福井が嫌になる・・・

嶺北はどこも酷いと思いますが
うちのあたりでは1メートルくらいでしょうか。
まったく除雪のしていないところはもっとあるかもしれません。

いつか融けると分かっているものの
やはり雪に腹立つ。
雪に慣れてない地方から来たので余計にね


ニュースなどで大々的に(?)報道されているのかもしれません、
気にしてくれた身内や友達が「大丈夫?」ってLINEくれるのはいいのですが
どう答えろと?
大丈夫じゃないけど、まぁ何とか大丈夫だし。
大丈夫だけど、そんなに大丈夫じゃないし。

だったらいっぺん住んでみたら?3年ぐらい。

とか言いたくなりますよね。。。




メッセージ機能についてです

いつもこんなブログをご愛読くださりありがとうございますm(_ _)m

パソコンで見られている方はご存知かもしれませんが

拍手ボタンをクリックしたら出てくる小さい画面の
「一言メッセージを送信できます」
ですが、
これがたぶん終了したみたいで・・・

ほんとにたくさんの方から、同感!共感!のメッセージを毎回たくさんたくさんたくさん・・・!!
頂いて楽しみに読んでいたのですが
サイト側の勝手な都合でどうやら終了したみたいです。

わざわざメッセージを下さった方、ありがとうございました。

ひょっとしたらまた復活するかもしれませんので(分かりませんが)
その時はまたよろしくお願いします☆





カメムシ

カメムシの存在自体は知っていたものの、実物を福井に来て初めて見た人、挙手。




カメムシは緑と茶色がいることを福井に来て初めて知った人、挙手。
(カメレオンのように変色するのか、種類が違うのかは知りません。)




他の地方にもいるのだと思うのですが、少なくとも私がかつて住んでいた
神戸、京都では見かけませんでした。

クラクラしました

先日、用があったので、少し離れた某市へ行った時の話です。

帰りはあいにくアシがなかったので、久々に電車を利用することにしました。
駅までタクシーを使うのはまぁいいとして(バスなんてないもんなー)
タクシーで着いた駅が、駅というのは名ばかりのような、「停車場」と呼んだほうが
相応しいような・・・


ま、ね。
こーゆうのもね。
ある程度慣れたというか諦めたというか免疫がついたというか・・・
ですが、久々なこともあって、いろんなことにクラクラしましたね


その「駅」で自宅の最寄り駅までの切符を買おうとしたら。
ある意味・・・
切符を買うこと自体久しぶりなんです。
すっかり車生活だから電車に乗らないからだけじゃなくて
切符っていうのはそもそも必要ないんですよ。
ICOCA使うから。(東京とかはスイカとかね)
で。
切符を買おうとしたら
見慣れた切符販売機ではなく、「食券売ってるの?」って思うくらいのショボイ券売機。
とりあえず切符を買って、駅員さんにハンコ押してもらって(自動改札ちゃうんかよ・・・)
駅に入ってから気が付いたのですが

去年、引っ越して最寄り駅がひとつ隣に変わったんだった。

クラクラしてたから切符買うの間違えた。

(ICOCAだったら乗り越したって精算する必要ないのにな・・・)

戻って駅員さんに言って買い替えようかと思ったけど、それも面倒。
確か、車掌さんが回ってきて切符のチェックしに来るはずだし
そこで追加料金払おう

と思っていたのですが、

電車の中で聞いたアナウンスが

「この列車はワンマンです」という内容のもの。

電車がワンマンって何それ?!

どうやら車掌いないらしい。乗り越し精算は、運転席の横にある両替機で
精算して運転手さんに切符渡すとか・・・
どーとかアナウンスで言ってたな・・・
整理券?何それ取ってない・・・


と、色んな「初めて」に遭遇し、またもやクラクラしました。


結局、バスみたいな感じで済ませてとりあえずオッケーだった。。。

福井にきて数年経ちますが
久々にカルチャーショックというかギャップを感じました。


自宅最寄り駅に着いて電車を降り、そこから歩いてもいいのですが
時間があまりなかったのでタクシーを呼ぶ。
わざわざ電話してタクシー呼ぶのも何かね。。。
タクシーって、そこらへん走ってるのを手ぇ挙げて「拾う」もんですが。

しかも、お迎え代100円ぐらいキッチリ取られる。




「ここで終わっていくのかしら」

7月にダンナの実家に遊びに行った時の話です。


前にも少し書きましたが、ダンナはもともと東京の人で、
小学校低学年の頃に、父親の転勤で福井に引っ越してきたのでした。
義父は根っからの江戸っ子だそうで
福井に転勤(左遷?)は、かなり大変だったと思います。
東京で生まれ育ったプライドもあったようで(ダンナ一家はそんな感じ)
それが今でもくすぶっているように
私が見ている感じではそう思います。
まぁ私もそうかもしれませんが。

