魔物が登場し、周辺の地から火柱が巻き起こり、ヤバそうな状況です。
レオンミシェリがミルヒオーレを庇いつつ戦いますが、その隙を付く攻撃にエクセリードを構えてレオンミシェリを庇いますが、ちゃちな短剣の頼りない見た目を裏切る事なく、折れてミルヒオーレが倒れます。
そのまま魔物に取り込まれ、激昂したレオンミシェリが立ち向かいますが、敗れます。
シンクとエクレールが駆け付けた時には魔物は既に場を離れていますが、それを追いかけます。
一方のミルヒオーレは、魔物に取り込まれつつあるようですが、土地神に現状を教えられます。
この魔物の母であるようで、この魔物も元は土地神。
落雷と共に降って来た刀が刺さり、魔物に転じてしまったようで、元凶は妖刀にあるようですね。
200年前、聖剣の主に封じられたようですが、それが弱まったのか復活してしまったようです。
この魔物の本体である土地神の首を落せば一件落着のようですが、それを断るミルヒオーレ。
エクレールの支援もあってミルヒオーレの下に辿りつくシンク。
ミルヒオーレの拘束も解けますが、なぜか全裸に。
粘液まみれですが、どう考えても狙ってますよね。
精液をぶっかけられたようにしか見えません…
この子を助けたいと、共に魔物と立ち向かおうとするミルヒオーレですが、全裸だという事をお忘れなく…
そんな主の想いにエクセリードが反応し、鎧と剣に。
今度はちゃちな短剣ではないですね。
ようやくミルヒオーレのエクセリードも覚醒という事ですかね。
シンクのパラディオンも鎧と剣となり、連携攻撃・ホーリーセイバーによって魔物の攻撃を打ち砕き、妖刀に2人で手をかけ、引き抜きます。
ですが、妖刀がシンクに絡みついてきます。
それを打ち砕いたのは、レオンミシェリの放った矢。
こうして無事、平穏を取り戻しましたが、レオンミシェリの星詠み、エクセリードとパラディオンの主が死亡って、なんて大げさな…
大外れじゃないですか。
もっとも、今回の妖刀を土地神に刺した黒幕がいて、まだ終わっていないという線もありますけどね。