Aパートは夜空視点で小鷹が転校してくる所から、これまでの回想。
夜空視点で隣人部創設が明かされる、月刊コミックアライブ2011年8月号付録の「僕は友達が少ない CONNECT」の内容+αですね。
「僕は友達が少ない CONNECT」に関しては、書き下ろしエピソードを多数追加して、文庫化もするようですし、そちらにも期待したい所。
そして、Bパートは夜空が髪を切った事で、周りの反応。
教室では小鷹が髪を切った理由を問うのですが、例によって酷い誤解を周りに抱かれる事に。
(髪が燃えたのが)先の方だけとか、(バケツの水を)ぶっかけたとかが、勝手に性的な方面に解釈され、先の方だけと無理やり夜空を犯し、頭から白い液体をぶっかけ、それで洗っても臭いが取れず、切ったという話に…
隣人部では、夜空と気付かれもせず、謎のイケメンという反応。
小鷹とのツーショットに、卑猥な妄想をして発狂する理科…
そんな中、星奈だけは夜空だと一目見て気付きます。
やはり、隣人部の中で一番他人をよく見ているのが星奈ですね。
夜空がかつての親友だったと発覚した訳ですが、だからと言って昔の関係に即戻れるという訳でもなく、友達作りを目的として隣人部にこれからもと言う終わり方。
結局、1クールでは幸村が男の娘ではなく○○○である事を明かすとか、星奈が小鷹の○○○で、かつ○○○でもあるとか、色々とやってほしかった事を放置したまま終了。
やはり消化不良過ぎて、2期に期待したい所ですが、DVD&Blu-rayの売り上げ次第でしょうね。