さて、その義実家での一コマですが
食事の片付けを義母と一緒にしていたのですが、その時
何の話の流れだったか、義母が義父に言った一言。


「ねぇ、アタシ達このままここで終わっていくのかしら」



義母は暗い感じで言った様子ではなかったのですが

この一言、私にはかなりガツンときました。

自分は70過ぎて、そうなりたくない・・・
常に(義両親の場合は)東京を羨み、他人を羨み、、、
私の場合は関西に居る友達や親戚を羨み、自分を蔑み、、、

あぁぁぁ、そうなりたくない。


何とかしよう。


そのために、今できることは?




久々の帰省

少し前の話ですが
先月のボン休みは必要以上に長かったので(保育園の休みが長い=芋ヅル式に私も休みになる・・・)

何もせず福井に居るのも気が滅入るので、多少の無理をして3泊4日で
実家に帰省してきました。

たぶん正月以来の脱福でした。

地元の友達の赤ちゃんを見せてもらう為、お宅へ遊びに行ったり
久々に会う友達だったので楽しかった~

兄・弟夫婦も子連れで帰省してたので
実家はもうしったかめっちゃかでしたが


あーーー・・・・

やっぱ、いいなー関西。
この地元感。

福井では味わうことのない感情っていうか
そんな感じでした。
やっぱり自分の居場所は福井でないと痛感しました。

同時に、これはいつも脱福するたびに思うのですが

関西に居る兄・兄嫁・弟・弟嫁、そして何よりも嫁ぎ先が関西の友達
ひいては関西で育つ甥っっ子や姪っ子まで
羨ましく思ってしまいます。

この先死ぬまでずっと
こんな風に、他人を羨んでばかりいながら福井で生きていくのは嫌すぎる。
どんどん心や性格まで荒んでいきそう(もう既にその域にキテますが)

このストレスを糧にして

何とかしよう。

何とかしなければ。


今回のお盆はそう思えるきっかけになった帰省でした。


もうひとつのきっかけがあるので、次の記事に書きます。







やっぱり違和感

お店のスタンプカードのスタンプがいっぱいになると「全部つまる」と言う…


灯油のことも、ガソリンのことも、「あぶら」と言う…
これは年配者だけだろーか。


天気がいい日は屋根に布団を干す…
屋根の上って汚くないの?雨やら黄砂やら花粉やら…
干す前に拭いてるのかな?



「県外」「県内」を多用する。
↑説明しづらいけど、違和感。
神戸に住んでた時はほとんど使わなかった言葉。
兵庫県は県よりも地域重視だからかなぁ
でも、京都に住んでた時も府内とか府外とか言わなかったけどなぁ

染まらないように、使わないよう意識してる。

退職を選ばなかったワケ

皆さまこんにちは。

産休と1年ちょっとの育休が終わり、先月から職場復帰を果たしました。
小さい子を保育園に預けるのはいいのか悪いのか分かりませんが・・・

一昨年、妊娠が分かった時、最初は仕事は辞めるつもりでした。
が、産休&育休を選んだのは。

「再就職しようと思った時にまた就活で苦労するのが目に見えてたから」

です。

どーせ
面接官「お子さんまだ小さいですよね、病気した時とかどーするんですか」
とか聞かれるにきまってるし。

ちなみに↑この質問って、「両親(祖父母というべきか)と3世代同居の嫁じゃないと
雇わない」という条件ではないか?
だったら最初から求人票にそう書いといてくれたらいいのに。
履歴書作る時間がムダ
面接に行く手間と時間がムダ
福井にきて就活するのにどんだけムダをしたことか・・・


なので、職場には迷惑をかけるのは百も承知で
居座ることに決めました。
いいのか悪いのか・・・

これってアリ?

