アバンは怜の回想。
清水谷 竜華、江口 セーラ1

そして、いよいよAブロックの準決勝スタート。
宮永 照1

花田 煌1

松実 玄1

園城寺 怜1

「咲-Saki-」におけるラスボスと言うべき照が始動します。
宮永 照2

花田 煌2

玄の元には相変わらずドラが来ていますが、ドラを切ったらしばらく来なくなる能力なんてもはや呪いだろ…
地区大会やインターハイ1回戦までは無双出来ましたが、それ以降に先鋒は約不足という印象が拭えません。
2回戦で徹底的に怜に叩きのめされ、今回は怜より恐ろしい照もいますが、それでも負けられないという強い思いもむなしく、怜の先制リーチ。
松実 玄2

園城寺 怜2

園城寺 怜3

他家から鳴きが入らなければ一発ツモになるタイミングで掛ける怜がまずは和了るのですが、照の能力がここから発動。
園城寺 怜4

宮永 照3

松実 玄3

松実 玄、園城寺 怜、花田 煌1

松実 玄4

最初の東一局では和了らず様子見に徹する事が多い照の本領が発揮されます。
照の事はセーラから聞いていた怜は、もう見透かされてしまったのかお手並み拝見と。
解説の小鍛治プロ曰く、照の能力は相手の本質を見抜く照魔鏡のようなものと。
松実 玄5

照の和了にまた始まってしまうのかと場は騒然とし、玄もまた照の雑誌での特集を思い出します。
三尋木 咏

宮永 照4

照の恐ろしさは驚異の連続和了。
しかも、和了るたびに点数が高くなっていくという事。
そんな事はさせないと、怜も再びリーチをかけますが、既に照は怜を見透かしているようで、一発ツモなど許さず。
松実 玄6

怜も初顔合わせなのに完全に見透かされていると理解します。
さらに和了り、3連続和了になり、阿知賀女子学院の控室にも衝撃が走ります。
高鴨 穏乃、新子 憧

千里山女子高校の控室では怜が心配でたまらないといった感じの竜華。
そして、4連続和了。
怜も一巡先を見る能力で照の当たり牌を見てズラしますが、それでも和了り、5連続和了となる照。
松実 玄、宮永 照、園城寺 怜、花田 煌

園城寺 怜5

園城寺 怜6

怜の読みの上を行っているという事で、千里山女子高校にも衝撃。
清水谷 竜華、二条 泉、船久保 浩子

怜は能力を駆使して一巡先を見ますがどうにも出来ず、照の独壇場。
園城寺 怜7

宮永 照5

宮永 照6

松実 玄、園城寺 怜、花田 煌2

宮永 照7

松実 玄、園城寺 怜、花田 煌3

照の6連続和了に。
宮永 照8

怜も照の力が想像以上で、どうしようかという状態。
再び怜の回想の続きとなり、秋季大会のスタメン発表で竜華とセーラに千里山女子高校のエースが怜が決まった事を知らされた時の事。
園城寺 怜、清水谷 竜華、江口 セーラ1

園城寺 怜8

清水谷 竜華、江口 セーラ2

エースを開け渡した形となるセーラも自分自身のポジションよりチームが強くなる事を喜んでいるようで、良いチームですね。
照とぶつかる事について、怜が更に強くなればいいと言われますが、そのご期待には添えないかもと怜。
実際の技量は三軍だった頃と変わらないと言い、今の怜の強さは倒れて生死の境を彷徨い、戻って来て手に入れた能力に支えられたもののよう。
まぁ、この世界は純粋な麻雀の技量だけじゃないですからね。
使い勝手のいい能力なら、技量の差を覆せますし…
ですが、それを聞いたセーラはそんな事が出来たら無敵と、目を輝かせます。
江口 セーラ

園城寺 怜、江口 セーラ

ただ、この能力にも弱点はあり、見えたのに反応して自分の動きを変えると、二巡くらい何も見えなくなるそう。
それでも十分凄いと、竜華は白糸台高校への勝機を見出したようですが…
園城寺 怜、清水谷 竜華、江口 セーラ2

実際、照と当たり、ご期待には添えなかったと落ち込む怜ですが、2回戦で徹底的に叩きのめされたはずなのに、照に向かって行く煌の姿を見て、再び戦意が戻って口元には笑みが浮かびます。
花田 煌3

再び回想し、昔は全然勝てなかったけど、牌を触るのが嬉しくて楽しかったという気持ちを思い出します。
園城寺 怜、清水谷 竜華、江口 セーラ、船久保 浩子

園城寺 怜9

煌は中々の知性派のようで、きちんと照への対策を用意していました。
怜へのサインを送り続けていたようで、それを理解した怜の差し込みにより、照の連荘をストップさせる事に成功。
花田 煌4

花田 煌5

ようやく気付いてくれた怜に対し、「ようやくお気づきになられたみたいで。すばらですっ!この卓は貴方達2人だけのものではありません。」と。
花田 煌6

蚊帳の外の玄には何が何だか分からないようで…
松実 玄7

怜も当たり前の事であった他のプレイヤーを考慮すれば照を止められる、まだ戦えると。
既に白糸台高校は2位の千里山女子高校と5万点程差があり、先鋒戦の前半戦途中で2位通過を争う戦いが形成された感じですが…
玄は自分で思っている通り何も出来ず、場違い感が半端ないですね。
松実 玄8

怜は一巡先を変えるも照は再び和了。
宮永 照、園城寺 怜、花田 煌

連続和了が止まると、次の和了りは低い打点になる照ですが、また再び一方的な展開が始まってしまうのか…
園城寺 怜10

松実 玄9

1度も和了る事が出来ていない玄は涙目ですね。
何とかしなきゃと考えてますが、無理だろ…
怜と煌の表情も厳しいですが、圧倒的な強さを持つ照に何とか対抗しようと高度な読み合いをする怜、怜との連携で照に一矢報いようとする煌と違い、この場で起きている事すら理解出来ていない感じで、完全に空気ですしね。
花田 煌7

松実 玄10

園城寺 怜11

宮永 照9

その頃、和は熟睡中。
優勝候補筆頭の白糸台高校の試合位見ろよ…
原村 和