コミックスも3巻に突入しましたが、いまだに物語に引き込まれる要素もなく、どこが「コードギアス」の正史なんだと目を覆いたくなる内容が続きます。
前回襲ってきて、今回の序盤に戦う事になるウォーターボーイのような、意味不明なギアスとも全く異なる力を持つ、ナイトメアと呼ばれる妙な改造人間は、世界観にそぐわないのですよね。
ロレンツォ・イル・ソレイシィなるギアス能力者もようやくチラッと出てはきますが、今頃かという気もします。
世界観を壊すような妙な力を出さず、「コードギアス」準拠のナイトオブラウンズのような超人とギアス能力者でも見せ方次第では十分に映えると思いますし、それでよかったのではないでしょうか。
今回は、蓮夜達は新天地に。
その地はノビスパンと呼ばれる勢力の支配下にあり、アーロンという支配者が集落をを支配。
幼馴染で婚約者のタリアを連れて行かれたエステバン、アーロンに両親を殺されたカリームが復讐しようとしている状況。
蓮夜達は利害の一致からエステバンとカリームと共闘する流れに。
最後にアーロンの背後に見え隠れし、これまでの状況から敵側のボスと思われるルルーシュっぽい男・ダッシュが蓮夜に接触。
仲間になるように誘った所で次巻へ。

コードギアス 漆黒の蓮夜 (3) (角川コミックス・エース 175-9)コードギアス 漆黒の蓮夜 (3) (角川コミックス・エース 175-9)
たくま 朋正 サンライズ

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-11-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools