今回はサリナ脚本の夜間飛行による演劇「神話前夜」。
サリナ脚本のはずですが、なんだかサカナちゃんがヘッドに語った話にリンクした話です。
役はクレイスがワコ、マルクがタクト、コルムナがスガタ、魔女・アインがタイガー、サカナの惑星の女王がジャガー、エントロピープルがサリナとなっています。
クレイスに恋するコルムナ。
クレイスは普通の人には見る事も出来ない存在ですが、コルムナは見る事は出来ましたが、触れる事は出来ません。
そんなコルムナが出会うアイン。
触れる事の出来ないクレイスに触れられる宝石を見せ、対価として船を動かす事を求めます。
その船は自在に空を飛ぶ事が出来る物でしたが、高い所にいるのは地位の象徴であり、サカナの惑星では飛ぶ事は禁忌。
それを脅かすコルムナを許さない女王ですが、コルムナは女王を殺し、王になります。
飛び回るうちにクレイスへの想いを忘れるコルムナ。
クレイスより船を選んだコルムナの前にアインが現れます。
コルムナは既に船であり、この星最高の魔力である船を取りに来たアインですが、それと一体となったコルムナの力はアインを上回っており、アインも殺害。
船と一体となり、不老不死となって王として君臨し続けたコルムナ。
幕間を挟み、時は流れた後の時代。
魔力を使わない一族・エントロピープルは、マルクにその話を語ります。
コルムナと同じ力を持っているマルクですが、マルクはクレイスを選び、キスシーンで劇は終幕。
劇を見に来たというより、タクトの好きになった人を見に来たハナ。
結局、この子は恋愛感情とかは持ち合わせていなかったんでしょうかね。
この劇に興味を示したのはレイジ。
サリナに接触し、連絡先を伝えて、良かったら絵のモデルになってくれと。
また、女をヌードモデルにでもするつもりなんでしょうか、この屑は。
去っていくレイジに親父は駄目だと言うサリナですが、全ての事情を知っているのでしょうか。
今回の劇の話も、船をサイバディに置き換えれば、色々としっくりくる物もありますし、この終盤でやる以上は何らかの意味があるのでしょうね。
タウバーンだけは地球人の為に作られたサイバディというのも気になりますね。
最後にゼロ時間の発動も王の柱の使用もないのに眠りについたスガタ。
ケイトがスガタの寝所に入っていたのは、やはりシルシの力を補充する為でした。
すぐに目覚め、それに気付いたスガタですが、どうなる…