あるクリニックのお話です。
仮にAクリニックとします。先生はA先生。
ここは近所でも結構人気のクリニックでした。
そのAクリニックが、急に閉鎖されてしまったようでした。
あとで聞いたところによると、(あくまで噂ですが)
同業者間(例:歯科医師会みたいな、横のつながり)で嫌われて
干されてしまったとか。
Aクリニックが人気だったから、同業者の老舗の病院からすると面白くなかったのでしょうか。

そこまではいいとして。

そのAクリニックの建物はそのままで、新しく開院したBクリニック。先生はB先生。
ちょっと前に風邪をひいた時に行ってみました。
すると内装などはAクリニックのままで
待合室に置いてある漫画や本もAクリニックのまま。
クロスぐらい張り替えたらいいのに・・・
ソファも黄ばんだままだし・・・

そこまでもまぁいいでしょう。

初めてです、と受付スタッフに告げると
問診票など書いたりして、さて診察。
B先生に、微熱と鼻詰まりがあります、と症状を伝える。
B先生は私の話を聞きながら、パソコンをカタカタと打つ。
パソコンの画面を見ながら
B先生「そうですね、アレグラがよく聞いたそうですが、
アレグラは授乳中はあまり飲まない方がいいので、授乳中にも飲める他のお薬を出しますね」




ん?




B先生、私はB先生とお話するのは今日が初めてですよね?
アレグラは確かによく効きましたが、
私がこの話をしたのはA先生に対してですが?


たぶん
Aクリニックで使っていたパソコン、データも含めてそのままBクリニックで使ってるっぽい。
流用してのは内装や本だけではなかった。。。

いいのかコレ・・・


車屋にて

車の任意保険の更新のお知らせが届いていたので、
毎年やってるように、車屋に電話しました。

毎年やってるように、保険の担当者(女性)に取り次いでもらい
(他の者ではよく分からんっぽいので)
いついつ行きます、と話をしました。

女性「年齢条件で、こういうコースがありますが、どうしますか?」
私「じゃ、それにしてください」
そのコースで書類を作っておいてもらうことに。
私「ついでに、オイル交換もお願いしたいのですが、オイルフィルターも交換するとなると
いくらぐらいになりますか?」
女性、しばらくお待ちください、と電話を保留にして整備士に聞いてくれたようで
女性「5000円ほどになります」
私「ではフィルターも交換お願いします」

と、こういうやりとりをして電話を終えました。

当日はダンナが手続きしに車屋へ。
ダンナ「新しいプリウスが並んでたから、それ見せてもらいたい」
とか言ってた。


ここまででカンの良い皆さまならもうお気づきかと思いますが・・・

帰宅したダンナの話によると、

店に行き、
「保険の件で先日電話した〇〇と申しますが」
と受付嬢に声かけると、ちんぷんかんぷんの受付嬢。
保険の書類もできておらず、年齢条件のコースも真っ白の状態。
オイル交換でもフィルターの話も整備士に通っていないという・・・

信じられませんな

さらに待ち時間、受付嬢に
ダンナ「新しいプリウス、見させてもらっていいですか?」
受付嬢「では、鍵をお持ちします」
で、受付嬢は営業マンを呼びに行ったらしい。
来た営業マン
「何かご用でしょうか?」


ダンナのイライラっぷりは容易に想像できます・・・



この話を聞いて私、「次車買うときはあの店やめよう」

するとダンナ「あの店だけじゃない気がする。どこも似たようなもんだ」



確かに。



正しい日本語?

元々、社交的なのかそうでないのかよく分からない性格ですが
珍しく市の催し物(?)に出席してみようと思ったのは
案内ハガキに「保健師の話」があると書いてあったからでした。

その催し物というのは、
コドモが今月に1歳の誕生日を迎えるので
同じ時期に生まれた赤ちゃん(と、その親)でお誕生会をするというもの。
そんな案内ハガキが届いたのでした。

同じ月齢ということで、ほかのコを見たかったのもありましたし。


行ってみると、
前半→お遊戯・・・参加する価値なかった
後半→保健師の話
これからの育児のポイントと題しておりましたが
主に「会話」に重点を置いた話でした。

その中で、こんな話がありました。
例えばの例を挙げ(内容は割愛)

「~~・・・という感じで、赤ちゃんに正しい日本語を教えてあげてください」


正しい日本語?

正しい日本語を話せない親が、どうやって正しい日本語をコドモに教えるの?



ご無沙汰しておりました

気が付いたら1年以上もほったらかしΣヾ( ̄0 ̄;ノ

お久しぶりでございます。

何からお話ししていいのやら、こちらはとりあえず元気に育児に励んでおります。
表面上は。


去年の1月24日に元気な男の子を出産しました。
病院着いて2時間のスピード安産でした。
おかげで立ち合いを希望してたのにダンナは間に合いませんでした(苦笑)
代わりに母が立ち合ってくれたので、むしろそれでよかったかな、と。

その前夜から今日に至るまで、連日連夜、満足に寝れてません。
世の中には2人3人コドモ産む人がいるなか
1人くらいでこんなこと言ったら怒られるんでしょうが・・・
出産から半年→授乳とオムツ交換
半年から今日→授乳とオムツ交換と離乳食
これがこの1年でやったこと、覚えていることのほぼ全てです。
と言ったら過言ですが。


家事と育児とその他諸々のことで割と忙しくしているので
頻繁に外出することもなく
エ○パとかにも行くこともなく
福井にイライラすることも少ないのですが
春からはまた生活が変わるので、新しいジャンルの愚痴など
生まれてくることでしょう。。。

また、時間のある時にのんびり更新していきます。(たぶん)



当たり年?

