フリュネが逃げ出して来たと思われる施設で、慌てふためく人々。
フリュネが盗み出した世界の鍵は、フラクタルに関する物なのでしょうか。
フリュネの残したブローチのデータから、クレインの前に現れた、ドッペルの少女・ネッサは一体…
ドッペルにしてはやたらとリアルで、感触もあるようです。
奔放なネッサを見ていると、誰かのドッペルという感じがせず、自立稼働しているように見えますね。
機械に触れると誤作動させるようで、トラブルを巻き起こして振り回されるクレインは散々ですね。
結局、ネッサをセキュリティに預けるクレインですが、家に戻るとこれまでよりも広く感じられ、孤独を実感する事に。
触れる事の出来るドッペルは、開発はされているようですが、性的玩具などを目的に闇市場で取り引きされているとか…
それともネッサは違うようですが…
エンリとその兄のスンダ、部下のタカミーとブッチャーの目的は、スンダの発言から考えるに、フリュネが盗み出した世界の鍵でしょうか。
自分が直接その肌で感じた事は段違いと、ドッペルに対して、この世界では珍しく否定的な、現実の人間から見ればまともなタイプのようですし。
結局ネッサは戻ってきますが、クレイン共々エンリ達に捕まり、どこに連れて行かれる事やら。