紗江に好意を明確に示されて意識するのですが、2年前のクリスマスの失恋が頭をよぎり悩む純一。
序盤で触れなかったので、こういう形で持ち上がるのですね。
美也に聞いてスペシャルバナナパフェを一緒に食べたカップルは末永く幸せにという噂を聞いて店に入るのですが、とんでもないサイズですね。
お値段も凄そう。
完食しようとする純一を他の客があの人大丈夫なのかしらとか言ってます…
そしてクリスマスイブ当日。
ベストカップルコンテスト。
他のカップルと言うと、ドレス姿のはるかとカウボーイ姿の響
梅原は巨大な魚のぬいぐるみと…と凄まじくネタに走ってます。
純一と紗江はタキシードとウェディングドレス。
コンテストを聞いた紗江の母親がオーダーしたとか言ってましたが、もしや公認?
結果は1位は満場一致ではるかと響。
2位は純一と紗江。
衣装は母親が…ではなく、実は紗江が縫った物らしいですね。
翌日のクリスマス、コンテストでもらった映画館個室鑑賞券で映画を見に行きます。
緊張してトイレでグダグダ考える純一を変な外国人が英語で励まします。
パンフレットを見ると今から見る映画の監督だったと。
この監督が主演女優と付き合っていた事が発覚して、だから女優を魅力的に撮れたと言われているようです。
それを聞いて純一は、自分の方が紗江を魅力的に撮れるとか言い、ようやく告白。
しばらくのち、言葉通り紗江を女優に変な映像を撮っているようです。
ペンギンのきぐるみって意味分からないです…
美也も黒猫のきぐるみで乱入。
本人達が幸せならいいのかもしれませんが、ナレーション言った「少女よ、本当にその少年で良いのか?」って聞きたくなりますね。
膝裏、ヘソと来て次はどこかという期待も少しはしていたんですが、それは無しでした。
次回は七咲逢編ですが、タイトルが「サイアク」ですし、今回のように最初から好意的とはいかなそうですね。
最後に、ウザいナレーションはないと嬉しいです。