2015年、明けましたね。
長生きしたなぁ…ついこないだ2004年ぐらいだったのに。

皆さまはどんな正月を過ごされましたか?

聞くところによると、凄かったようですね。
元旦から雪。
ダンナが自分の実家に顔出すのに、まず車出すのに除雪。
実家に1泊だけして帰宅したら駐車場に車入れるのにまた除雪。

ここ3年ほど雪がほとんど降らなかった分、肉体的精神的にクタクタになったとか。
もはや「雪害」と言っても過言じゃないでしょう。

良かったー
早めに疎開してて。


その日こちら疎開先の京都でも珍しい「大雪」で
(と言っても10cm程度で翌日にはほとんど融けましたが)
ちょうど正月で遊びに来てた甥っ子姪っ子その他、私以外のメンツは大喜び。
私?
雪なんて嬉しくも楽しくもない。
見たくもない。
せっかく逃げてきたのについてくんなよ( ̄◇ ̄;)


そんな感じの(?)正月でしたね…

おかげさまで例の静止画のキモいCMを見ることもなく過ごせました。


今年は(と言うよりこの先毎年)また新たな種類のストレスが増えそうです…

引き続きご愛読よろぴくお願いしますm(_ _)m

良いお年を。。

すっかりご無沙汰しております。

17日で仕事が終わり、19日から実家に疎開しております。
三食昼寝おやつ付きの、超グータラ生活です…激太りしそう( ̄◇ ̄;)
この正月はダンナの実家にも顔出しません☆


それにしても…
ハッキリ言って快適ですね。
雪なんて一粒もないし青空見えるし、
テレビのチャンネル多いし&チャンネル分かるし(私は今だに福井のチャンネルがわかりません)、
イントネーションしっくりくるし、
この真冬なのに外に干した洗濯物が一日で乾くし。
福井に行くまでは全て当たり前だったことが
今はすごく特別に思えますわ。

ま、実家or妊婦ならではの多少の不便さはありますが
福井に居た時のストレスに比べたら屁でもない。
私ぜんぜんココの子でやっていけるわ〜


そんなこんなで(?)
2014年も暮れて行きます。

皆さま、屋根からの落雪にはお気をつけて、良いお正月をお迎えくださいませ。
また来年お会いしましょう。

今年最後のご挨拶でした。

長期脱福計画、始動

仕事やら何やらに追われていたらすっかりご無沙汰しておりました。

この冬一発目の積雪が来ましたが、だいぶ溶けてきました。


現在妊娠8か月後半になりました。
すっかりメタボ・・・じゃなくて妊婦体型です。
でも友達に言わせると、「思ったより小さい」そうです。


幸か不幸か、最近こんな感じです。

検診で「赤子のアタマが少し下がってきて早産のリスクがあるからなるべく安静に」と言われ

ダンナが超心配して、里帰り出産の計画を変更。

当初、年内までコッチに居て年始に帰省したらそのまま実家に居ようとしていたところ
実家入りするのは早い方がいいと言いだし
来週、検診のついでにそのまま実家に居候することに。

てことで、この正月は義実家にも顔出しま、せん!
正月に流れる静止画のCM「株式会社ナンタラカンタラが新年のお慶びを申し上げます」
ってヤツも見ることはないでしょう。
あれ超キライなんです。

今年の雪の期間ぜーーーんぶ、脱福します。

毎日晴天で乾燥して喉カラカラで、枝毛とかもできるだろうけど別にいいわ~
テレビのチャンネル多くてどれ見ようか迷うかもしれんけど別にいいわ~
変なイントネーションに触れることもなく
スーパーなんかでマナーの悪い人間にイライラすることもなく
3か月ちょっとの脱福を楽しんできます。


お手本

コッチに引っ越してきて最初のパート先で知り合った女の子(と言っても年上)
東京からお嫁に来たとのことで仲良くなり
今もちょくちょくゴハン食べに行ったりしてます。

彼女、コッチに来てから出産した女の子(いま3歳ぐらい)がいて
去年ぐらいから保育園にも通ってるそうです。

先日またランチに行った時に前から悶々と気になっていたことを聞いていました。
私「3歳だったらもう喋るの?」
彼女「すごく喋るよ~」
私「訛ってるの?」
彼女「ううん、全然」

マジかよΣヾ( ̄0 ̄;ノ

だって、保育園で保育士や周りの子から変なイントネーションをインプットされてない?
一日のうちで一番長いこといる(?)場所でしょ?

