悩ましげにタクトを誘惑するカナコですが、お前人妻なんだろう…
このカナコの旦那という羨ましい男はどんな奴なのかと思っていたら、65歳の老人…
世界有数のお金持ちとの事で財産目当てか…
ドスケベとか言っていますし、この悩ましい体は既に65歳の爺の物という訳か。
欲望という絆で結ばれているという事ですが、金銭欲と性欲という利害が一致した訳ですね。
破綻は早そう…
おまけに綺羅星十字団の幹部のようですし、内面は黒そうです。
タクトは島に泳いでくる途中で、今月の生活費を魚に分け与えてしまったという事で空腹。
クラスメイトでタクトにお熱のマキナ・ルリは、タクトにお弁当を分け与えます。
カナコは世話役のシモーヌ・アラゴンに教室で髪をカットさせて、ダイ・タカシに掃除させています。
文句を言う委員長のニチ・ケイトですが、掃除しているんだからいいじゃないとカナコ。
そういう問題ではないと思いますが…
それはともかく、お金に困ったタクトにプール掃除のアルバイトを持ちかけるカナコ。
カナコの住居は豪華客船。
そこのプールを掃除する事に。
ですが、プールはペットのワニ・ワニータ男爵の住居。
副部長が驚いて大混乱。
排除しようとしたタカシをタクトが止めて、心得があるようだからと試合をする事に。
勝ったら給料は2倍、ガラス越しのキスをガラスなしで好きなだけとカナコは言いますが、ルリが駄目だと大騒ぎし、ワコも何か言いたげ。
給料2倍目当てに試合をしますが、2人も本気ではなくつまらないとカナコが言い、試合は中止。
その夜、タカシにタウバーンを倒すように迫るシモーヌ。
従順な使用人かと思いきや、裏ではそうではないようですね。
カナコの方もそれをしっかり把握して盗撮しているとか、綺羅星十字団の第4隊「おとな銀行」は一枚岩ではなさそうです。
それにしても、使用人とはいえ男相手に裸を見せるとは、カナコはエロいですね。
そして、今回の敵はタカシ。
タカシのサイバディ・ツァディクトの持つスターソード・アメティストに対し、タウバーンもスターソード・エムロードを出します。
11本目のスターソードという話ですし、綺羅星十字団には他に9人のスターソードの使い手がいるという事ですかね。
押されるタウバーンですが、やっぱやりにくいともう1本のスターソード・サフィールを抜きます。
それであっさり形勢逆転。
得手が2刀流なら、なぜ最初から出さない…
今回の剣でのバトルは正統派な戦いと言えますが、これはないでしょう。
タカシは敗北した事でスタードライバーとしての資格を剥奪されましたが、「シルシ」の所有者で、電気柩を使わなくてもサイバディを動かせるらしく、不敵な笑みを浮かべていますし、再戦がありそうですね。