智樹の夢の中で、カオスが来る前に逃げてと呼びかけるダイダロス。
そして、破壊されたイカロス、ニンフ、アストレアと成長して大人の姿になったカオス。
悪夢から目覚めると、そあらの姿。
台風でも来た様な大雨の中、システムダウンしたイカロスとその様子を見るニンフを残して登校。
イカロスは智樹を忘れているようで、非常にまずいのでは…
カオスは成長するエンジェロイドだけに、以前より強大になっているのは間違えないようですし。
英四郎はいち早く異変を感じ取ったようです。
何でも、各地での異常現象に加えて、まるで空美町を目指すように南下してきている台風は逆回転。
智樹の夢と関係あるのかなと言う話と、智樹が知らないはずの第二世代という言葉を聴いて、英四郎と美香子はアストレアを伴って調査に出る事に。
アストレアは冷蔵庫の中に入ってソーセージを食べていますが、何をしているのやら…
英四郎の今度はイカロスではなく、智樹を狙うかもと言う懸念の元、智樹とそあらは学校に残されるのですが、アストレアを連れて行ったら完全に無防備では?
そんな中、シリアスな智樹に何を思っているのかと思えば、その視線の先には大雨で制服が透けてブラが丸見えの女生徒達。
一方、自宅待機中のイカロスとニンフはイカロスの診断がニンフによって行われました。
自動修復プログラムで、智樹に関するデータが消されて、まだ完全には消えていないけど、プログラムを止める力は今のニンフにはないようです。
羽さえあれば…という話になるのですが、無い物はなく。
アルバムを見返して、忘れたくないとイカロスは涙します。
そんな状況の中、英四郎と美香子と調査するアストレアの前についにカオスが襲来。
英四郎と美香子を逃がすため、1人時間稼ぎをアストレアがします。
ニンフと智樹に連絡が行き、智樹はダイブゲームでダイダロスに会いに行きます。
アストレアの方はカオスにまったく歯が立たず。
イカロスとニンフが救援に来ますが…
ダイダロスに会いに行った智樹は、そんな状況をモニターで見ながら、「また、訳の分からない事に巻き込まれてウンザリだよな」と言い、ダイダロスも謝罪しますが、憤っているのはイカロス達の事でした。
おしゃれしたり、美味しい物を食べたり、友達と笑いあったり、エンジェロイドだって平和が一番だと。
そして、駆けつけた智樹は、敗戦間際のイカロス、ニンフ、アストレアに声をかけます。
イカロスにはマスターとして、死ぬなと命令。
ニンフとアストレアには、マスターがいななら、俺がなってやる、いくらでも命令してやる。
皆で一緒にいたいと言う智樹の言葉が、力を与えます。
ニンフの羽が再生し、カオスをハッキング。
さらに英四郎から送られた戦術を元に、イカロスとアストレアの戦術プログラムを一時的に強化するフィールドを展開します。
イカロスの方は本来自動追尾しか能力のないアルテミスの弾道を操り、カオスの羽を破壊。
アストレアも強化された超振動光子剣クリュサオルとaegis=Lでカオスを追い詰めます。
ですが、敗れたカオスの愛が痛みと勘違いから出る「殺して」という言葉に止めをさせず、剣を収めます。
そこに智樹がやって来て、遊んでやればよかったと頭を撫で、カオスの目にも涙が。
傷を負うのとは違う胸の痛みを覚え、ようやくカオスも愛を知りました。
カオスの鎖にダイダロスから預かった鍵をかけますが、これは何なのでしょうね。
カオスも智樹に保護される事になったようで、空のマスターはまたしても智樹にエンジェロイドをプレゼントですか。
智樹達を見下していますが、自分こそ本当に無能な馬鹿ですね。