逃げようとして死んだ彩の事や由美の兄の事が噂になり、合宿に意味があるらしいと…
取りあえず、参加者は確保できそうですね。
今回は前回の次回予告で気になっていた、泉美の号泣シーンからスタート。
赤沢 泉美1

赤沢 泉美2

河原の土手の上でお兄の馬鹿と泣き叫ぶ姿を見るに、2年前の犠牲者である赤沢 和馬が亡くなった直後のようですね。
足元にあった缶を蹴り飛ばすと、下にいた人に当たり、謝罪しようと駆け下りて転倒。
赤沢 泉美3

赤沢 泉美4

赤沢 泉美5

赤沢 泉美6

榊原 恒一、赤沢 泉美

助け起こしたのが恒一で、それが出会い。
泉美の夢でかつての出会いが明かされる事に。
赤沢 泉美7

手の感触を身体が覚えているというのは真実だったようですが、当事者が2人とも覚えていないのは…
そして、舞台は現代に戻り、合宿へ。
小椋 由美、渡辺 珊

3年3組

合宿場所は咲谷記念館。
地元の企業が使っていた保養所を寄付してくれたようですが、学校側としては持て余す立派な建物。
望月が修理をしたテープを持ち込んでおり、捜索した時のメンバーで聞く事に。
松永の残した衝撃の告白は、合宿の外の森の中で掴み合いの喧嘩になって、気が付いた時には木の枝に突き刺さって殺してしまい、怖くなって逃げ帰ったと。
警察も落雷や滑落の事で色々と聞いて行ったようですが、何も言い出せず。
しかし、誰もいなくなった生徒の事は言い出さず、朝になって確認に行くと死体はなく、合宿に参加した人間は19人と1人減っており、誰もそんな奴は知らないと。
それでようやく殺した相手が死者だと理解した松永。
合宿から2週間経ち、死者の死と深くかかわった自分だけがまだ覚えており、記憶が確かなうちに残そうと、テープに残したよう。
死者を死に還すのが始まってしまった災厄を止める方法。
死者の名前だけが分からなかったテープですが、改竄されているゆえに本物。
死者を特定出来れば止められますが、間違えでしたでは済みませんし、死者自身も自覚がなく、見分ける方法がないとなると…
もし見分ける方法があったとして、同級生を殺せるかと言う話。
どうしても助かりたければ、最悪自分以外皆殺しにすれば助かるのでしょうけど、未成年とはいえ大量殺人でまず死刑。
それでもここで死ぬよりは長生き出来るでしょうが、助かる可能性もある訳ですしね。
自由を失い、自分の手を染めるまでのリスクを抱え込むとなると、やはり夜見山市外へ逃げる事を模索するのが一番なのでしょうが、それも成功率はどの程度なのか…
夕食時も食堂で死者を見分ける方法を話し合いますが、こんな所で話しているとやはり注目を集めますね。
榊原 恒一、見崎 鳴、望月 優矢、勅使河原 直哉

榊原 恒一、赤沢 泉美、小椋 由美、三神

食後、この際だからと三神に発言を求める泉美。
榊原、見崎、赤沢、小椋、望月、勅使河原

まずは対策係としての不手際の謝罪の後、鳴に責任の一端はある、役割通りに役割を演じてくれていればと謝罪を要求。
赤沢 泉美8

不毛という鳴と、謝罪する必要はないと言う恒一。
見崎 鳴1

結局鳴は謝罪しますが、これには望月と勅使河原も怒ります。
好意的に解釈しようとするなら、クラスにそういった意見が渦巻いているのは確かなので、ここで自分が嫌な役割をやってそれをどうにかしようとしたとも見れますが、先週鳴を睨んでいたのを見ると、そう思う事も出来ないのですよね。
あるいは、恒一に好意を抱き、恒一と親しい鳴に対しての敵愾心も手伝ってという事かもしれませんが…
しかし、和久井 大輔が喘息の発作を起し、有耶無耶に。
吸入薬が空で予備もなく、合宿所の電話の調子も悪くて救急車も呼べず、アンテナが立っているのに誰の携帯電話も通じず。
赤沢 泉美9

千曳が車で病院へ連れて行きますが、新たな犠牲者となるのか?
その後、先程庇ってくれた礼を言い、同室の子はいないからと鳴が自室に恒一を誘います。
恒一の母・理津子の写真も見る事に。
美人姉妹ですね。
榊原 理津子

榊原 理津子、怜子

件のおかしな写真については、何と不気味な…
夜見山 岬

鳴の事も色々と聞く事に。
鳴の母・霧果の本名はユキヨで、未咲の母・ミツヨとは双子の姉妹。
未咲と鳴も双子で、実はミツヨの娘とか。
ユキヨも子供を身ごもりはしたようですが、死産で見崎家は精神的に参っており、藤岡家は経済的に双子の養育が困難。
ここで需要と供給が合い、藤岡家から鳴が養子に出される事に。
鳴が養子に出されたのは、未咲だと見崎 未咲という名前となり不憫だからと推察。
見崎家では鳴が養子である事は伏せられていたようですが、祖母が口を滑らせてしまい、発覚。
鳴が実父母に会う事はユキヨの意思で止められているようですが、未咲と鳴の交流は以前からあり、見崎家に招いた事もあったとか。
こちらも美人姉妹。
惜しい人を亡くしたものだ…
見崎 鳴、藤岡 未咲1

見崎 鳴、藤岡 未咲2

見崎 鳴、藤岡 未咲3

つまり、鳴と未咲は血縁上、従姉妹ではなく姉妹。
ゆえに未咲は現象の適用範囲で、現象は4月から始まった可能性があり、4月にはいなかった恒一が死者ではないと言った理由の1つ。
これまで言い出せなかったのは、未咲が訳の分からないもので死んだなんて認めたくなかったからと。
もう1つは、作り物の義眼には死の色を見え、死者はハッキリと、死に近い者にはうっすらとそれが見えるが、恒一には死の色は感じられないと。
榊原 恒一、見崎 鳴1

見崎 鳴2

同じ理由で鳴自身も除外。
なんか急に邪気眼厨二設定が出ましたよ…
これでここまでの面白さを削がなければいいのですが…
学校では眼帯で封じ、外していなかったとの事ですが、恒一が誰がもう1人か分かるのか、合宿に来ているのかと尋ねると、来ていると肯定。
それを聞こうという所で勅使河原が駆け込んできて、やってしまったかもと…
榊原 恒一、見崎 鳴2

勅使河原が死者と思われる相手を殺したという事ですが、それが紛れ込んだもう1人なら良いですが、もしそうでなかったら殺人者という事に。
仮にまだ生きていたとしても、傷害罪ですよね。
来週も惨劇は続くようですし、まずもう1人はまだ存在している訳ですが…
各々自由に過ごすクラスメイト達ですが、不安を隠せない者から、どこか危うげな者、何者かは分かりませんが、刃物を研いでいる者も…
兄を先週亡くした由美はどこか危うげ。
小椋 由美

松井 亜紀、金木 杏子

そして次回予告。
泉美もヤバそうな感じですね。
赤沢 泉美10

赤沢 泉美11

今回、死亡フラグを立ててしまった感じもしますし。
恒一とのフラグもあったはずなのですが、どこで間違えたのか…
個人的にはこれまで恒一が容疑者の1人と疑っていたのですが、恒一を除外するなら机が足りた状態でスタートしている事から、副担任の三神が最有力かも。
彼女は2年前の3年3組の担任でもあったようですし、その時に亡くなっている可能性も十分ありそうですし…