偵察を目的に小型艇に乗り込み、単独で航行する茉莉香。
加藤 茉莉香1

加藤 茉莉香2

持ち前の洞察力で敵を発見しますが、砲撃を受けて大ピンチ。
加藤 茉莉香3

最後は撃墜されたと思いきや、夢ですか。
授業中に眠り、既に放課後。
2学期が始まってから茉莉香の成績はどんどん下降、これまでの蓄積はあっても、まずいようですね。
これまでは無遅刻・無欠席だったのが、遅刻・早退当たり前と、海賊稼業と学業の掛け持ちは大変そう。
弁天丸のクルー達も茉莉香の在学中は無理な仕事はしない方針で、なるべく日帰りで済むような営業を選んでいるようですが、大きな仕事が出来ない分、細かい仕事が増えているようで、難儀な状況ですね。
しかし、息抜きにはなっているようですが、まだバイトを続けているのですね。
加藤 茉莉香4

海賊船の船長が喫茶店のウェイトレスとか…
1週間は仕事もないという事で、バイトに勤しもうとする茉莉香ですが、急な仕事が。
どうやら先払いで倍額と、割のいい仕事。
早速、弁天丸と合流し、海賊稼業へ。
チアキは用も済んで転校したものの、茉莉香が気になるようで、茉莉香が1週間の休みにやってきますが、茉莉香は不在。
マミと茉莉香についての話題。
茉莉香は結果しか見ていない周りは秀才扱いのようですが、友人のマミに言わせれば努力家。
「宇宙では、チアキちゃんが私の代わりだよ」と、チアキは茉莉香の事を頼まれる事に。
今回の弁天丸のターゲットは、フレガート・ラインのメガシップ、シンフォニー・エンジェル。
オプションとして、3隻ついている護衛艦と対艦戦を交えてからの乗り込み。
戦力は問題にならないので、適当に相手して圧倒し、降伏勧告という流れ。
茉莉香は前回以上にノリノリですね。
化粧をして、派手に銃を撃ち、サービス満点。
加藤 茉莉香5

茉莉香は1回やる事にノリがエスカレートしていると自己嫌悪している様子ですし、演技ではなくこういう性格なのか…
加藤 茉莉香6

上手く片付いたと思いきや、レーダー・センサー系担当の百眼から船長室で休息中の茉莉香にブリッジに来てほしいと。
加藤 茉莉香7

どうやらシンフォニー・エンジェルから密航者が弁天丸に乗り込んだよう。
強制ドッキングして乗っ取りを無線から有線に切り替えた際に変なノイズはあったようですが、プロテクトに引っかからなかったから安心していたが、弁天丸のセキュリティが一時的に書き換えられていた様とクーリエ。
おいおい、電子戦担当がそんなで大丈夫か…
危険物などはセンサーにもかからないようですが、ドッキングコントロールに潜り込んで籠城中。
推定身長140センチ、体重34キロと生身の子供の可能性が高く、ただ立て籠もるだけで船長と一言だけ話をさせろと。
繋いでみると子供の声で、どうやら女の子のようですが…
次回サブタイトルは「姫と海賊」。
やんごとない身分の密航者のようで、これは厄介事か。