無事に戻り、ゼシカとユノハもメディカルチェックの結果、異常なし。
しかし、アルテア界に女が行くと、死ぬか男になるという情報に愕然とさせられる事に。
シュレードは力を使い果たして寝込み、絶対安静。
とは言え、シュレードがいなければ全滅だったでしょうし、シュレードの独断専行による出撃は正しい判断だったでしょうね。
アンディはまだ諦めていないようですが、力が暴走気味で、周囲の物を壊してしまうよう。
アマタは独断でベクター機を出撃させ、ミコノを捜しに。
クレア・ドロセラ

正直、あんな女ほっとけという感じですし、何がそこまで良いのでしょうね。
そんな状況に、ミカゲはニンマリ。
カグラに呼びかけますが、片割れの君というセリフや、これまでの流れから言って、アマタとカグラ、2人でアポロなのでしょうね。
アマタの独断に、それを追うために出撃するのは、ゼシカとカイエン。
通信を遮断したアマタを追う頼みの綱は、カイエンの絶望予知。
再び、喪服の花嫁の不吉な未来を見ます。
ミコノ・スズシロ、カグラ・デムリ

アマタは初めてミコノと出会った街に辿り着きますが、そこは無人の廃墟。
一方、ミコノと不動は、創聖の書に記されているという目的の地に辿り着いたよう。
ゼシカとカイエンもアマタのいる街に辿り着きますが、コクピットはもぬけの殻。
この街は厳重監視区域に指定されたようですが、こんな有様とは知らなかったようですね。
カイエンの絶望予知では、アマタだけでなく、ミコノもこの地にいるとか。
アマタはかつての自分の部屋に行きますが、そこにはアマタにも覚えのない、アリシアの写真が一面に。
アマタ・ソラ

カグラもミカゲの指示で同じ街にいるようで、辺りをうろつきます。
カグラにはこの街に既視感を覚えるよう。
そんなカグラが見つけるのは、幼いアマタを抱いたアリシアの写真。
アリシア1

アマタの名を呼ぶアリシアの記憶にカグラ頭を抱え、絶叫。
アリシア2

カグラ・デムリ

記憶の封印がようやく解けたと、ミカゲ。
アマタは人影を見つけ、ミコノかと思えばゼシカ。
そんなタイミングでミカゲの送り込んだケルビム・ヴェルルゼバの襲撃。
ケルビム・ヴェルルゼバ

逃げ出しますが、アマタを庇ってゼシカが瓦礫で動けなくなり、おいていけないというアマタを引きよせ、強引にキス。
アマタ・ソラ、ゼシカ・ウォン

何やってんだ、この女と思いきや、私情だけではなく、感情を高ぶらせてアマタを浮き上がらせ、逃がすためだったよう。
ゼシカに剣は振り下ろされますが、アマタは間一髪。
ゼシカは逝ったか?
正直、ゼシカのエレメント能力は衝撃力なのですし、瓦礫位どうにでも出来た気はしますし、随分と安っぽいな…
カイエンも助けに入り、サザンカ、シュレードも増援として助けに来ます。
そんな身体で合体したらと、シュレードの身体を案じるカイエンですが、そんな事を言っていられる状況でもなく、受け入れます。
シュレードをヘッドにアクエリオンスパーダに。
それにしても、捨て身合体って…
そもそも、シュレードの死ぬ死ぬ詐欺は何度目だ。
絶対、最終回を生きて終えますよね…
アマタの元にはカグラが現れ、対峙。
互いに互いがもう1人の自分と理解したようですが…
アマタ・ソラ、カグラ・デムリ1

アマタ・ソラ、カグラ・デムリ2

アマタ・ソラ、アリシア

アマタ・ソラ、カグラ・デムリ3