京介が家に帰ってくると、玄関に飛び出してくる桐乃。
どうやら通販で注文したエロゲーの到着を待っているようです。
届いたら玄関で即開封。
両親は今日遅いらしいですが、なんと無防備な。
早速インストールしてプレイ開始。
どうやらツンツンした妹のりんこと、おしとやかな妹のみやびとの同居を描いた内容ですね。
どちらから攻略しようかなと悩む桐乃ですが、どうやらりんこからのようです。
しかし、その毒舌にゲーム相手にキレる桐乃。
どれだけ感情移入しているんだか。
どんな教育受けてきたんだとか言ってますが、お前の京介への態度そっくりなんだから、自分を省みろと言いたい。
そんな様子が薄い壁越しに京介の部屋にも。
実況中継される方はたまらないですね。
一通り部屋で暴れた後は、攻略は後回しにする事に。
みやび攻略に移行しますが、ニマニマしたり、鼻息荒くハアハアしたり、結構ヤバイですね。
何度も「お兄ちゃん、大好き」ってセリフを再生して悶えてヤバイとか言ってますが、ヤバイのはお前だ。
Hシーンを前にして、自分もシャワーを浴びに行ったり、さすがに引きますよ。
沙織はお嬢様モードで、自宅で優雅にティータイム。
そんな中で、オーダーメイドのメイド服が届きます。
桐乃と黒猫の分もあるようで、なにやらイベントを企画しているようです。
黒猫は自宅で妹と過ごしています。
原作では黒猫に妹が居るという事以外に謎な訳ですけど、アニメでの妹は小さな子で、黒猫も普通に良いお姉さんをしています。
メルルの絵を描く妹に、桐乃から借りたDVDを見せたり、膝の上で寝かしつけたり。
個人的にはもっと年の近い妹がいて、オタクな姉を嫌っているようなのを予想していましたので、中々の意外性。
そんな黒猫に京介から電話がかかって来るのですが、桐乃の奇声が響き渡ります。
その事に対して京介は、「近所の猿が騒いでいるんだよ」と。
桐乃が聞いたらブチキレそうですね。
今回は桐乃の最後の人生相談の話も持ち越しとなりました。
あとは、桐乃のやってたエロゲーもそうなのかな。
桐乃そっくりの妹りんこと桐乃を絡めて展開していきそうです。
今回もアニメオリジナルな回なのですが、原作者の伏見つかささんの脚本という事で、黒猫の家庭の話とかも原作準拠という事になるでしょうし、キャラを上手く掘り下げており安心して見れました。