タイターに救世主になってほしいと言われ、取り乱す岡部ですが、取りあえずは世界線を超えてなお記憶を保持出来るか実験する事にしますが、自分の力を魔眼リーディングシュタイナーとか、また厨二な命名を…
今回、Dメールを送るのはダル。
カードの配置を5日前のダルに伝え、フェイリス杯での結果を変えようとしますが、結果は変わらず敗北したようです。
展開は変わったのかもしれませんが、その程度では世界線が移動する事はないようで、実験は失敗でした。
次にDメールを送るのは、萌郁。
4日前にした携帯電話の機種変更を思い留まらせる事にしますが、今度は実験成功。
ですが、携帯電話が変化するどころか、萌郁自身も消失。
岡部との接点は残っているようですが、行動が変わった事でラボメンとの面識も消えたようです。
そんなラボにやってくるのは、るか。
どうやら電話レンジ(仮)について聞いてしまったようで、自分にもメールを送らせてほしいと言います。
るかの願いは女になる事。
どうやら自分の女の子のような容姿がコンプレックスの様で、女になればそれもなくなるという事ですが、その手段が…
肉を沢山食べると男に、野菜を沢山食べると女になるなんて胡散臭い話を持ち出し、母親に野菜を沢山食べてもらおうと言う事ですが、これは…
性別って性染色体構成で決定し、人間の場合はXY型で、男はXY、女はXXとなり、そうでなかったら正常ではない事になりますよね。
仮に性別が変わるとしても、卵子と結びつく精子が別の物になったりしたら、自分が消えてしまいますし、自分の存在に関わる事に干渉しようとか、随分と怖い事をやろうとしていますね。
ですが、岡部達は眉唾物な話って事で了承し、るかはラボメンNo.005に。
実験を行うに当たって問題となるのは、るかの年齢。
1993年生まれの17歳ですが、携帯電話が普及し始めたのは1996年。
メールの機能が付くのはさらに後となるのですが、携帯がないならポケベルに送ればいいと岡部。
るかの母親はポケベルを持っていたようで、それに送る事に。
ポケベルって物の事は知っているけど、触った事もないので、いまいちピンとこないのはジェネレーションギャップを感じますね。
ポケベルに送信をすると、岡部はいつもの世界線を移動する感覚を感じますが、るかの変化を確認するのも難しい訳ですが、何かが変わったんですよね…