武蔵アリアダスト学院では、体育の授業でヤクザの事務所に殴り込むからついて来いと言う教師のオリオトライ・真喜子…
その道中、攻撃を当てる事が出来たら出席点5点、つまりは5回サボる権利という事で、生徒達との戦闘描写。
ヤクザの事務所前で無断欠席の主人公・葵・トーリがやって来て、しかもサボった理由が「ぬるはち!」という美少女ゲームを買う為って…
いかにも目つきがエロそうと思っていたら、真喜子の胸を揉んで死亡フラグを自ら立てて…
色々と詰め込み過ぎていて訳の分からない世界観で、キャラも多すぎて何が何だかよく分からないと思ったら、最後にモノローグで舞台説明。
ようするに発達しすぎた文明が人類を天上の神々の域にまで昇りつめたけど没落し、人類が地球上で生活可能な土地を舞台に過去の歴史を再現する世界で、争いが絶えないようです。
トーリは何やら世界に喧嘩を売る覚悟のようですが、現時点の印象は好感を抱く要素も無く、今回で切ってもいいかな…