と聞くと、やっぱり「訛ってないよ」

との答え。

彼女の話によると、ジジババと同居ではないし
親がシッカリ話してあげれば大丈夫、とこのこと。
(どうやら諸悪の根源は同居のジジババにもあるらしい)

まぁでもまだ3歳だし・・・
これから小学校~高校で何が起こるかワカランけど・・・


というワケで、うちも見習ってチャンとした日本語を教えようとの
意思を固めた次第です。
変なイントネーションで喋ろうもんなら返事してやらない(≧ヘ≦)

最低でも県外2

こーゆうネガティブで独りよがりなブログを書いてると、
「じゃ、離婚(か別居)して出ていけばいーじゃん」
っていう意見もあるかと思いますが・・・

私と同様、福井の生活に吐き気を覚えながらも
日々ガンバってくれてるダンナをほってくわけにもいかないし

そりゃーたまにはケンカもするし、ケンカすると超ムカつくんですが
決して悪いヤツではないし、そこまで嫌いじゃないんですよね。
福井への不満や愚痴は一番に聞いてくれて共感してくれるし
そのへんは有り難い存在です。


なので、
はれて二人でこの福井から出ていけるとしたら、
あるかどーか消費税率より可能性の低いダンナの転勤か
退職後か・・・
常日頃より、もし会社で転勤の話があったら二つ返事でOK、
なんだったら「行きます!」と挙手してもいいと
言ってあります。


もちろん、最低でも県外ですけどね。


大正時代から

いま夏目漱石の「門」という作品をチマチマと読んでいるのですが。
名前ぐらいはご存知の方も多いでしょう。

その中に出てくる主人公の友人で「安井」という人がいて
その人についての描写でこんな節があります。

国は越前の出身だけど、長いこと横浜に住んでいたので
東京の者と大して変わらない(話し方)
とか、
この安井の妹だと紹介されたある女性(実際は妹ではなかったけど)について
国の訛りが出ていないのを主人公が訝しがった

とか・・・


この「門」が書かれたのが大正時代であるから
(↑間違ってたらすみません)
100年も昔から、この県のヤツらはひどい訛りをしていたのだと
うかがえます。
きっと漱石も、初めて福井の訛りを聞いた時
あまりにひどかったから印象に残っていたのでしょう・・・


違和感

先日、昼前のTVのニュースをぼけ~っと眺めていたら
鯖江市内の8号線で起こった大型トラックの事故について述べていた。

「~~方面から走ってきた京都ナンバーの大型トラックが・・・(以下略)」


ん?

何だこの違和感。


普通、こーゆうニュースで『どこどこナンバーの』なんて言うか?


よっぽど他府県ナンバーが珍しいんだな。



・・・鎖国してますからね・・・



やってはいけないミスプリ

前回、母子手帳を貰いにしやくそに行った時のお話を書きました。



その時に貰ったいくつかの冊子の中にこんなのがあって

2014-07-27-21-12-55





























この冊子の中にこんなページがありました。


2014-07-27-21-13-07



























何この地元愛のゴリ押し・・・
ページをめくるだけで恐ろしい・・・


この特集ページの中には、子供の日の鯉のぼりとか
いわゆる全国的なものも中には入っていましたが。



ここらを何の気なしに見ていたところ、戌の日のお参りについて
書かれているところがありました。
戌の日のお参りについてはたぶん全国でやってる行事(?)かと思われます。
ネットでもよく出てるし。

で、下の赤で印をつけたところが
今年の戌の日を教えてくれるカレンダー(?)になってました。


BlogPaint






















これが明らかに間違っているという恐ろしいミスプリ。

BlogPaint





















戌の日は12日に1回まわってくるので、19日の次が24日は明らかにおかしい。
31日になるはず。
なぜ気が付いたかとゆーと、その日にお参りに行こうとしてたからです。
もちろん地元(京都)の由緒あるトコに。



これ信じてお参りに行った人どーすんの・・・
神主に「今日戌の日じゃないですよ」
って言われるのではΣヾ( ̄0 ̄;ノ



プロフィール

りん

カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